2分間の100%を受け取ってほしい。【第一生命 D.LEAGUE Interview – REO】

日本発プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が2021年1月10日に開幕する。 出場するDリーガーを各チームよりピックアップ!今回ご紹介するのは、FULLCAST RAISERZのREO。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

2021年1月の開幕が迫る第一生命 D.LEAGUE。
Dews企画の本特集では、出場するDリーガーを知ることで1月からのリーグをより楽しんでもらえるよう、各チームから数名のダンサーをピックアップし、紹介していく。
今回ご紹介するのは、「FULLCAST RAISERZ」のメンバー、REO。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

― ダンスをはじめたきっかけは?

高校生のとき、当時付き合っていた彼女の元彼がダンサーで、おなじダンサーとして勝ってやろうと思ったことがきっかけです(笑)
ブレイクダンスを本格的にはじめたのはその頃でしたが、僕は中学時代ジャニーズJr.に所属していたので、ダンスの経験自体は中学からになります。母親がダンスの先生だったということも大きいかもしれません。
高校3年生のときにダンス部を作ったんですが、部員はブレイクダンスができなかったので、僕のほうが別のジャンルのダンスをしなくちゃいけなくて…そんな経緯で、LOCK、HOUSEなど立ち踊り系の基礎はひと通り経験してきました。

― 影響を受けたダンサーは?

3人います。まずは自分の最初の師匠である、B-boyはじめという沖縄のダンサー。太陽みたいなポジティブマンで、もともと引っ込み思案で人見知りだった僕を変えてくれました。2人目はCool crewのMARさんで、ダンスは仕事にできるということを体現してくれた人。そして3人目が、FULLCAST RAISERZのディレクターであるJUNさん。人見知りでどこにも属せていなかった僕を、このチームに導いてくれた人です。JUNさんのおかげで、KRUMPを続けてこれたといっても過言ではありません。

― D リーガーになって変化したことは?

ダンサーとしての意識と生活が大きく変化しました。いちばん変わったのが食事です。これまでは、ラーメン、牛丼、パフェと、好きな時間に好きなものを食べていました。それでも活動量が多かったので一般的に見ればいい身体だったとは思うんですけど。ただこれからは、スポーツ選手などプロの人が見てもいい体だと思ってもらえるようなプロポーションを目指すと決めて、いまはしっかり食事管理をしています。

― ゲームで注目してほしいポイントは?

2分という短い間に、これまでの努力、重ねてきた時間といったバックボーンを全力で込めているので、見ている方にそれを感じてほしいですね。
それからメンバーの中にもうひとり、NAOというダンサーがいます。僕がチームに誘って加入することになったのですが、彼は身長が180cmもあるんです。B-boyでは珍しい高身長で、当然ですがガタイも良い。そんなデカい男が飛んだり跳ねたり、繰り出すパワームーブは大迫力です。無骨で男らしい、チームのイメージにぴったりのメンバーなので、僕とともに、彼のことも見てほしいです!

― リーグ開幕に対しての意気込みはありますか?

当たり前のことですが、優勝したいです。そして、D.LEAGUEが今後もっと盛り上がるように、D.LEAGUE初回のダンサーとして活躍したいです。そうすることで自分たちの下の世代で、ダンスを職業にする人がひとりでも増えたらいいなと思います。「下の世代のために…」ってよくみんな言うと思うけど、なんとなく言ってるんじゃなくて、結構本気で思ってます!

― 今後、どんなダンサーになりたいですか?

短い時間でも人の心を揺さぶり倒せるようなダンサーになることが目標です。
この間、友達が出ている格闘技の試合を観に行ったんです。3分×2ラウンドという短い試合なんですけど、そのたった6分間で、その選手が重ねてきたトレーニングや、筋トレ、減量といったこれまでの努力がひしひしと感じられて、ものすごく感動しました。そのとき感じた熱い気持ちが、いまもまだ心の中に残っています。ダンスは殴り合わないし血も出ないけど、1分2分の動きで、僕が格闘技の試合を観て感じたのと同じような感動を与えられるようなダンサーになりたいなと思うようになりました。

― パワーをもらえる場所やアイテムは?

家から2駅先に、友達がルームシェアをして住んでいるのですが、そこが僕のパワースポットになっています。住んでいる人たちが面白くて、映像を作っていたり、音楽を作っていたり、ユーチューバーをやっていたり、いろんな活動をしています。そこに行くと、映像や曲づくりに触れられることが単純に楽しいですし、友達や住人たちと話をすることで、自分の考えを掘り下げたり、整理したりすることにもつながります。
走って15分くらいの距離なので、ジョギングも兼ねてよくお邪魔しています。

― みなさんへのメッセージ

僕は生きていく上で意識していることが2つあります。まずひとつは、今となりにいる奴より、毎日少しだけ”ペイン”すること。日々それを重ねていくことで自分のステージが上がっていくので、これをずっと継続するようにしています。
ふたつめは、自分のネガティブな部分を理解すること。理解しただけで放置するのではなくて、自分の弱みや嫌なところに向き合って、そこをポジティブに捉えられるようになるにはどうしたらいいか?を考えることが大切だと思っています。考え方や使い方次第で、ネガティブも武器に変わります。
例えばダンスで言うと、僕は昔手首を怪我してしまってから連発系の技ができなくなってしまって、だけどだからこそ、一発で迫力のある技をたくさんモノにできるように練習してきました。
みんな何かしら自分の嫌なところってあると思うんですけど、それって見方を変えたらとても素敵な部分だったりすると思うんですね、そういう自分では短所だと思っているところも大切にして、そんな自分も愛せるようになったらいいんじゃないかなと思います。それでもどうしても愛せねーよ!って人はもう俺が全部肯定してあげるからDMください(笑)

<ダンサープロフィール>

REO
1995年生まれ。 
BREAKIN’とKRUMPを武器に活躍する肉体派ダンサー。
長年続けているBREAKIN’では、パワームーブを得意とし、バキバキの肉体美が売り。
様々なバトルやコンテストなどに出場しては、好成績を残している。
また、「第29回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」では、見事ファイナリストまで上り詰め、銀だこボーイ賞を受賞した。
そこからタレント・俳優としても活動の幅を広げ、TV・映画・CM出演の他、舞台でも活躍中。
期待の若手及び次世代を担う者として、日本のBREAKIN’界やKRUMP界を盛り上げ、彼にしかできない表現やアプローチで精力的に活動中。

最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。

アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。

【手順】
①「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
②アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

関連記事