女性の「強さ」で魅了する今話題の歌手、大門弥生のチェックするべき名曲8選

1991年生まれ大阪出身のシンガーソングライター/DJ/コレオグラファー、そして自身で振り付けも行うほどのハイレベルなダンサーという多才な顔を持ち、SXSWにも出演決定した世界的にも注目される女性歌手である大門弥生の今チェックしておくべき名曲をプロフィールや経歴を交えて紹介していきます。

SXSWにも出演決定した世界的にも注目される女性歌手である大門弥生の今チェックしておくべき名曲をプロフィールや経歴を交えて紹介していきます。

大門弥生のプロフィール

大門弥生は1991年生まれ大阪出身のシンガーソングライター/DJ/コレオグラファーで、自身の信条としてFEMINISTを掲げて活動しているように、女性の持つ「強さ」と共に「ありのままの自分が美しい」「やりたいように生きればいい」というメッセージを発信しており今や世界からも注目を集めるアーティストです。
公式HPにもプロデューサーと記載されている通り、自身の楽曲では作詞からトラックメイク、ダンスの振り付けまで全て自分自身で制作しており、ズバ抜けたセルフプロデュース力も魅力の1つとなっています。
レゲエをベースとしたダンサンブルなトラックや、関西出身ということもあり耳に残るダイレクトでパワフルなリリックが人気を集め全国各地の現場を魅了し、2020年にはアメリカの三大フェスの1つであるSXSWに出演決定するなど海外からも絶大な支持を受けています。

大門弥生の経歴

ブラックミュージックに影響を受けたこともあり、10代の頃からHIPHOPダンサーとして活動しており大阪のコンテストやイベントに出演していました。高校卒業後にオーディション番組で合格しガールズグループ「rhythmic」のメンバーとしてデビュー。「rhythmic」での楽曲は2010年にHEY×3のエンディングテーマにもなりました。
グループ解散後の2013年からソロ活動をスタートさせ、2016年に現在の所属事務所であるSchwazaRecordsからシングル「BEST FRIEND」をリリース。
2017年にはフィメールラッパーRei©︎hiとコラボしたシングル「Choose Me / メロンソーダ」が大ヒットし、「Choose Me」のYouTubeでのMVは2020年現在で270万回再生を記録しています。
2018年には大物ラッパーSHINGO★西成プロデュースでシングル「ヒールで仁王立ち」をリリースし、自身の掲げる女性の強さを前面に押し出したリリックが話題とな理ました。同年にはフィメールラッパーあっこゴリラとのコラボ楽曲「NO BRA!」を発表、日本離れしたノリのこちらの曲は海外のリスナーからも人気を集めています。
直近の2020年10月に発表したばかりの「まけんな (MAKENNA) 」ではレベルの高いダンスも披露しておりこちらも話題となっています。

大門弥生の今すぐ聞くべき名曲8選

大門弥生 (YAYOI DAIMON) 「NO BRA! feat あっこゴリラ」(Official Music Video)

ラッパーあっこゴリラとコラボした楽曲です。海外の楽曲かと思えるほどのクオリティーとセンスの高いトラックがかなりノれます。

大門弥生 (YAYOI DAIMON) 「ヒールで仁王立ち」Music Video (Produced By SHINGO★西成) (Official Music Video)

大物ラッパーSHINGO★西成プロデュースの楽曲です。ハードなビートに日本女性をレペゼンするメッセージ性の強いリリックが耳に残ります。

大門弥生 (YAYOI DAIMON) 「まけんな (MAKENNA) 」(Pro.XLII) Official Video

2020年10月に発表されたばかりの楽曲です。コロナ禍で落ち込んだ人を励ますメッセージだけでなくダンスもかなりレベルが高く、日本を代表するダンサー「YUU」も出演しています。

大門弥生 (YAYOI DAIMON) feat Rei©︎hi – メロンソーダ (Official Music Video)

2017年にリリース、ラッパーRei©︎hiとのコラボ楽曲です。ダンサンブルなトラックにのせたパーティーでの楽しみ方を歌ったリリックが特徴的です。

大門弥生(YAYOI DAIMON) feat. Rei©︎hi – Choose Me (Official Music Video)

こちらもラッパーRei©︎hiとのコラボ楽曲です。MVのイメージそのままにトロピカルで開放的なサウンドは暑い夏に聴きたくなります。

関連記事