奇抜なラップフロウが秀逸!ラッパー「ヤングサグ」の名曲20選

アトランタ出身のラッパー「ヤングサグ」の名曲20選をお送りいたします。彼のプロフィールに加えて、ヤングサグ自身の楽曲から、他アーティストフィーチャーされた楽曲まで、詰め合わせで20曲ご紹介いたします。

トラップミュージック、現役ラッパー代表格であるアトランタ出身のラッパー「ヤングサグ」。

今回はそんなヤングサグの名曲20選を、彼のプロフィールと共にお送りしていきたいと思います!

ヤングサグのプロフィール

ヤングサグ(Young Thug)は、本名ジェフリー・ラマー・ウィリアムス(Jeffery Lamar Williams)。1991年8月16日生まれ。ジョージア州アトランタ出身のラッパーです。

現代のラップアーティストの中で最も勢いを持つラッパーに一人であり、トラップミュージックの形成に大きな影響を与えた人物です。

2010年頃より音楽キャリアをスタートさせたヤングサグは、2014年のシングル「Stoner」でチャートインして以来、メインストリームで多くの支持を集めました。

これまでには多くのミックステープをリリースしており、3作にわたるミックステープ『I Came from Nothing』シリーズをはじめ、これまでに20に迫る数のミックステープをリリースしています。

この初期のミックステープにより、アトランタのラッパーであるグッチ・メインの目にとまり、彼のレーベル「1017 Brick Squad Records」と契約を結ぶことになり、ミックステープ『1017 Thug』シリーズも同レーベルからリリースされました。

2016年には商業的にも成功を収めた『I’m Up』、『Slime Season 3』、『Jeffery』などのミックステープがリリースされ、2017年にはシンガーのカミラ・カベロの『Havana』でのコラボで、翌年1月のビルボード・ホット100で1位を獲得。彼にとっての初のナンバーワンシングルとなりました。

またヤングサグ、ドナルド・グローバー(Childish Gambino)、ルートヴィヒ・ゴーランソンと共にChildish Gambinoの「This Is America」のソングライティングに貢献したことで、第61回グラミー賞の「ソング・オブ・ザ・イヤー」も受賞しています。

その他にも、タイガの「Hookah」 、T.I. の「About The Money」、アッシャーの「No Limit」、ポスト・マローンの「Goodbyes」など、多くの有名アーティストに客演として招かれていることもあり、業界多方面からも引っ張りだこなラッパーです。

Childish Gambino – This Is America

ヤングサグの経歴

アルバム

・2019年『So Much Fun』
・2020年『Punk』

主なミックステープ

・2015年『Barter 6』
・2016年『I’m Up』
・2016年『Slime Season 3』
・2016年『Jeffery』
・2017年『Beautiful Thugger Girls』
他多数有り

コラボアルバム
・2017年『Super Slimey (with Future)』
・2020年『Slime & B (with Chris Brown)』

EP

・2017年『Young Martha(with Carnage)』
・2018年『Hear No Evil』
・2018年『On the Rvn』

  1. ヤングサグの名曲
    1. Best Friend
    2. Power
    3. Stoner
    4. The London (ft. J. Cole & Travis Scott)
    5. Check
    6. Gang Up with 2 Chainz, Wiz Khalifa, PnB Rock
    7. Hot ft. Gunna & Travis Scott
    8. Guwop feat. Quavo, Offset, and Young Scooter
    9. Halftime
    10. Pick Up the Phone with Travis Scott featuring Quavo
    11. Digits
    12. Again feat Gucci Mane
    13. Relationship (feat. Future)
    14. Anybody (ft. Nicki Minaj)
    15. Chanel (ft Gunna & Lil Baby)
  2. ヤングサグのフィーチャーソング
    1. Camila Cabello – Havana ft. Young Thug
    2. Tyga – Hookah ft. Young Thug
    3. T.I. – About The Money ft. Young Thug
    4. Usher – No Limit ft. Young Thug
    5. Post Malone – “Goodbyes” ft. Young Thug

ヤングサグの名曲

Best Friend

2015年リリース。ミックステープ『Slime Season』に収録。Migos、Gucci Mane、Peewee Longway、Lil Wayneなど豪華ゲスト出演したミックステープ『Slime Season』からのリードシングルとしてリリースされたこの曲は、プラチナ認定も受けた一曲です。

Power

2015年リリース。こちらも「Best Friend」と同様、ミックステープ『Slime Season』に収録。本曲はYoutubeのMV再生回数が1億5000万回を超える再生回数を誇る人気の一曲です。

Stoner

2014年リリース。ヤングサグのデビューシングルとしてリリースされた曲で、彼の認知度を一気に高めた一曲でもあります。また、DJ Spinzの音楽コンピレーション『HPG 3』にも収録されています。

The London (ft. J. Cole & Travis Scott)

2019年リリース。アルバム『So Much Fun』に収録。ラッパーのJ. ColeとTravis Scottがフィーチャーされた一曲で、ヤングサグのデビュー・アルバム『So Much Fun』のリード・シングルとしてリリースされました。

Check

2015年リリース。ミックステープ『Barter 6』に収録。ビルボードホット100にチャートインもしたこの曲
のMVは、Birdmanをはじめとするキャッシュ・マネー・レコードのメンバーがカメオ出演もあります。

Gang Up with 2 Chainz, Wiz Khalifa, PnB Rock

2017年リリース。アルバム『The Fate of the Furious: The Album』に収録。このアルバムはアクション映画『ワイルド・スピード ICE BREAK(原題:The Fate of the Furious)』のサウンドトラック・アルバムで、「Gang Up」はこのアルバムの4thシングルとしてリリースされました。2 Chainz、Wiz Khalifa、PnB Rockとコラボした一曲です。

Hot ft. Gunna & Travis Scott

2019年リリース。アルバム『So Much Fun』に収録。2019年8月にアルバムトラックとしてリリースされた後、2019年10月31日にトラヴィススコットを加えたバージョンで、ビルボード・ホット100で11位を記録。リミックスのミュージックビデオでは、消防士に扮したヤングサグや、燃え盛る家の中でラップをするガンナの姿が映し出されています。

Guwop feat. Quavo, Offset, and Young Scooter

2016年リリース。ミックステープ『Jeffery』に収録。Quavo、Offset、Young Scooterというスターが勢ぞろいした一曲で、ミュージックビデオには、コンサートでの映像の他、QuavoとOffsetとともに楽屋でサイコロゲームをするシーンも。また、Meek MillやTrey Songz、Desiignerの姿も映し出されているそうです

Halftime

2015年リリース。ミックステープ『Barter 6』に収録。アトランタのアーティストの派手なライフスタイルが反映されたミュージックビデオにも必見です。

Pick Up the Phone with Travis Scott featuring Quavo

2016年リリース。ヤングサグのミックステープ『Jeffery』、トラヴィススコットアルバム『Birds in the Trap Sing McKnight』に収録。『Jeffery』のリードシングル、『Birds in the Trap Sing McKnight』の2枚目のシングルとしてリリースされたこの曲は、ミーゴスのQuavoのヴォーカルと、シンガーソングライターのStarrahのヴォーカルもフィーチャーしています。

記事をSNSでシェアする