女性におすすめしたい楽してくびれを作れるフラフープダイエットを紹介!

フラフープダイエットは、とにかくフラフープを回すだけなのでお手軽で簡単!なだけでなくとにかくとても楽しいというメリットがあります。意外な効果などもあるので、こちらの記事を読んで、ぜひフラフープダイエットをはじめてください!!

  1. フラフープダイエットの効果
  2. フラフープダイエットの消費カロリー
  3. フラフープダイエットのやり方
  4. ダイエット向きのフラフープ
  5. おすすめのフラフープ
  6. フラフープダイエットをやる時の注意点
  7. まとめ

フラフープダイエットの効果

脂肪燃焼

フラフープダイエットは、脂肪をエネルギーに変える有酸素運動です!ただし、消費カロリーは、10分で70キロカロリーと少なめ。でも、10分行ってもランニングや水泳ほどもしんどくないので、長く続けて代謝が上がり、余分な体脂肪をじわじわと燃やしていくことができる全身運動です!

気になるウェストや下半身の引き締め

フラフープは全身運動ですが、輪っかを回しているウェストや下半身に対する引き締め効果があります。輪っかが直接当たる腹筋や腹斜筋が回し動かすことで鍛えられるので、ウェストに「くびれ」が生まれます。下半身の脂肪も徐々に落ちるようですよ。

骨盤矯正

姿勢を正し、左右のバランスを取らなければ上手く回せないのがフラフープなので、上手く回そうと努力を重ねていくうちに骨盤の歪みが矯正されるという効果にも期待できます。骨盤が正常な位置に戻り、内臓の位置が正しい位置になれば、血液やリンパの流れもよくなります。

便秘改善

フラフープを回すと、腸に直接輪っかの部分が当たって、便の流れがスムーズになります。便の流れがスムーズになるということは、老廃物がたまった便秘の状態が解消されるということになりますね。

体幹トレーニング

上手に使ってフラフープを回すには、腰回りの筋力が必要なので、上手く回す努力をしているうちにインナーマッスルが鍛えられ、体幹が強くなります。骨盤まわりの筋トレができたら、腰痛予防や姿勢改善にもつながりますよ!
※効果はクビレ効果、脂肪燃焼、代謝アップなど様々なので効果毎にh3でタイトルをつけて紹介してください。

フラフープダイエットの消費カロリー

フラフープ:約10分で70kcal
ランニング:約30分で240kcal
水泳:約60分で426.3kcal
サッカー:約60分で735Kcal
※性別や強度によってカロリーは変化します。

フラフープダイエットのやり方

2日に1度のペースで効果がしっかり得られるフラフープ運動ですが、1回の時間が10分以上であることが望ましいです。
回す方向は左右均等を心がけましょう。

ダイエット向きのフラフープ

フラフープ選びで一番大切なのはフラフープが回しやすいかどうか。回す時間が長いほど、ダイエット効果が高くなるので、長いこと回し続けられる回しやすいものを探しましょう。一般的な体型の女性なら、直径が90cmから100cm程度のものがおすすめです。
また、ウエストの引き締め効果を高め、運動の強度を強くしたい方には500gから1kg程度の「重いな」と感じるようなフラフープや、内側にでこぼこがあるフラフープがよいでしょう。大人向けのフラフープにはヴァリエーションがかなり多くあるので、自分にとってベストなものをぜひ見つけてくださいね!

おすすめのフラフープ

組み立て式フラフープ


使っているときはいいけれど、片付けるときに場所をとって嫌だなあという方におススメなのがこちらの組み立て式フラフープ。分解すると小さくなって収納しやすいし、組み立てもつなぐだけなのでかなり簡単です。

ハイテクフラフープ


最新の技術を詰め込めるだけ詰め込んだこちらは、何度回したのかをカウントしてくれる上に、重量も調節出来て、軽い素材ではないのでなかなか腰から下に落下しません。しかも、磁気治療効果まであるので一気に何もかもを解決してくれそうなアイテムだといえますね。

でこぼこ付きフラフープ

フラフープ内部についた突起物が、フラフープを回すたびにウェストを刺激してくれる…だけでなく、こちらのフラフープはその突起物が磁気治療効果を持つという優れもの。使わない理由が見つかりませんね。

自動回転フラフープ


まさかの自分で回転してくれるこちらのフラフープは、「じゃあ楽すぎてカロリー消費にならないのでは?」と思ってしまいますが、回転し続けてくれる姿勢を保つためにかなり筋力を要します。普通のフラフープより難しいかも?!

指圧ボール付きフラフープ


フラフープ内部の突起物が指圧ボールになっており、フラフープ運動とマッサージを同時に行うことができます。

フラフープダイエットをやる時の注意点

意外な盲点となりやすいのが、服装!寒いからといって厚着でフラフープを回しても、あまりダイエット効果は得られません。特にフラフープの内部に突起物がついたフラフープなどは、厚着して回すと突起物の刺激を全く感じないことに…。突起物の付いていないフラフープを回すときも輪っかがウェスト周りの筋肉に当たって刺激を与えるという効果を得たいので、フラフープダイエットをするときは、ボディラインにフィットする服装で行いましょう。

まとめ

楽しんでできるフラフープダイエットで、ぐっとくびれたウェストを目指しましょう!

関連記事