メローな美声で人気急上昇中!yo-seaのチェックするべき名曲10選

沖縄出身、エモーショナルなフローと美しい声で現在HIPHOPシーンで人気急上昇中のラッパー/シンガーのyo-sea(ヨーシー)の今アツい名曲10選をプロフィールと共に紹介します。

2018年に活動を開始し、エモーショナルなフローと美しい声で、現在HIPHOPシーンで人気急上昇中のラッパー/シンガーのyo-sea(ヨーシー)。唾奇をはじめとした地元沖縄のラッパーたちとのコラボを中心に、KYANDYTOWNなど様々な有名アーティストの楽曲に客演で参加しており、そのメロディアスな感性はシーンからの注目を集めています。そんなyo-seaの今アツい名曲10選をプロフィールと共に紹介します。

yo-seaのプロフィール

yo-sea(ヨーシー)は沖縄出身の現在23歳のラッパー/シンガーで心地よくエモーショナルなフローとHIPHOPシーンでも数少ない透き通るような美声が特徴的です。加えてそのイケメンな顔立ちも魅力の1つでもあります。2018年に活動を開始してから存在感を放っているyo-seaですが、過去のインタビューなどから、クラブやライブハウスにはあまり足を運ばず、海で歌ったりゴスペルを聴いたりという独特のバックボーンで自身のセンスを磨いてきたそうです。自身の楽曲だけでなく、唾奇をはじめとした地元沖縄のラッパーたちとのコラボを中心に、KYANDYTOWNなど様々な有名アーティストの楽曲に客演で参加しており、そのメロディアスな感性はシーンからの注目を集めています。

yo-seaの経歴

yo-seaは2018年から本格的に活動を開始。有名音楽プロデュースチーム「BCDMG」と契約。3月に発表した『I think she is』で人気を博し、Apple Music での「今週のNEW ARTIST」 に選ばれました。その後には宇多田ヒカルの1曲をビートジャックした「Too Proud(remix)」をyoutubeで発表しこちらも大きな話題を呼びました。2019年には待望の1st EP「7878」をリリース、こちらは持ち味である美声を生かした世界観をベースに、人気ビートメイカーChaki Zuluや同年代のラッパーであるHIYADAMとのコラボ曲も収録されています。
2020年にはEP『Higher』『Late Night』同時にをリリースしどちらも名盤となっています。
最近では客演として唾奇や3HOUSE、IOやKEIJUの楽曲に参加し、いずれの曲も話題性と大ヒットを生み出しています。

Yo-Seaの今すぐ聞くべき名曲10選

Yo-Sea – I think she is【Official Video】

日本人らしからぬメロディー感で衝撃を与えた1曲です。この楽曲からキャリアが本格的にスタートしました。

Utada Hikaru – Too Proud (Remix) feat. Yo-Sea

宇多田ヒカルの楽曲をビートジャックした1曲です。原曲の雰囲気を完璧なマッチングが素晴らしく何度も繰り返し聴いていられます。

Yo-Sea – LOOK AT ME NOW (Prod. Chaki Zulu)【Official Video】

1st EP「7878」に収録されている1曲。EPの中でも人気が高く、映像も含めて大人で妖艶な雰囲気が素敵です。

Yo-Sea – Runnin (feat.Young Coco) 【Official Video】

2020年にリリースしたEP「Higher」に収録されている1曲です。Young Cocoとコラボし縦ノリ感が気持ち良く聴けます。

Yo-Sea – Night Ship【Official Video】

2020年にリリースしたEP「Late Night」からの1曲です。Chillという言葉が合いすぎる、優しいフローが癒されます。

Yo-Sea “Dreaming City” feat. HIYADAM (Official Video)

2020年7月に発表されたばかりの1曲です。1st EPでもコラボしたHIYADAMと、ディレクターとしてShintaro Kuniedaが参加しており、ゆったりとしたメロディーが沁みます

関連記事