「普通のことをして優勝しても面白くない」DリーガーAITOが考えるHIPHOPとは?【第一生命 D.LEAGUE Interview – AITO】

日本発プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が2021年1月10日に開幕する。 出場するDリーガーを各チームよりピックアップ!今回ご紹介するのは、SEPTENI RAPTURESのAITO。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

日本発のプロダンスリーグとして誕生した『第一生命 D.LEAGUE』。全8チームの中でもSEPTENI RAPTURESは、HIPHOP・HOUSE・POPとあらゆるジャンルに主軸を置くダンサー達が集結したチームだ。今回は、SEPTENI RAPTURESのメンバーであり、自らの感性を取り入れた斬新なパフォーマンスで注目を集めているAITOに、自身の半生を振り返りながら、2021年1月に開幕する『第一生命 D.LEAGUE』への意気込みを聞いた。

― ダンスとの出会いはいつでしたか?

レッスン自体は5歳から習い事の一環として受けていました。当時はスタジオに行っても後ろの椅子で昼寝ばかりしていて、先生から「やる気ないなら、辞めてください」と言われるくらい不真面目でした(笑)。でも小学5年生の時に、お姉ちゃんの発表会で外部のダンスパフォーマンスを観に行ったんです。発表会のパンフレットに複数のナンバーを出しているおじさんが載っていて、彼の作品を観てからダンスに興味を持ち、真剣に練習しはじめました。実はそのおじさんが、今の師匠なんです。

― 影響を受けたダンサーは?

衝撃を受けたのは、高校生の時に観た「JAPAN DANCE DELIGHT」の決勝に出ていたASCHEというチーム。ダンスという域を超えて自分の中に入ってきたというか、初めて広い世界を見たような衝撃でした。それが自分の中では転機になって、半年間ほどASCHEの練習会にも参加し、彼らの技や動きを自分の中に取り込んでいきました。

― D リーガーになって意識や環境の変化はありましたか?

うーん、悪いことできないなって。いや、別にしてないですよ(笑)。なんていうか今までは仕事っていう感覚でダンスをすることがなかったので、Dリーガーになって「プロ」としてやっていくんだという意識が強くなりました。環境の変化で言うと、マネージャーさんが付いているのは、まだ慣れないですね。時間厳守とか連絡が来たらレスポンス早く返すっていうのが苦手なので、最初はちょっと怒られました(笑)。

― D.LEAGUEのシーズンが始まって個人的に注目してほしい所はありますか?

独創性やオリジナリティの部分です。他のチームと比べても、うちは個が強いチームだと思うし、そんな中でも僕は特にオリジナリティがあると思っています。新しいものが好きなので、ダンスにもどんどん新しい要素を取り込もうとする姿勢が、たぶん一番強いんじゃないかなと思います。昔「AITOのダンスは、HIPHOPじゃないよ」って否定されたことがあって。でもHIPHOPじゃないっていう概念自体が、僕からしたらHIPHOPじゃないんですよね。つまり、既存の枠組みでやるんじゃなくて、新しいものを生み出していく、枠を破壊していく感覚がHIPHOPだと思っています。そういうジャンルレスに新しいものをつくり出す姿勢がダンスにも反映されているので、そこに注目して欲しいです。

― D.LEAGUEの開幕に対しての意気込みはありますか?

優勝するのはもちろんなんですけど、ただ普通のことをして優勝しても面白くない。ダンスもそうですし、音楽や衣装に関しても誰も見たことのないものを見せて優勝したいです。D.LEAGUEは既存のチームが多いんですけど、僕らは1人ひとりの個が集まってできたチームなので、それも魅力かなと。変わり種みたいな立場で、みんながびっくりするようなパフォーマンスをできたらいいなと思っています。

― 今後、どんなダンサーになっていきたいですか?

ダンスを中心とした表現者でありたいです。生活をしていて目や耳に入るもの、何に関してもダンスに結びつける癖があって。例えば、漫才を観ていても、全体の構成から間を置くタイミング、最後に畳みかける部分など全てダンスに変換して見ちゃいます。表現という意味では、個人の活動では色んなものに手を出している状態です。絵を描いて、個展を開いたこともあります。最終的に音楽をやっているかもしれないし、逆にダンスに振り切った方にいくかもしれないし、将来どうなるんだろうっていう楽しさもあります。

― 好きな場所やパワースポットは?

自然のある場所によく行きます。この前は、神奈川の平山にある滝を見に行きました。自然の中にいると、身体の中が空になって、何も考えない時間ができるんですよ。その時にゼロになるというか、自分がフラットになれる気がします。あとは地元の友達や彼女みたいな、ダンサー以外の友達と会うことも自分にとっては大事ですね。本当にダンス漬けの毎日を送っているので、意識して一度ダンスから離れて、エネルギーを貯める時間を取っています。

― みなさんへのメッセージ

これからD.LEAGUEが発展していく中で、「Dリーガーになりたい!」っていう夢を持つ子どもたちも増えると思うんです。ダンス界が盛り上がって、D.LEAGUEが日本のダンスを世界に発信できる最初の場所になれればいいなと考えています。

<ダンサープロフィール>

AITO
2002年生まれ。
小学5年生からヒップホップダンスを始め、翌年にキッズダンスの全国大会にチームで出場しFINALで特別賞を受賞。
その後チームダンスから離れ、ダンスバトルに没頭し、中高生のトップを決めるコンテスト「DANCE ATTACK!!」のコンテンツであるクルーバトル「BATTLE ATTACK」にて優勝。
17歳でハウスダンスチーム「OVERSTEP CREW」の一員に加わり、そこでハウスダンスを始め、その年の「JAPAN DANCE DELIGHT VOL.26」のFINALISTとなる。
それからHOUSEとHIPHOP2のジャンルを強みに、様々なイベントで好成績を残し、2020年のJUSTE DEBOUT 日本予選のHOUSE部門でベスト8という結果を残している。

最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。

アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。

【手順】
①「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
②アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

関連記事