挑戦し続ける存在でいたい。【第一生命 D.LEAGUE Interview – TAKUMI】

日本発プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が2021年1月10日に開幕する。 出場するDリーガーを各チームよりピックアップ!今回ご紹介するのは、CyberAgent LegitのTAKUMI。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

2021年1月の開幕が迫る第一生命 D.LEAGUE。
Dews企画の本特集では、出場するDリーガーを知ることで1月からのリーグをより楽しんでもらえるよう、各チームから数名のダンサーをピックアップし、紹介していく。
今回ご紹介するのは「CyberAgent Legit」のメンバー、TAKUMI。ダンスを始めたきっかけやリーグへの意気込みを語ってもらった。

― ダンスをはじめたきっかけは?

小学4年生の終わりからです。
はじめるまでは、ダンスって女の子たちが可愛く踊っているイメージで、もともと野球をやっていたこともあって、ダンスにはまったく興味がありませんでした。それが、東日本大震災の影響で外出ができなくなったとき、野球の代わりに屋内でできることを探していて、姉が通っていたダンススタジオに行ってみたんです。そこでTACさんという先生がPOPを踊っているのを見て、これまでのダンスのイメージが覆りました。そこからどんどんダンスにのめり込んでいきましたね。ダンスにのめり込みすぎて、野球はもういいや、となってしまいました(笑)
中学2年のときに、これまでの練習の結果が出始めたというか、ずっと目標にしていたダンスバトルの舞台で優勝することができて。それを機に、将来もずっと続けたい、ダンサーを職業にしたいという気持ちが芽生えてきました。

― 影響を受けたダンサーは?

海外のダンサーですが、Slim Boogieです。彼がDANCE@LIVE(現マイナビDANCE ALIVE HERO’S)に出演したときに、彼の踊りをはじめて生で見たんですけど、「なんじゃこりゃ」と思いました。すごく大きな衝撃で、僕をダンスバトルにのめり込ませたきっかけにもなっています。彼はいまも、僕がなりたいダンサー像というか、纏う雰囲気や空気感のロールモデルになっています。

― D リーガーになって変化したことは?

これまでは自分個人で動いている感覚でなにごとも自己責任だったんですけど、Dリーガーになってからは、企業の方々やスポンサーの方々と活動していくなかで、自分ひとりでやっているんじゃないんだという意識が芽生えました。自分たちの活動に協力していただいているという感覚があるので、責任を感じますし、その応援に報いたいという想いがより強くなりましたね。これからはリーグの選手としてプロという目で見られると思うので、スキルだけでなく、社会人としてのマナーを含め、僕自身の言動においても「ダンサーってすごいな」と思ってもらえるように振る舞わなければと思っています。
それから、練習環境も大きく変わりましたね。新しく専用のスタジオを作ってもらったんですけど、ダンサーからすればスタジオを作ってもらえるだけですごく有り難くて!自分の練習の効率もすごく上がりますし、幸せな環境に置かせていただけたなと思います。

― 自身のダンスで注目してほしいポイントは?

パフォーマンスに関しては、POPは独特の爆発力やエネルギーを感じられるジャンルだと思うので、そこを楽しみにしてほしいですね。僕がいつも目指していることがあって、それは複数でおなじ振りを踊っていても、「あの人かっこいいな」と人の印象に残ることです。端っこでさりげなくかっこいい、そんなコアな雰囲気をD.LEAGUEでも出していこうと思っているので、そこにも注目してもらえたらと思います。

― リーグ開幕に対しての意気込みはありますか?

D.LEAGUEでは100人近くの選手が出場しますが、そのなかで成果を残して、D.LEAGUEといったときに自分のことを思い浮かべてもらえるような、そんなプレーヤーになりたいです。

― 今後、どんなダンサーになりたいですか?

影響力のあるダンサーになりたいです。界隈の人々からはもちろん、ダンス業界の外でも認められているような。実力がありつつ、その言動に影響力もある。野球でいうとイチローさんですね。野球を経験していない人、野球に詳しくない人でも、みんなイチローはすごい人だということを知っていますよね。そんな風に、実力と人間的魅力を兼ね備えたダンサーになることが目標です。

― パワーをもらえる場所やアイテムは?

ガパオライスですね。タイ料理がいまマイブームになっていて、パクチーは食べられないんですけど。
練習するスタジオの近くにテイクアウトのタイ料理屋さんがあって、スタジオで練習する日のお昼ごはんはずっとガパオライスです。チームメンバーとUber Eatsなどで注文するときも、メンバーに「ガパオライス?」と聞かれます(笑)

― みなさんへのメッセージ

CyberAgent Legitのメンバーは本っ当に仲が良くて、いっしょに踊ることを心から楽しんでいる雰囲気が魅力のチームです。D.LEAGUEを通して、個人個人がより成長しようと意気込んでいるので、ぜひみなさん、応援よろしくお願いします!

<ダンサープロフィール>

TAKUMI
2000年生まれ。福島県出身
9歳頃まで野球一筋で、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が始まると、日本、韓国チーム選手全員の打率まで暗記するほど夢中になっていた。
2011年に東日本大震災が起こり、外出自粛の中、屋内でできるスポーツを探してダンスと出会う。
その後、「DANCE@LIVE 2015 JAPAN FINAL」KIDS優勝やLDH JAPANが主催する「DANCE CUP FINAL」二連覇、「高校生ダンスバトル選手権」 二連覇など数多くの全国大会優勝経験をほこり、「APOLLO AMATEUR NIGHT」では自身の振り付けで月間百点満点優勝をするなど海外でも活躍している。
他にも、CM出演や、アーティストのMV出演、バックダンサーとして「ミュージックステーション」など多数の音楽番組出演をするなど活動の幅を広げている。
早稲田大学法学部在学中。

最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。

アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。

【手順】
①「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
②アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

関連記事