西島数博インスタグラム

祖母がバレエスクール開講の先駆者!西島数博のプロフィールとJDIの活動を紹介

手足が長く華やかで、バレエの王子様そのものだった西島数博さんは、バレエダンサー」という枠組みから羽ばたき、今や何にカテゴライズすればいいかわからなくなるほどに自由で大胆な活躍を見せています。西島さんの「今」に迫ってみました。

  1. 西島数博のプロフィール
  2. 西島数博の経歴
  3. JDIとは?
  4. JDIの活動経歴
  5. 西島数博が開講したバレエスクール
  6. まとめ

西島数博のプロフィール

本名:西島 千博(にしじま かずひろ)
生年月日:1971年10月21日
出身地:宮崎県日向市
出身スクール:伊達バレエ・スクール
血液型:AB型
家族:妻は女優の真矢ミキ。実弟は現役ラテンダンサーの西島鉱治。おばあさまは日本でバレエがまだ広まっていなかった頃にバレエスクールを開講させた、日本バレエ界の先駆者的人物である伊達小夜子さん。

妻の真矢ミキさんとのツーショットは美男美女すぎてため息が出てしまいますね。

西島数博の経歴

1974年:宮崎県の伊達バレエ・スクールで3歳の時にバレエをはじめる
1984年:全国舞踊コンクールで入選し、第4回青山バレエフェスティバルにも出演する
1990年:フランスへ渡る。
1991年:フランス・カルポー賞国際バレエ・コンクール男性シニア部門第1位受賞
1994年:日本帰国後スターダンサーズ・バレエ団に入団
1999年:「アーティスティック・フレンズ」を結成
2000年:池袋ウエストゲートパーク(TBSテレビ)にバレエダンサーの尾崎京一役で出演
2006年:プリンシパルとして活躍したスターダンサーズバレエ団を退団
2008年:女優の真矢ミキと結婚
2014年:自身の誕生日である10月21日に「西島千博」を「西島数博」という芸名に改名。アキレス腱断裂という悲劇に見舞われたが、トレーニングを重ね復帰
2015年:J.D.I.(ジャパン・ダンス・イノベーション)こと、異ジャンルのアーティストとダンサーが集う企画団体を立ち上げ、4月に旗揚げ公演を開催する
2016年:自身が演出・振付を担当した『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』で妻の真矢と初共演
2018年:自身の新解釈による「白鳥の湖」である「super swan」公演
2019年:数々の舞台出演を行い、東京藝術大学非常勤講師として講義を行うなど活動の幅を広げる
2020年:コロナ禍において舞台の在り方を模索し続け、映像による発信なども行う。YouTubeチャンネルも開設
2021年:3月には舞台公演の予定が!

JDIとは?

JDI(ジャパンダンスイノベーション)は、西島さんが立ち上げ、自らが踊り芸術監督も務めてるプロジェクトです。
一言でいえば「この世のダンスが集う魔法の時間」。
クラシック・バレエにタップやジャズ、ストリート・ダンスにアルゼンチンタンゴ、ボールルームダンス、コンテンポラリーダンスの一流パフォーマーが勢ぞろいする前代未聞のプロジェクトは、立ち上がってから十年目をむかえています。
ジャンルよりも「ダンサー」いう大きなカテゴリーで出来ることを探す…という実験的プロジェクトは、バレエダンサーのお母様と社交ダンサーのお父様の間で育たれた西島さんだからこそ抱くことのできた発想なのかもしれません。

昨年はツアー公演まで行われ、西島さんの想いに賛同するダンサーたちが集いました。
大きなテーマは「絆・愛・復興・平和」。
そもそもこのプロジェクトは西島さんの東日本大震災被災地に寄せる想いが形になったものでした。
ジャパンダンスイノベーションの収益の一部は今も被災地に寄付され、西島さんご自身もチャリティー公演や募金活動をおこなっていらっしゃいます。
「踊ること」で世の中をどのように変えていけるか…挑み続けている西島さんとJDIに参加するダンサーの方々は、本当にカッコいいですね!

融合するとこんな楽しいことが!!!世の中を変える云々がなくとも単純に「楽しそう!」なのも魅力的ですよね。

JDIの活動経歴

2015年、4月旗揚げ公演「プレミアム・ダンスガラ」を上演。同年11月には「THE NIGHT OF PASSTION~情熱の夜~」と題したダンスエンターテイメントを富士山が見える淡島ホテルで上演されました。東京シティバレエ団プリンシパルの志賀育恵さんやブレイクダンス世界大会で優勝したPaniCrewのメインボーカル植木豪さん、アルゼンチンタンゴ世界選手権で日本人初の優勝者であるChizukoさんなどが参加され感動の一夜を生み出したといわれています。
2016年の9月に上演した「ドラマティック古事記」は、前出のダンサーたち以外に妻で女優の真矢みきさんも参加されました。

Super神話音楽劇「ドラマティック古事記~神々の愛の物語」

見事にオペラやバレエ、ヒップホップや日本舞踊がミックスされていますね。全く違和感を感じさせないことに驚きを感じます!
同年11月には昨年同様の一夜限りの「華麗な晩餐舞踏」が行われ、同年同月に「TOYOSU DANCE LIVE2016」が上演されました。
2017年は「ドラマティック古事記」の再演や淡島ホテルでの公演、豊洲での講演などを精力的に行われました。
2018年になると「SONG&DANCE」スーパーフレンズザ・ナイト オブ セッションを上演します。この乗船でアルゼンチンタンゴとバレエとの融合に成功された西島さんは、この年に「バレエとタンゴの華麗なる夜会」も上演しタンゴへの造詣を深めたと言われています。

2019年は志賀さんや植木さんに加え、BeatBuddyBoiのToyotakaさんがビートボックス、ヘッドスピン世界ギネス記録保持者・大野愛地さんがメンバーとして加わり、ツアー公演を行われました。神戸、宮崎、北九州の3公演には、男性ボーカルグループLE VELVETSの日野真一郎さんや女優で歌手の島田歌穂さん、ヴァイオリニストの川井郁子さんも参加されています。
2020年のコロナ禍においても、西島さんの活動はとまりません。映像を使ってできることを模索し、発信し続けていらっしゃいます。

JAPAN DANCE INNOVATION / 憂き世の足音~UKIYO NO ASHIOTO~

タップアーティスト、写真家、ヴァイオリニスト、ギター&ドラマー、ベーシスト、ピアニスト、そしてダンサーが生み出す世界は、ただただ息をのんで見つめてしまう映像ですね。

西島数博が開講したバレエスクール

西島さんのおばあさまはバレエスクールを開講されましたが、西島さんご自身はバレエスクールの開講はなさっていません。いくつかのバレエスクールに講師として精力的に赴かれています。

まとめ

「ダンサー」というカテゴリーすら西島さんには必要ないかもしれませんね。

関連記事