ゆるふわギャング「NENE」のプロフィールとおすすめ楽曲10選

ゆるふわギャングのメンバー「NENE」のプロフィールとおすすめ曲10曲をご紹介いたします。NENEのソロプロフィールと、ゆるふわギャングのプロフィール・経歴等も合わせてご紹介していきます。

世界に通用する音楽性、キャラクター性、世界観を持つヒップホップユニット「ゆるふわギャング」のメンバーNENE。今回は彼女のプロフィールと、おすすめ曲10選を、ソロ楽曲、ゆるふわギャングでの曲と合わせてご紹介していきたいと思います!

  1. NENEのプロフィール
  2. NENEの経歴
  3. ゆるふわギャングとは?
  4. おすすめ楽曲10選
    1. 地獄絵図 feat. NIPPS
    2. 慈愛 / Jiai
    3. 名器 (feat. Awich)
    4. 群れたくない
    5. High Time feat. Ryugo Ishida
    6. Famous
    7. ゆるふわギャング – Dippin’ Shake
    8. ゆるふわギャング – FUCKIN CAR
    9. ゆるふわギャング – Sad But Good
    10. ゆるふわギャング – Palm Tree
  5. おわりに

NENEのプロフィール

NENEは1994年生まれ。東京都品川区出身。以前は「Sophiee」という名前で活動していたラッパーです。

現在はRyugo Ishida、プロデューサーのAutomaticらとヒップホップユニット「ゆるふわギャング」のメンバーとしても活躍し、日本を問わず海外でも注目されるアーティストです。

10代の前半でスペインやニューヨークへの渡航を経験。徐々にアメリカのカルチャーやヒップホップに魅了され、EMINEMの「Without me」や「Stan」などを聴いていたNENEはさらにヒップホップへとのめり込み、2016年4月にはフリーEPである『SALT』をリリース。

2017年12月6日には「NENE」と改名し、初のソロアルバム『NENE』をリリース。さらに2020年にはNippsやAwichiらが参加したEP『夢太郎』をリリースしています。

改名の理由

NENEと改名した理由については、Apple Music アルバムスタッフメモにて、

幼い頃からの愛称だったNENEに名義を変更したのは、彼女のよりパーソナルな面が表現されているからとのこと。Apple Music

とされており、より身近な存在感を抱けるような改名となったようです。

NENEの経歴

NENEとして

・2016年4月 フリーEP『SALT』をリリース。
・2017年12月 1stアルバム『NENE』をリリース。
・2020年7月 EP『夢太郎』をリリース。

ゆるふわギャングとして

・2017年8月 アルバム『Mars Ice House』をリリース。
・2018年7月 アルバム『Mars Ice House Ⅱ』をリリース。
・2019年3月 ゆるふわギャング & Ryan Hemsworth アルバム『CIRCUS CIRCUS』をリリース。
・2020年7月 ゆるふわギャング, ヘンタイカメラ❤️ & YOUTHEROCK★『GOA』をリリース。

ゆるふわギャングとは?

ゆるふわギャングはラッパーのRyugo Ishida、NENE、プロデューサーのAutomaticからなる、男女2MC&ビートメイカーという構成のヒップホップユニットです。

2016年に活動を開始し、ミュージックビデオの「Fuckin’ Car」はアメリカの超人気ダンスユニット”Major Lazor”のDiploにツイートされ、世界的に有名になるというスタートダッシュを切っています。さらに、その後アルバムをリリースするための資金集めで行われたクラウドファンディングでは、目標額の4.57倍にあたる資金を集め、多くの人々から注目を集めています。

2017年4月にはファースト・アルバム『Mars Ice House』をリリース。2018年7月には2ndアルバム『Mars Ice House 2』をリリース。

時にはユーモラスに、時には毒々しく、時にはサイケデリックに、オリジナリティあるサウンドと奇抜なヴィジュアルが人々に共有され、日本だけでなく、海外でも注目されるユニットです。

次ページではおすすめ曲10選をご紹介していきます!

関連記事