どのチームにも負けない信頼関係でハッピーを届けたい。【第一生命 D.LEAGUE Interview – ASUPI】

日本発プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が2021年1月10日に開幕する。 出場するDリーガーを各チームよりピックアップ!今回ご紹介するのは、 avex ROYALBRATSのASUPI。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

2021年1月の開幕が迫る第一生命D.LEAGUE。
Dews企画の本特集では、出場するDリーガーを知ることで1月からのリーグをより楽しんでもらえるよう、各チームから数名のダンサーをピックアップし、紹介していく。
今回ご紹介するのは、ヒップホップグループ「avex ROYALBRATS」のメンバー、ASUPI。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

― ダンスをはじめたきっかけは?

ダンスを習いはじめたのは8歳のとき。友達のお姉さんが通っていたダンススクールの発表会を、わたしの姉といっしょに観に行ったことがきっかけです。発表会のダンスに感銘を受けた姉はすぐにスクールに通い始めたのですが、当時のわたしはそこまで興味を持てず……。ただ、レッスンのたびに姉が楽しそうに帰ってくるので、それが気になって自分もダンスをやってみよう、と思ったんです。
HIPHOPが一番好きだし、最も長く踊ってきたジャンルですが、当時WAACKやPOPのクラスに通ったことも、いまでは強みになっています。POPは、コンテスト限定のPOPチームの募集があったとき、HIPHOPだと思って参加したら全然違った、という勘違いからのスタートなんですけどね(笑)

― 影響を受けたダンサーは?

ROYALBRATSのディレクターであるRIEHATAさんですね。リエさんと出会ったのは中学3年生で、リエさんのワークショップに参加したときでした。2日間あったうち、1日目がボロボロで。ピックアップされることが全てじゃないことは分かっているけど、リエさんの印象に残らなかったことがすごく悔しかったですね。気を引き締めなおして参加した2日目、なんとかピックアップしてもらえて、しかもその帰りにリエさんが「チーム作ろうと思ってるんだけど、来る?」と声をかけてくれたんです。それをきっかけにリエさんプロデュースの「Mini Queen」というチームに所属することになりました。
すごく影響を受けたし、わたしの人生を変えてくれた人です。

― D リーガーになって変化したことは?

これまでは、スタッフさんなどダンサー以外の方と関わるのはイベントのときくらいでした。現在はDリーガーとして開幕に向けていろいろと準備をしていますが、撮影現場など、初対面の方々とたくさん関わる機会が多くなったことが新鮮です。毎回ほどよい緊張感があって、刺激になっています。
また、ダンスのリーグというのは世界的にみてもあまりない取り組みですよね。そんな新しい試みに最初のダンサーとしてチャレンジできる機会はそうそうないので、全力で頑張らないと!と気合いを入れています。

― ゲームで注目してほしいポイントは?

これまでの経験を活かして、振りのなかにはPOPの要素を多く取り入れています。それがわたし自身の個性でもあるので、HIPHOPとPOPの融合を楽しんでもらえたらなと思います。もちろんわたしだけじゃなくて、メンバーそれぞれに個性があるので、ひとりひとりの表現の違いを探ってみるのも楽しいかもしれませんね。また、日常と舞台とのギャップというか、メンバーたちの普段のイメージと、舞台上で見せる顔はぜんぜん違います。そういった二面性にも注目してほしいです。

― リーグ開幕に対しての意気込みはありますか?

ほかのDリーグのチームにはない、ROYALBRATSだけの強みがあります。メンバー全員が長年いっしょに踊ってきた仲間だということです。それぞれ他の仕事が忙しくて数ヶ月会わなかったとしても、一度ステージに立てばぴったり息が合う。練習のなかで気をつけたいポイントや意識したいことがあったとき、それを言葉にせずとも全員がおなじことを考えて、揃えることができる、そんな感じです。ずっといっしょに踊ってきたメンバーだからこそ、ダンスも気持ちもシンクロさせていきたいと思っています。
また今回は試合の模様がオンラインでも配信されるので、画面からもわたしたちの強みが伝わるように、熱量をもって挑戦していきたいです。

― 今後、どんなダンサーになりたいですか?

ダンスだけじゃない可能性を広げていくことが目標です。わたしはダンス以外にも、ファッションや音楽、ものづくりなど趣味がけっこう幅広くて。だからそんな趣味も突き詰めていって、ダンスと、趣味から派生したものをおなじ空間に取り入れていきたいと思っています。たとえばビデオ撮影ひとつにおいても、衣装やロケーション、シーンのカットを妄想するのが好きなので、ゆくゆくは舞台の演出にも挑戦したいですね。
また今回のD.LEAGUEも、ダンス要素以外のトータルプロデュース的な側面があるので、そういった部分でも活躍できるように頑張ります!

― パワーをもらえる場所やアイテムは?

太陽の塔と古墳です。太陽の塔はパワースポット的な感覚で、行ってお願いをしたりお礼を伝えたりすることが多いですね。古墳は、世界遺産にもなっている大阪の仁徳天皇稜古墳(大仙古墳)によく行きます。パワーをもらえるというのもありますが、ブラブラ散歩するのが楽しいです。
また、普段から音楽が好きなので、音楽に合わせて服をコーディネートしたりすると気分が上がりますね。海外ドラマや洋画を観た次の日は、作品のイメージに合った服を着て、サントラやテーマ曲を聴きながら登場人物になりきって歩いてます(笑)

― みなさんへのメッセージ

今回インタビューを受けてみて、自分がダンスを始めたきっかけや、D.LEAGUEに対する考えを振り返ることができました。これからもっと、自分の内面的なところと向き合って、磨いた個性やキャラクター性をD.LEAGUEでお見せしていきたいと思っています。応援よろしくお願いします!

<ダンサープロフィール>

ASUPI
1998年生まれ。京都出身。
「RIEHATATOKYO」、「miniQUEEN」メンバー。
7歳からダンスを始め、地元京都のダンススタジオに通いフリースタイルをベースにWAACKやPOPも習う。
13歳の時にRIEHATAと出会い、15歳の時にRIEHATAとDeeのワークショップを受けたことが転機となり、RIEHATAプロデュースのチーム「miniQUEEN」のメンバーに。
その後16歳の時に「RIEHATATOKYO」にメンバー入り。
東京と京都を行き来する生活を送りながら、現在は京都、大阪、兵庫でインストラクターとしても活動中。
またアーティストのバックダンサーやツアーダンサー、振付なども行っている。

最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。

アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。

【手順】
①「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
②アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

【キャンペーン期間】
2020年11月15日(日)10:00 ~ 2020年12月01日(日)23:59
※期間中に手順①〜③を行った先着1000名様が対象

関連記事