1日3分で腹筋を割ろう!腹筋ローラーの効果的な使い方

お腹引き締めに絶大な効果をもたらす腹筋ローラーを、正しく使ってみましょう!その効果とやり方を動画で詳しく解説いたします。

お腹を引き締めたい!腹筋を割りたい!そんな望みをかなえてくれる腹筋ローラーの効果と正しい使い方を詳しく紹介します。

  1. 腹筋ローラーとは?
  2. 腹筋ローラーの効果
  3. 腹筋ローラーの正しいやり方
  4. 腹筋ローラーのメリット・デメリット
  5. 腹筋ローラーのおすすめメニュー動画5選

腹筋ローラーとは?

腹筋ローラーとは、輪っかの両隣に持ち手のついたトレーニング用ローラーのことです。うつ伏せになってローラーを前後に転がすことによって腹筋や体幹に負荷がかかり、腹筋を引き締めることができます。腹筋ローラーを使うとお腹が割れるだけでなく強靭な体幹が手に入り、二の腕や背筋、おしりまで引き締まります。正しく使えば短期間で筋肉質な体を作ることができるので、たくましい体つきにしたい男性からしなやかな美ボディを目指す女性まで、多くの人に人気があります。

腹筋ローラーの効果

腹筋ローラーを使うと、お腹が引き締まります。お腹の真ん中にある腹直筋に刺激が行きわたり、シックスパックが現れます。脇腹の腹斜筋も引き締まるので美しいくびれを手に入れることができます。それから腕の後ろ上腕三頭筋や、背骨を支える脊柱起立筋にも効くので、腕のたるみや猫背が解消され、すっきりとバランスの取れた体になります。

腹筋ローラーの正しいやり方

基本的な使い方は、膝をついた状態で腹筋ローラーを握り、そのままゆっくりとローラーを前に転がし体を寝かせていきます。
なるべく遠くまで転がしたら、今度は体に引き付けるようにゆっくり転がしながら戻してきます。はじめはこの動作を1セット10回程度で行います。

腹筋ローラーのメリット・デメリット

シックスパックが現れたり体幹が強くなったり、効果絶大な腹筋ローラーですが、使い方を間違えてしまうと体を傷めてしまったり、思わぬ部位に負荷がかかってしまう恐れもあります。よくあるケースは、腰を痛めてしまうことです。腰を反らずに少し丸めるような意識で行い、腰のけがを防ぎましょう。また、腕ばかりに負荷がかかってしまい腕が太くなるというケースもあります。腹筋ローラーを使うときは、腕に身体がついていくよう、転がす位置の見極めも大事なポイントになってきます。

腹筋ローラーのおすすめメニュー動画5選

それでは早速、腹筋ローラーを使ったトレーニング方法を見ていきましょう。正しい使い方を覚えてて効果を倍増させましょう!

アブローラーの効果的なやり方!腹筋に効かせるための2つのポイントを解説

腹筋ローラーが腹筋に効く仕組みと、効果的なポジションを詳しく説明しています。正しいフォームを身に着けて効果的なトレーニングをしたい方は
はじめにこの動画を見てみましょう!腹筋をより収縮させるコツがわかります。

初心者でも2週間で腹筋をバキバキにする方法【膝コロ】

膝をついてローラーを転がすやり方で、一番簡単な方法なので初心者はまずこれでやってみましょう。膝下にマットを敷き、ローラーを前方に転がします。その際に腰が反らないことに注意しましょう。次にローラーを体側へ引くきます。この時は手首を少し内側へ曲げることを意識しましょう。

膝コロ中上級編

普通に膝コロをするだけでは物足りないという方は、ローラーにチューブを付けて行ってみましょう。立って行うと腰に負担がかかりますが、これなら腰にあまり負担をかけず高強度で行うことができます。

立ちコロの練習法

前半では腹筋ローラーを正しく使ってケガを防ぎ、腹筋に効かせるコツがわかります。後半では、なかなかハードルの高い「立ちコロ」の練習法がわかります。膝コロに飽きてきたら、壁に向かって転がす、足幅を広げて行うなどして少しずつあなたも立ちコロに挑戦してみましょう!

女性でもできる方法でくびれとバキバキ腹筋をつくる!

初心者や女性でも上達する腹筋ローラーのやり方です。適正な距離の、見極めポイントを詳しく説明していますので、ゼロから挑戦したい方は是非見てみましょう。目線を下目にし、背中を丸めるようなイメージで行いましょう。

シックスパックを作る2分間の地獄メニュー

アブローラーを使って、バリバリに腹筋を鍛えたい方におススメのメニュー。たった2分ですが、効果は絶大。超人級のトレーニングです。

最後に

正しい腹筋ローラーの使い方はわかりましたか?正しいフォームと意識の仕方をすることにより、出る効果が全然違ってきます。初めて腹筋ローラーを使う方は、使う前に動画でしっかり予習してから丁寧に実践してみましょう。毎日短時間でもコツコツ行えば、2週間後には腹筋割れ始めること間違いなしです!

関連記事