大注目のラッパー¥ellow Bucksの名曲15選!別名「ヤングトウカイテイオー」

岐阜県高山市出身。東海地方、名古屋を中心として全国的に活躍するラッパー¥ellow Bucksの名曲15選をお送りいたします。ファーストアルバムから、最新のアルバム、フィーチャー作品なども含めてご紹介していきます。

またの名を「ヤングトウカイテイオー」とし、東海を代表する若手ヒップホップMCとして今や全国へ名を馳せるラッパー¥ellow Bucks。

今回はそんな¥ellow Bucksの名曲を、フィーチャー作品なども含めて15曲ご紹介していきたいと思います!

¥ellow Bucksのプロフィール

¥ellow Bucks(イエローバックス)は、1996年生まれ岐阜県高山市出身。東海地方を代表するラッパーです。

15歳の頃よりラップを始め、2019年のAbemaTV『ラップスタア誕生!』シーズン3で優勝を成し遂げ、全国へと名が広がります。

その後リリースした2nd EP『Excuse Me』が大ヒットし、「With My Way」や「Wow Wow Wow」といった名曲も登場。

また、AK-69やDJ RYOWといった大物アーティストにもフィーチャーされ、2020年9月にはUSのラッパーJoey BadassやAction Bronsonの楽曲も手掛ける名プロデューサーのStatik Selektahをフィーチャーした楽曲「T.K.N.Y. 」にてKojoe、B.D.、ELIONEらとコラボするなど、ますます勢いを増しています。

さらに今年、待望のファーストアルバム『Jungle』のリリースもあり、自身が加わるコレクティブ”ToTheTopGang”での活動を軸に、「ヤングトウカイテイオー」としてのさらなる活躍が期待大のアーティストです。

¥ellow Bucksの名曲15選

  1. Trust In Bucks
  2. With My Way
  3. Wow Wow Wow
  4. GROWUP
  5. LIFE IS WOW
  6. ヤングトウカイテイオー
  7. PANDEMIC (feat. OZworld)
  8. Balls Out (feat. MIYACHI & Shurkn Pap)
  9. My Resort
  10. Light beats by NARISK
  11. Ready Or Not
  12. ¥ellow Bucks & Playsson – YARITAGAR
  13. AK-69 – Bussin’ feat. ¥ellow Bucks
  14. DJ RYOW – 博徒2020 feat. “E”qual, SOCKS, ¥ELLOW BUCKS, AK-69, 般若, 孫GONG, R-指定
  15. Kojoe , B.D. , ELIONE & ¥ellow Bucks / T.K.N.Y. (feat. Statik Selektah)
  1. Trust In Bucks
  2. With My Way
  3. Wow Wow Wow
  4. GROWUP
  5. LIFE IS WOW

Trust In Bucks

2019年リリース。EP『To The Top』に収録。音楽ストリーミングサービスSpotify上では65万回以上の再生回数を誇っている人気の一曲です。

With My Way

¥ellow Bucks
2019年リリース。2nd EP『Excuse Me』に収録。ダンスクルー”Ninja We Made it”がTikTokに投稿したこの曲のミュージックビデオがバズり、その相乗効果によって現在MV視聴回数が140万回を超えるクールな一曲です。

Wow Wow Wow

2019年リリース。2nd EP『Excuse Me』に収録。Cz TIGERやShurkn Papに楽曲提供をするプロデューサーTRILL DYNASTY。USのラッパーNBA YoungBoyなどを手掛けるDrellOnTheTrack、Mr.Willsonをプロデュースに迎えた渋い一曲です。

Grow Up (feat. Jua, Joseph Blackwell, Flight-A & SANTAWORLDVIEW)

2019年リリース。シングルとしてリリースされたこの曲は、Jua、Joseph Blackwell、Flight-A、SANTAWORLDVIEWという「ラップスタア誕生シーズン3」のファイナルステージ進出者をフィーチャーした、鳥肌モノのメンバーが揃う一曲です。

LIFE IS WOW

2019年リリース。不穏且つ疾走感の感じられるトラックが印象的な、男気のあるリリックのクールな一曲です。

ヤングトウカイテイオー

2019年リリース。EP『To The Top』に収録。太く重たいビートに絡まるフロウがとてつもなく渋い、煙たい一曲です。

PANDEMIC (feat. OZworld)

2020年リリース。プロデューサーのTEEとのダブルネームEP『Aight』に収録された曲で、沖縄出身のラッパーOZworldがフィーチャーされた一曲です。

関連記事