関東大学生ダンスシーンに新たな連盟が設立!その名も…

関東大学生ダンスシーンに新たな連盟が設立!その名も…

東都大学ストリートダンス連盟の誕生

日本のダンスシーンの中でも、競技人口の多さ・熱量の高さ・独自の文化を築いている大学生ダンスシーン。その総人口は推定600サークル3万人と言われているが、中でも大学数が最も多い関東4県に人口が集中している。(関東4県の推定300サークル1万5,000人)

その中に更に、大学間のダンスサークルの横の繋がりを作り、それを束ねてイベントを開いている「大学ダンス連盟」の存在も注目すべき点だ。

特にDewsでも以前ご紹介した”ストリートダンスがメジャー競技と同等に評価される世界を創る”をビジョンに掲げた「東京六大学ストリートダンス連盟(14サークル3,000名)」の勢いは目を見張るものがある。

https://dews365.com/topics/t6streetdance.html

①大学ダンスシーンの現役トッププレイヤーが運営幹部

※2020年度幹部一覧(名前/ダンサーネーム/所属サークル/レペゼン)
横山慶一郎/よこ/東京大学BOILED/Smokin’ hot,SEPTABEAT
島田康平/Kohey/立教大学D-mc,早稲田大学W.U.B/FWB
和田瑛輔/Ceek/慶應義塾大学dance crew es/Sense of Wonder
田中蓮/Lotus/明治大学Zup?/BRONCO
北見優衣/YUI/立教大学D-mc/TONYGOGOFamily,Revety
横山茜/akane/法政大学HSD/LEJAY,Rei+akane

②高学歴、有名企業就職のOBたちも全力で支援
③東京六大学リーグ戦はたった6つの大学で2,000人のイベントに
④六大学連盟主催の”全日本大学ストリートダンス選手権”も北海道から沖縄まで予選を行なう
⑤スポンサー、取引企業は100社を超える

など、日本の大学生ダンス連盟の中でも頭1つ抜けた存在感を放っている。

しかし、前述したように関東には300サークルあり、六大学連盟がカバーしているのは14サークル。「関東には六大学連盟加盟サークル以外にも素晴らしいサークルがたくさんあるのに、なぜ六大学のような意識の高い連盟がないのか?」という声も多々起きていた。そんな声と、この新型コロナウィルスにより大学生シーンの危機と共に、この六大学連盟と同じビジョンを掲げた”姉妹連盟”が発足した。

その名も「東都大学ストリートダンス連盟」である。

東都大学ストリートダンス連盟とは?

東京六大学ストリートダンス連盟と同じく”ストリートダンスがメジャー競技と同等に評価される世界を創る”というビジョンを掲げ、関東4県の”六大学以外”のサークル(約280サークル1万2,000名)を対象とした新ダンス連盟である。
運営幹部は

乙幡祐生/Pata/上智大学G-Splash/riot
鶴田怜治/Kanizo/学習院大学NOX-it/VANDALISM
和田悠希/Yu-ki/中央大学NAOKAN/Hunky-dory
常盤果歩/Kaho/青山学院大学ADL/瞳にFANTASY
高田慶一/K-one/明治学院大学BreakJam/VANDALISM
深田一樹/Kazoo/東洋大学Snow Dancer/Sturm/Occhi Union

の6名となっており、関東大学ダンスシーンの中でもトップサークルのトップダンサーが集まった。六大学連盟のように、今後ダンスイベントと就活支援を進めていくことになるが、今回はその東京六大学ストリートダンス連盟の新会長YUIと、新設された東都大学ストリートダンス連盟の会長のK-oneに話を伺ってみた。

——-自己紹介(ダンスの実績も含め)をお願いします。

YUI
「初めまして。立教大学4年生で、現在東京六大学ストリートダンス連盟の会長を努めています、北見優衣です。サークルは立教大学D-mc所属です。今はTONYGOGO FamilyとRevetyで活動しています!

主なダンスの実績は、関東圏だとWorld Dance Colosseum Lock 2on2 Battle 関東予選 優勝、Juste Debout Japan 2018 Lock 2on2 Battle 準優勝。全国、世界規模で言うとOld School Night 2017 vol.19 準優勝,Groove Line Final 2019 Locking 優勝,Street Dance Kemp 2015 World Final@チェコ 優勝 etc..になります。今日はどうぞよろしくお願い致します!」

K-one
「明治学院大学BreakJamでBreakの代表をしていました、高田慶一といいます。今はVANDALISMというbboyのチームで活動してます!余談ですがアニバーサリーやるんで、ぜひきてくださいね!(笑)

