「ウィズカリファ」のプロフィールを紹介!まず聴くべき名曲20選も

ラッパー「ウィズカリファ」の名曲20選を紹介いたします。 プロフィールやディスコグラフィに加えて、ウィズカリファ自身の楽曲、スヌープ・ドッグとのコラボ曲、他有名アーティストにフィーチャーされたヒット曲など、幅広くご紹介していきます。

Bake Sale ft. Travis Scott

2016年リリース。アルバム『Khalifa』に収録。コンピレーションアルバム『Khalifa』からのリードシングルとしてリリースされた曲で、ラッパーTravis Scottがフィーチャーされています。この曲は、G-Eazy「Order More」がサンプリングされた一曲です。

Mike WiLL Made-It – 23 ft. Miley Cyrus, Wiz Khalifa, Juicy J

2013年リリース。レコードプロデューサーのMike Will Made Itが、シンガーMiley CyrusやWiz Khalifa 、Juicy Jをフィーチャーした一曲です。エアジョーダンのスニーカーやドラッグの使用について歌われている一曲です。

Lil Wayne, Wiz Khalifa & Imagine Dragons w/ Logic & Ty Dolla $ign ft X Ambassadors – Sucker for Pain

2016年リリース。アルバム『Suicide Squad: The Album』に収録。この曲は、Lil Wayne、Wiz Khalifa 、Imagine Dragons、Logic、Ty Dolla Signのコラボ曲であり、アメリカのバンドX Ambassadorsがフィーチャーされている一曲です。この曲は、2016年の映画『Suicide Squad』のサントラ用シングルとしてリリースされました。

Maroon 5 – Payphone ft. Wiz Khalifa

2012年リリース。アルバム『Overexposed』に収録。アメリカのポップロックバンドであるマルーン5の4thアルバムに収録された一曲で、ウィズカリファがフィーチャーされています。アクション映画要素も満載のMVも印象的なヒットソングです。

Ty Dolla $ign – Or Nah ft. The Weeknd, Wiz Khalifa & DJ Mustard

2014年リリース。EP『Beach House EP』に収録。The Weeknd、Wiz Khalifa、DJ Mustardというビッグネームが名を連ねたこの曲は、The Weekndが参加したのが公式リミックスという形で、2014年の6月にリリースされました。

関連記事