体幹だけじゃない?意外と知らない「インナーマッスル」を解説!鍛え方も

インナーマッスルについてを紹介します。インナーマッスルとはどのようなものか?鍛えるとどのような効果が期待できるのか?さらに、インナーマッスルの鍛え方や、トレーニング効果をアップする筋トレアイテムまで幅広く紹介いたします。

トレーニング効果を高めるおすすめグッズ

ダンベル

トレーニング器具の王道と言えばダンベルです。腕のトレーニングはもちろんのこと、ダンベル(バーベル)を持ちながらスクワットをする「スプリットスクワット」や、全身の幅広い筋肉を鍛えられる「ダンベルスイング」などを行えるなど、とにかく筋トレがはかどるアイテムなので、持っていない方はまず始めにゲットしておきたいアイテムと言えるでしょう。

女性・初心者向け


1.1~5.7kgの5段階調整ができるので、1.1kgという重いものを中々持てない方でも使える範囲の重さから、5.7kgという比較的強めな負荷をかけられる重さまで調節できます。

中級者向け


中級者向けになってくると、片方で10kg程度の負荷が欲しくなってくるところです。男性で普段の身体活動が多い方や、筋力にそれなりの自信がある方は、こちらを買うのがおすすめです。

中・上級者向け


筋力に自身もあり、本格的に行いたいと考えている方は2.5kg – 24kgまで、15段階調節というボリューム感のこちらがおすすめです。お値段も中々なので、お財布との相談次第でご検討ください。

種類がとにかく沢山あるので迷ってしまいますが、可変式でアジャスタブル(重さが簡単に調節できるもの)の製品が便利です。

懸垂バー


先程もご紹介した「ハンギングレッグレイズ」を行うには、懸垂バーのようなぶら下がれる器具が必須となります。上体起こし運動である「ロングアームクランチ」よりも筋トレの効果も高いので、自宅にスペースがあれば是非ゲットしておきたいグッズの一つです。

セラバンド(トレーニングチューブ)


チューブトレーニングは、ダンベルカールなどにみられるような、一つの関節のみを動かす「単関節エクササイズ」や、なかなか鍛えるのが難しい背筋のトレーニング(猫背を治す)にも使える言われていて、場所も取らずコスパも良いのでオススメです。また、強度も変更できるので、負荷をさらにかけたいときにステップアップできるというのもオススメなポイントです。

おわりに

インナーマッスルについてお送りいたしました。どのような作用があるかを知ることによって意識が変わりますし、目的に沿った必要なトレーニングを行うことができますので、また一つ知識を深めて効率の良いトレーニングライフを送っていただけたらと思います!

関連記事