ラップからイベントオーガナイズまで!注目の若手アーティスト「ズキ子」を紹介!

今注目の若きフィメールアーティスト「ズキ子」を紹介いたします。ズキ子のプロフィールや経歴、ズキ子のラップバトルの模様や、彼女が主宰するブランドについて、彼女がオススメする日本語ラップについてなど幅広く紹介していきます!

ラップ・イベントオーガナイズ・アパレル運営・Youtuberとまだ20歳にも満たないうちからマルチな活動を見せるアーティスト「ズキ子」。

今回はそんなズキ子のプロフィールや経歴、彼女が紹介する日本語ラップについてなどをお送りいたします!

ズキ子のプロフィール

ズキ子は本名「三田 葉月(みた はずき)」群馬県沼田市出身。2002年8月23日生まれの、ラッパー/Youtuber/イベントオーガナイザーです。

ズキ子という名前は、中学時代から知り合いだったYoutuberでラッパーの「チャンネルがーどまん」のがーどまんがつけた「ズッキーニ」というニックネームから派生してズキ子になったそうです。

また、アパレルブランド「EMPTY TOKYO」も主宰しており、自身がオーガナイズするMCBATTLEイベント「ADDVANCE」では司会も担当しています。

余りにも若い年齢とは裏腹な行動力と、人を呼び寄せる人柄で注目されているフィメールアーティストです。

ズキ子の経歴

中学2年生の頃にクラスメイトの影響でラップバトルにハマった彼女は、中学3年生の頃には自身でフリースタイルラップを始めていたそうです。

ズキ子の通っていた学校は芸能活動が禁止であったが、Abema TV企画の「CINDERELLA MC BATTLE」に挑戦したいという想いから、これに応募して受かったことにより、中高一貫だったその学校の進学を諦めるという選択肢をとります。

その後別の高校へ進学するも、ますますラップへとのめり込んだ彼女は、学校を欠席することが少なくなく、高校を退学して現在に至っています。

Youtubeは2019年12月20日から始めており、現在では約3万人のチャンネル登録者を誇るYoutuberとしても活躍しています。(現在更新停止?中)

ズキ子のMCバトル

MC派遣社員が主催するMCバトルのイベント「MRJ THIS IS TOKYO vol.2」にて、リーゼントが特徴的なラッパー「ベル」とラップバトルを繰り広げています。

こちらも同じくMC派遣社員が主催するMCバトルのイベント「 MRJ」の一周年祭での2on2バトルの模様です。

ズキ子がプロデュースするファッションブランドEMPTY TOKYO

ズキ子がプロデュースするファッションブランドEMPTY TOKYOは、男女の垣根を超えたユニセックスブランドとして展開されているブランドで、主にTシャツやパーカーを始め、キャップやポーチなどの小物などが展開されています。

次ページではズキ子が紹介するオススメ曲についてを紹介していきます!

関連記事