「ウィズカリファ」のプロフィールを紹介!まず聴くべき名曲20選も

ラッパー「ウィズカリファ」の名曲20選を紹介いたします。 プロフィールやディスコグラフィに加えて、ウィズカリファ自身の楽曲、スヌープ・ドッグとのコラボ曲、他有名アーティストにフィーチャーされたヒット曲など、幅広くご紹介していきます。

See You Again ft. Charlie Puth

2015年リリース。アルバム『Furious 7: Original Motion Picture Soundtrack』に収録。アメリカのシンガーCharlie Puthをフィーチャーした曲で、2013年11月30日にカリフォルニア州バレンシアで起きた交通事故で亡くなった俳優のポール・ウォーカー氏へのオマージュとして、アクション映画『Furious 7』のサウンドトラックとして製作された一曲です。この曲は12週連続でビルボードホット100のトップに立ち、各国のチャートでも一位を獲得。YoutubeでのMV再生回数や、ストリーミングサービスでの再生回数も頭一つ飛びぬけている大ヒット曲です。

Black And Yellow

2010年リリース。アルバム『Rolling Papers』に収録。この曲はビルボードホット100で1位を獲得。ウィズカリファ史上において、アメリカで初めて全米1位を獲得したシングルです。

Snoop Dogg & Wiz Khalifa – Young, Wild and Free ft. Bruno Mars

2011年リリース。アルバム『Mac & Devin Go to High School』に収録。レジェンドラッパー、スヌープ・ドッグとともに、ブルーノマーズをフィーチャーした曲で、映画『Mac & Devin Go to High School』のサントラのリードシングルとしてリリースされた豪華な一曲です。

We Dem Boyz

2014年リリース。アルバム『Blacc Hollywood』に収録。アメリカのメディア”コンプレックス”はこの曲を2014年上半期のベストソング第3位に指名し、この曲のMVは「MTVビデオ・ミュージック・アワード」のベストヒップホップビデオ部門にノミネートされました。

Roll Up

2011年リリース。アルバム『Rolling Papers』に収録。ビルボードホット100で13位を獲得したこの曲は、RIAA(アメリカ記録産業協会)によってダブルプラチナに認定もされた曲です。

On My Level Ft. Too Short

2011年リリース。こちらもアルバム『Rolling Papers』に収録。ラッパーのToo Shortをフィーチャーし、アルバム3枚目のシングルとしてリリースされたこの曲も、RIAAからプラチナ認定を受けています。

No Sleep

2011年リリース。こちらもアルバム『Rolling Papers』に収録。さらに「On My Level」に続く、アルバムの4thシングルとしてリリースされたこの曲は、ラッパーのオールナイトパーティーの様子を歌ったパーティーチューンです。

関連記事