フォームローラーで脚やせ劇的ビフォーアフター!使い方も紹介!

フォームローラーってよく聞くけど、本当に効果があるの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。。。しかし、むくみ改善に効果的です! 正しく使えばみるみるあなたの脚が美脚になっていくので、こちらの記事を参考に今日からフォームローラー生活をはじめちゃいましょう!

  1. フォームローラーを使った脚やせ効果
  2. フォームローラーで脚やせする方法
  3. フォームローラーを使う時の注意点
  4. まとめ

フォームローラーを使った脚やせ効果!

フォームローラーというのは、筒状の形をしたフィットネス器具で、表面にでこぼこの突起がついたものや比較的なめらかな表面のものがあります。形状的にも固定するものではないので、肩、二の腕、背中や腰といった上半身だけでなく太ももやふくらはぎといった下半身にも使用できる一家に1つは欲しい代物。
そんなフォームローラーは、身体を預けて圧をかけていくことでコリやハリなどをほぐすことができると評判なのですが、それだけではなく、これが脚痩せに効果的です。

多くの人が満足できないと答える「太もも」や「ふくらはぎ」。十分スレンダーに見える方も、「むくみ」が気になっていたり冷えが気になっていたりする部位なのでみんなまとめてフォームローラーに救いを求めましょう!
太ももやふくらはぎは、脚のなかでも老廃物がたまりやすい部分です。立ち時間が長い方はむくむし、座りっぱなしの方は血流が悪くなりがち。そして血流が悪くなったりむくんだままの部位はいずれぜい肉やセルライトになってしまいます。嫌ですよね…!

だから太ももやふくらはぎといったむくみやすい部分、老廃物がたまりやすい部分をフォームローラーで重点的にコロコロすることがおすすめです!
老廃物がたまりむくんでいる太ももやふくらはぎは、コロコロすると最初はかなりの痛みを伴うかもしれません。でも、痛くて正解!痛みを感じるのは、老廃物が流れているからなのです。コロコロし続けて自分の脚の太いと感じる部分を改善していきましょう。

ビフォーアフター

二年前のむくんでセルライトだらけの足が…

ヨガパンツごしでも細くなっているのがわかりますよね!

フォームローラーで脚やせする方法

さて、どんな風にフォームローラーを使えば、上のような脚痩せが叶うのでしょうか?
フォームローラーの使い方は基本的にはかなり簡単です。フォームローラーの上に気になる身体の部位を乗せ、体重をかけながらゆっくりと上下左右へとフォームローラやフォームローラー上の身体の部位を動かしましょう。このとき、「痛気持ちいい」と感じられるかどうかがポイントです。ゆっくりと自分の身体の重みを感じられるくらいのスピードを心がけましょう。

横に張り出した太ももやふくらはぎの撃退方法が良くわかりますね!忘れがちな足裏もしっかりコロコロしておきましょう。

体重のかけ方にもポイントがありますね!

フォームローラーを使う時の注意点

まず、選ぶときに注意してほしいことがあります。
フォームローラーは、筒が太いものや細いもの、長いものやでこぼこがかなりはっきりしているものといった具合にさまざまな種類があります。ですが、脚やせに使用するなら30cm×15cmくらいフォームローラーを選びましょう。脚を乗せて座った時に座りにくさを感じないサイズがだいたいそれくらいのサイズです。また初心者やお肌があまり強くない方は、でこぼこが少なめで素材も柔らかいものを選ぶといいでしょう!

フォームローラーをコロコロするときは、圧のかけ方に注意が必要です。
フォームローラーは自分の体重をかけながらコロコロ転がすことでマッサージになるので、圧のかけ方はご自身で調整できます。しかし、ご自身で調整できるからこそ、早く効果を出したいと願う方が無理に強い圧をかけてマッサージをしてしまいます。

そうすると、痛みが出るだけでな青あざになってしまうこともあります。力加減で大切なのは、「痛気持ちいい」かどうか。ポイ自分にとってちょうどよい圧を見つけ、長く心地よくコロコロし続けることが最も早く脚痩せの効果を出すことのできる方法なので、焦って無理な圧をかけることのないようにしましょう。
脚やせはとくに痛みを感じやすいふくらはぎや太ももがメインなので、まあこんなものかとつい圧をかけ続けると、逆に筋肉の張りを生むことにもなりかねません。とにかく「痛い」より「気持ちいい」を重視して下さい。

また、怪我や体調不良の時にはフォームローラーの使用を中止して下さい。脚以外を怪我しているときも、フォームローラーはお休みすべきです。なぜならフォームローラーをコロコロするとき、脚以外の部位を使うからです。不意に怪我をしている部位に体重がかかったり、全身でフォームローラーを動かそうとしてしまったりすると、怪我は悪化してしまう可能性がありますよね。そのため、怪我をしているときや体調が良くない時は「たかがコロコロするだけ」と思わずにお休みすることが大切です。

まとめ

フォームローラーで美脚を目指しましょう。正しく使えば心地よく美脚を目指せるのでまずはフォームローラーを購入してみては?今ならかなりリーズナブルなお値段で手に入りますよ!

関連記事