筋トレはどの時間帯がベスト?効果的なタイミングを徹底解説!

筋トレに最も効果的なタイミングをご紹介します。朝、昼、夕方、夜…食事前や食事後など1日の中でタイミングは沢山ありますよね。ベストな時間帯で筋トレ効果を上げましょう!

筋トレのベストなタイミングはご存知でしょうか?
知っておくだけでト1日のトレーニングルーティンが組みやすいので是非この機会にチェックしてみて下さい♪

筋トレはどの時間帯がベスト?

筋トレはどの時間帯で行うのが良いのでしょうか?
1日の中で朝、昼、夕方、夜に分けて運動効果を比較して行きましょう♪
ですが起きる時間により左右されてしまうのでご自分の起床時間と照らし合わせてご参考下さい!

起床して直ぐの朝は体温がまだ下がった状態で筋肉も硬い状態です。
人間が高いパフォーマンス能力を発揮するのは起床後約4時間以降だとされています!
試合など確実により高いパフォーマンスを発揮したい場合は起床後約6時間後がベストです。
その為起きてすぐの朝は筋トレに適していません。
朝にどうしても…という方は起床時間を早めると良いと言えます。

最も筋力が高まる時間帯は午後2時〜4時の間と言われていますので、午後昼過ぎの時間帯が良いとされています!
怪我のリスクも低いとも言えますね。
オリンピックなどの新記録も午後のこの時間帯が多いそうです。
ですが、食後直ぐですと消化不良をおこしかねないので、食後から時間をあけた状態がベストです。

夕方

体温が上昇する時間帯です。お仕事終わりにジムに通われる方はこの時間帯が多いのでは?
この時間帯が1番運動するのに適している時間帯とされています。
ヒトの身体機能がピークになる時間帯が夕方とされているのが「筋力」「酸素消費量」「肺活量」です。
午後から高くなり、夕方にピークになります。

睡眠前ですと筋トレをすることにより交感神経を活発にさせやすくなる為寝つきが悪くなったりとあまり良くありません。
疲労が溜まりやすくなる事もあるので、夜はあまり心拍数を上げない方が良いとされています。
ストレッチなどは◎です。

食事前

食事前の空腹時は栄養不足状態です。トレーニングで使うエネルギーが残っていない状態です…。
その状態でトレーニングしても筋のタンパク質が分解されている状態なので、効果的と言えません。
食事の時間帯は人それぞれなのでどの時間帯でも当てはまりますが、トレーニング前や最中は、炭水化物を少量お腹に入れておいたり、栄養ドリンクをこまめに飲むなど
エネルギー補給を行いながらトレーニングしましょう♪

食事後

食後では消化活動が活発化している為、こちらも良いとは言えません。人によっては吐き気を感じる場合がありますので注意です!
消化不良の原因となります。
更に満腹時は副交感神経が優位になっている為リラックス効果があり、ガッツリ筋トレをしたい場合は特に不向きです。

筋トレ効果が出る時間帯とおすすめしない時間帯のお話をなかやまきんに君が解説している動画です。

筋トレのベストな時間帯は、 1日の流れで必ずある食事のタイミング、そして起床時間にも関係しています!
やればやるだけ良い、プロテインを沢山飲めば良い、と言う訳では無いので注意しましょう♪

トレーニング前後の食事内容

運動前は「炭水化物」運動中は「スポーツドリンク」運動後は「タンパク質」♪

スポーツ選手では「食事もトレーニング」と良く言われてますが、食事の摂り方でトレーニングの質が変わります!
筋トレ前は、トレーニングのパフォーマンスを向上させる栄養を摂るのがおすすめです。
エネルギーになるものを身体に入れた状態でトレーニングしましょう♪
水分不足も効果半減です。しっかりとドリンクを摂るようにしましょう。
トレーニング後の30分〜60分はタンパク質をより吸収できる「ゴールデンタイム」とされています。
筋肉の栄養はタンパク質必須なので、トレーニング後すぐに摂取するのがベストです!高タンパク低カロリーなものがおすすめです。

次のページから動画で解説!効率的にトレーニングしたい方必見です♪

記事をSNSでシェアする