破天荒な少年時代?「孫GONG」のプロフィールや生い立ちを紹介!

ラッパー「孫GONG」のプロフィールを紹介いたします。家庭環境や生い立ちについて、刺青について、人物像や、これまでの活動やおすすめ曲などを紹介いたします。

ラッパーになるまでの軌跡

幼少期は親が親がヤクザの組長という家庭環境から、周囲からも距離を取られるという少年時代を送り、暴力的な行動へと走るように。

さらに、10代半ばには地元の先輩の影響で薬物を始め、ディーラーになるという経験もしたそうです。

そんな中16歳の頃には地元の先輩に感銘を受けてラップを始め、最初のライブでは400人程の客を盛り上げます。

その時に受けた衝撃や、「あの景色をもう一度見たい」という想いから、ラップを頑張るという気持ちも生まれ、10代の後半には先輩に誘われ「BACKBONE」というクルーが結成されます。

20代に入り、ラップを本気でやるという想いやクルーの影響、母親の存在もあってドラッグを断ち切るため、滋賀県の山奥に籠るという経験もしたそうです。

その後は、実費で地方へ自らが出向いて営業をし、ストリートな精神で横のつながりを地道に作り、各地で多くのプロップスを得ます。

後に、「ニート東京」での発言がバイラルになり、その後もジャパニーズマゲニーズでの活躍が注目されるなど、「続ける」ということの大切さを自らが体現し、現在でも全国的な知名度を誇る京都を代表するラッパーとして活躍し続けています。

孫GONGのデビュー曲

孫GONG / 花火 feat’ JAGGLA,紅桜 Prod. by TEAM2MVCH

2015年8月リリース。孫GONGの1stシングルで、現在も活躍中のユニット「ジャパニーズマゲニーズ」の相方であるラッパーJAGGLAや、同世代のラッパー紅桜がフィーチャーされています。

孫GONGのおすすめ曲

孫GONG / ありがとう prod. TEAM2MVCH

2018年リリース。アルバム『狂都』に収録された曲で、孫GONG自身の生い立ちやこれまでの過去を振り返るリリックと、胸を打つ「ありがとう」が心に染みる一曲です。

孫GONG / 帰り道 prod.TEAM2MVCH

2018年リリース。こちらもアルバム『狂都』に収録された曲で、自身も「好きな曲」と語る一曲です。

ジャパニーズマゲニーズ – REAL STONER feat.PERSIA & VIGORMAN

2019年リリース。上記でも触れた孫GONG&JAGGLAという関西を代表する2人のラッパーのユニット「ジャパニーズマゲニーズ」の1stアルバム『TRIP MASTER』に収録された一曲に、変態紳士クラブのVIGORMANやレゲエシーンでも有名なシンガーPERSIAがフィーチャーされた曲です。

おわりに

ラッパー孫GONGを紹介いたしました。中々に刺激の強い経験の持ち主ですが、そういったバックボーンがあるからこその「ありがとう」といった楽曲はとてもリリック重みがあり、そういった部分でもファンを魅了する力を持っているのだなと感じました。最近MVも公開されたジャパニーズマゲニーズ「Smoke Like Dipset」といった新曲もリリースされていますので、是非チェックしてみて下さい。

関連記事