主なダンスの実績は、バトルだとKing of college 2019 大学日本一決定戦 (明治学院大学 UROBOROS) best4、コンテストだとJapan Dancers Championship2019 明治学院大学 Break Jam 優勝 (Break 振付担当) etc..になります。よろしくお願いします!」

——-なぜこの連盟の会長になることを決めたのでしょうか?——-

YUI
「私が東京六大学ストリートダンス連盟(以下T6SDLという)にて会長を務めることになった理由は、今思えば2つに集約できます。1つは、私は常に挑戦することで成長していきたいという思いが強いので、代表を引き受けることでまた次のステージに進めると感じたからです。

2つ目は、私も学生シーンという場で色々と経験させてもらって、“楽しさ”や“仲間を持つ素晴らしさ”という機会を経験したので、それをもっと多くの人にも体験して欲しいし、そんな場を自分自身でも提供していきたいと思ったからです。他にも様々な要因があって、引き受けることになりました。

——-YUIさんはキッズ時代からダンスをやっており、プロレベルに達しているかと思うのですが、今の大学生シーンをどう見ていますか?——-

学生ダンスシーンはすごく楽しく、一生の仲間と出会える貴重な場だと思います。
しかし、それをただ楽しく過ごすのではなく、折角それほど素晴らしい時間を得られるので、そこで得た経験や培ってきた能力を社会に出てからも各々が発揮するにはどうしたらいいかということを、みんなと一緒に考えていけたらいいなと思っています。

T6SDL(東京六大学ストリートダンス連盟)はそれを提供できるポテンシャルがあると思っています。そしてその輪を今回さらに広げたいと思ったので、東都連盟の発足に至りました。まだまだコロナウイルスによる影響はありますが、今後様々なことを一緒にやっていけるのが楽しみです。

——-新型コロナウィルスによりダンスシーンが停滞していますが現在T6SDLではどんな活動をされているのでしょうか?——-

先日T6SDLに加盟する14サークルの代表陣とオンラインでお話しする機会があり、新歓や引退公演の中止や延期など、現役サークル員が直面する新型コロナウイルスの影響による様々な課題を語ってくれました。

そんなサークル員のみんなが後悔せず、“楽しく”学生ダンスライフを送れるような動きの第一歩として、7/4に『STAY DANCING』というオンラインイベントの開催に向け、現在準備を進めているところです。

14サークルの学生ダンサーのみんなをはじめ、豪華なキャストの皆様など、様々な方の協力を得て形になろうとしています。これもまさに今このような時代だからこそ生み出せる新たな事業であると感じますし、皆様の想いや愛をしっかりと形にしたいと思っています。

——-素晴らしい活動をされていますね…!K-oneさんはなぜこの新連盟の会長になることを決めたのでしょうか?——-

K-one
「一番大きいのは、自分がお世話になった学生シーンへの恩返しですね。

学生ダンサーのタフさって本当にすごくて、深夜練で7徹とか普通にありますよね。深夜の概念がない人たちには信じられないと思います。それくらいダンスに没頭させてくれたのが学生シーンでした。出会った仲間たちもいい意味で自由で、馬鹿で、いいやつばかりです。

僕は学生シーンにたくさんお世話になり、成長させられました。僕みたいな人間は大学ダンスシーンにきっとたくさんいると思います。なので同じように後輩たちにより良い成長機会を提供して行きたいと思っています。」

——-シーン想いの素晴らしい動機ですね。新型コロナウィルスの中、東都連盟としてはどのように活動して行こうと思っていますか?——-

具体的には、コロナウィルスの明けたタイミングに六大学リーグのようなハイクオリティなイベントを開ければと思っています。

ただ、この連盟のコンセプトは「ストリートダンサーの社会的地位の確立を学生シーンを通して実現する」ことなので、特にこれに即したイベントになるよう設計していきます。

新型コロナウィルスの影響で様々なイベントが中止、または延期になっていますよね。中でも甲子園が中止になったことはニュースになっていました。イベントが中止になったことは、僕らも高校球児に負けないくらい悔しく思っています。

コロナウィルスの危機が収束し、甲子園のように全力で取り組めるハイクオリティなダンスイベントを開くことで、また大学シーンに活気を取り戻したいです。

そして、学生シーンの空間をより濃いものにすることで、シーンの規模拡大につながればと思っています。学生シーン発で右も左もダンス好きの世界ができたら、最高じゃないですか?(笑)

——-お2人とも素晴らしいコメントをありがとうございました!こんな想いに溢れたメンバーが連盟を運営していれば、大学生ダンスシーンの未来は明るいですね!今後の両連盟の活動がとても楽しみです。——-

YUI&K-one
「こちらこそありがとうございました。」

東京六大学ストリートダンス連盟6代目幹部

東都大学ストリートダンス連盟初代幹部

記事をSNSでシェアする