豪華絢爛なアーティストとの楽曲は必聴!DJキャレドの名曲21選!

DJ・プロデューサーである、DJキャレドの名曲21選をお送りいたします。 プロフィールや来歴に加え、近年生まれたヒット曲の数々、グラミー賞を獲得した曲など、DJキャレドのオススメしたい厳選21曲をご紹介!

クリス・ブラウンやジャスティン・ビーバー、リアーナ、ブライソン・ティラーといった有名シンガーや、リル・ウェイン、チャンス・ザ・ラッパー、クエィボ、ポスト・マローン、カーディ・B、21サヴェージ、ニッキー・ミナージュ、ジェイ・Z、ナズといった誰もが知るラッパー達とのコラボレーション作品をいくつもリリースし、豪華絢爛なコラボレーションをいつも見せてくれるDJ/プロデューサー「DJキャレド」。

今回はそんなDJキャレドの名曲21選をお送りしていきたいと思います!

DJキャレドのプロフィール

DJキャレド(DJ Khaled)は、1975年11月26日生まれ、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のDJ/レコードプロデューサーです。

「I’m on One(2011)」、「I’m the One(2017)」、「Wild Thoughts(2017)」、「No Brainer(2018)」などのヒットソングで知られる名プロデューサーであり、楽曲「Higher」では第62回グラミー賞で「最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス賞」を受賞。

また、数々のゴールド&プラチナディスク獲得の他、近年では著書『The Keys』がニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに掲載されたり、2019年の映画『スパイ・イン・ディスガイズ』や『バッドボーイズ・フォー・ライフ(2020年)』などに俳優として出演するなど、音楽キャリアの枠を超える活躍をしています。

DJキャレドのこれまで

90年代にラジオDJとして人気を博した後、2006年にデビュー・スタジオ・アルバム『Listennn… the Album』をリリース。

続くように、翌年2007年のアルバム『We the Best』、2008年の『We Global』とコンスタントな作品リリースを続け、トリプル・プラチナに認定された「All I Do Is Win」が収録された2010年のアルバム『Victory』でヒットを飛ばしました。

2011年には、DJキャレド初のトップ10ヒット曲「I’m on One」を収録した5thアルバム『We the Best Forever』がヒット。その後のアルバムはさらに認知され、ビルボードチャートの上位に君臨しました。

2016年からはさらに怒涛な成功の連続で、9枚目のアルバム『Major Key(2016年)』、10枚目のアルバム『Grateful(2017年)』は2作品連続で全米1位を獲得。

そして最新作『Father of Asahd』は全米2位まで上り詰め、収録された楽曲「Higher」では第62回グラミー賞で「最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス賞」を受賞しました。

DJキャレドのオススメ曲21選

  1. I’m The One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne
  2. Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller
  3. Do You Mind
  4. No Brainer ft. Justin Bieber, Chance the Rapper, Quavo
  5. I’m On One ft. Drake, Rick Ross, Lil Wayne
  6. I Got the Keys ft. Jay-Z, Future
  7. Wish Wish ft. Cardi B, 21 Savage
  8. Gold Slugs ft. Chris Brown, August Alsina, Fetty Wap
  9. You Stay ft. Meek Mill, J Balvin, Lil Baby, Jeremih
  10. Welcome To My Hood
  11. Just Us ft. SZA
  12. How Many Times ft. Chris Brown, Lil Wayne, Big Sean
  13. Jealous ft. Chris Brown, Lil Wayne, Big Sean
  14. Higher ft. Nipsey Hussle, John Legend
  15. Take It To The Head
  16. I Wanna Be With You ft. Nicki Minaj, Future, Rick Ross
  17. No New Friends
  18. Celebrate ft. Travis Scott, Post Malone
  19. Holy Mountain ft. Buju Banton, Sizzla, Mavado, 070 Shake
  20. Nas Album Done ft. Nas
  21. Weather the Storm ft. Meek Mill, Lil Baby

I’m The One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne

2017年リリース。アルバム『Grateful』に収録。カナダのシンガー、ジャスティン・ビーバーを始め、アメリカのラッパー、クエィボ(Quavo)、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)、リル・ウェイン(Lil Wayne)らをフィーチャリングした一曲で、ビルボード・ホット100でも1位デビューしたヒット曲です。

Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller

2017年リリース。こちらもアルバム『Grateful』に収録。シンガーのリアーナとブライソン・ティラーをフィーチャリングした曲で、「I’m The One」同様アルバム『Grateful』に収録された一曲です。全英一位も獲得した曲でもあります。

Do You Mind

2016年リリース。アルバム『Major Key』に収録。ニッキー・ミナージュ、クリス・ブラウン、ジェレミ、フューチャー、オーガスト・アルシーナ、リック・ロスという豪華ゲスト出演しているこの曲は、全米レコード産業協会(RIAA)からプラチナ認定も受けました。

No Brainer ft. Justin Bieber, Chance the Rapper, Quavo

2018年リリース。アルバム『Father of Asahd』に収録。こちらは、ジャスティン・ビーバー、チャンス・ザ・ラッパーとクエィボがゲストボーカルとして参加した一曲で、オーストラリアやニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、アイルランド、イギリス、アメリカなどチャートでトップ10を獲得した曲です。

I’m On One ft. Drake, Rick Ross, Lil Wayne

2011年リリース。アルバム『We the Best Forever』に収録。カナダのラッパーのドレイク。アメリカのラッパーであるリック・ロス、リル・ウェインが参加したこの曲は、キャレドやリックロスにとっても全米トップ10ヒットとなった、キャレドのキャリア中期の大ヒットソングです。

I Got the Keys ft. Jay-Z, Future

2016年リリース。アルバム『Major Key』に収録。ラッパーのジェイ・Zとフューチャーを客演に迎えた曲で、2016年12月時点で、全米で100万枚以上のデジタルセールスを記録。プラチナ認定も受けた一曲です。

Wish Wish ft. Cardi B, 21 Savage

2019年リリース。アルバム『Father of Asahd』に収録。ラッパーのカーディ・Bと21サヴェージをフィーチャーしたこの曲は、不穏でドープな雰囲気のトラックと、カーディ・B&21サヴェージのラップが絶妙にマッチした一曲です。

Gold Slugs ft. Chris Brown, August Alsina, Fetty Wap

2015年リリース。DJ Khaledの8枚目のスタジオアルバム『I Changed a Lot』に収録。クリス・ブラウン、オーガスト・アルシーナ、フェティ・ワップをフィーチャーした曲で、レストランの前で踊るセクシーなモデルたちが印象的なMVも特徴の一曲です。

You Stay ft. Meek Mill, J Balvin, Lil Baby, Jeremih

2019年リリース。アルバム『Father of Asahd』に収録。ミーク・ミル、J・バルヴィン、リル・ベイビー、ジェレミがフィーチャーされた曲で、トラックにはIndia feat. Titoの「NievesNo Me Conviene」。そして、Puff Daddyの「Señorita」がサンプリングされた一曲です。

Welcome To My Hood

2011年リリース。アルバム『We the Best Forever』に収録。アルバムの1stシングルとしてリリースされたこの曲は、ラッパーのリック・ロス、プライズ、リル・ウェインがヴァースに。シンガーのT・ペインがコーラスに参加した一曲です。

関連記事