RAISERZというチームの存在感を、日本に放っていきたい。【第一生命 D.LEAGUE Interview – Baby Twiggz】

日本発プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が2021年1月10日に開幕する。 出場するDリーガーを各チームよりピックアップ!今回ご紹介するのは、FULLCAST RAISERZのBaby Twiggz。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

2021年1月の開幕が迫る第一生命 D.LEAGUE。
Dews企画の本特集では、出場するDリーガーを知ることで1月からのリーグをより楽しんでもらえるよう、各チームから数名のダンサーをピックアップし、紹介していく。
今回ご紹介するのは、「FULLCAST RAISERZ」のメンバー、Baby Twiggz。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

― ダンスをはじめたきっかけは?

ダンスを習いはじめたのは小学3年生からで、KRUMPとの出会いは小学校高学年の頃です。テレビのダンス番組でKRUMP特集を観て、それまで自分が習っていたステップやリズムとは違う、エネルギッシュでパワフルなテクニックに強く惹かれたことを覚えています。しばらくはテレビの見様見真似で踊っていたんですが、中学2年の時にちゃんとKRUMPを習おうと決意して。新宿で、®︎AG POUNDというKRUMPのダンスチームが教えているレッスンに通いはじめました。

― 影響を受けたダンサーは?

KRUMPでいうと、はじめて衝撃を受けたのはRAISERZのディレクターであるJUNさんですね。当時、LAから帰国したばかりのJUNさんが踊るKRUMPがめちゃくちゃ尖っていて。日本人でもこんなにかっこよく踊る人がいるんだと圧倒されたし、彼に出会ってなかったら、僕はKRUMPを続けていなかったかもしれません。
また、®︎AG POUNDにいた、現在はEXILEメンバーであるNAOKIさんにも大きく影響を受けましたね。DANCE@LIVE FINAL 2007 を見に行ったとき、HIPHOP SIDEにいながら1人でがつがつKRUMPを踊っていたのが印象的でした。

― D リーガーになって変化したことは?

これまではどこかに「自分が満足できればいい」という気持ちがありましたが、Dリーガーになったことで、背負う看板が大きくなり、意識が高まりました。これまでも常に優勝は意識してきたけど、その気持がもっとプラスになったというか、「優勝するしかないでしょ」という感じです。単にプレッシャーというのではなくて、自信にもつながっているように思います。
また、生活リズムも大きく変わりました。僕は「完璧に準備をするのがプロだ」という言葉を大切にしていて、D.LEAGUEの発足から開幕までの5ヶ月間、それを今まで以上に意識しています。練習の時間だけじゃなくて、食事などプライベートの生活管理にも気を配るようになりましたね。
Dリーガーになったことで、よりいっそうダンスに集中し、神経を研ぎ澄ませて高みを目指せる環境になったなと感じます。

― ゲームで注目してほしいポイントは?

リーグでは僕らFULLCAST RAISERZの魅力である「男臭さ」を出していきたいので、ダンスはもちろん、醸し出す雰囲気や、ファッションのシブさにも注目してほしいと思います。D.LEAGUEが開幕したら、今までより人の目に入る機会が多くなると思うので、チームとしても個人としても、まず男性に「かっこいい!」と言われるようになりたいですね。既に僕らのことを知ってくれている人たちにも「またシブくなったな〜」と思われたい。
リーグを通して、ダンス以外の部分でもそういったかっこよさをお見せしていくので、チームのインスタもぜひ見てください(笑)

― リーグ開幕に対しての意気込みはありますか?

昔から、ダンスイベントでもバトルでも「その日のヒーローになる」ということをモットーにしてきました。このモットーはD.LEAGUEでも変わらず持ち続けていたいと思います。
また、今度D.LEAGUEが2回3回と続いていくなかで、FULLCAST RAISERZ=常勝という方程式を打ち立てていきたいです。ほかにも魅力的なチームはたくさんあるけど、でもキングといえばこのチームしかいないよね、と思わせたいです。そのためにも、まずは第1回D.LEAGUEを勝ち抜きます。

― 今後、どんなダンサーになりたいですか?

ダンサーの枠を超えた、ダンスアーティストのような存在になりたいと思っています。
KRUMPは日本ではまだ知名度が低いですが、それを広めようとするときに、ただダンスを見せるだけでは限界があると思うんです。だからまずは、KRUMPやダンスのカルチャーから広めていきたい。ファッションやビジュアル、スタンス、言動、人間性、そういったすべての要素から憧れをもってもらうことが第一目標です。自分自身が憧れられる存在になりたいですし、RAISERZもそういうチームにしていきたいと思っています。

― パワーをもらえる場所やアイテムは?

温泉です。2ヶ月に1回のペースで入らないとモチベーションが上がらないんです。気持ち的に「休んでいる」という感覚になるから、パワーをもらうというよりは、定期的に自分をリセットして奮い立たせるためのルーティンという感じですね。休みをもらえたら電車や飛行機を使って遠くの温泉地に行くことも多くて、関東周辺の温泉は制覇しているんじゃないかなと思います。

― みなさんへのメッセージ

プロのダンサーを夢見ている方々には一度、「プロとは何か」を考えてみてもらいたいです。
いろんな考え方があるし、正解はひとつではありませんが、僕は「自分に軸を通すこと」だと思っています。自分の信じる道がないというか、自分にしっかり軸が通っていない人は、いくらいろんなことに触れてたくさん吸収したとしても、結果ブレてしまう。そうなると、周りの人から「本物」として見てもらえなくなると思うんです。
なので、人に影響を与えるダンサーを目指しているみなさんにはぜひ、プロとは何か、自分とは何かを考える時間を持ってみて欲しいです。自分の軸を見つけて、そこからいろんな経験をして、吸収して、自分の軸に還元していってください。

Baby Twiggz

1993年生まれ。 
KRUMPにおいて日本を代表する「Twiggz Fam」と「®️AG POUND」の一員。
KRUMP歴も長く、日本のKRUMP界を長年支えてきたメンバーの一人でもあり、新生「Twiggz Fam」を牽引する存在。
クリアで細やか且つ正確な動きと力強さを兼ね備え、ベーシックの高さが伺えるパフォーマンスが特徴的。
様々なコンテストやバトルに出場しては好成績を残し、2017年には名高いダンスコンテストで世界一を獲得。
その活躍は国内外から評価も高く、大きく注目を浴びた。
また、アーティストのサポートダンサーを務めるなど、活動や表現の幅も広げている。
次世代を担う者として、日本KRUMP界を盛り上げ、KRUMPを新たな次元へと昇華すべく、精力的に活動中。

最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。

アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。

【手順】
①「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
②アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

関連記事