7色のチャクラについて解説!それぞれの特徴や高め方も

チャクラとは何のことでしょう?ここでは第1チャクラから第7チャクラまでをまで、それぞれの意味や働きをひとつずつ説明していきます。

チャクラとは体や心の調和につながる7つの点のこと。ヨガや仏教の教えでもよく使われ、チャクラを整えることで人間の本来持つポジティブなパワーやエネルギーが生み出されるとされています。

  1. チャクラとは
  2. 第1チャクラ(ムーラダーラ)
  3. 第2チャクラ(スワーディシュターナ)
  4. 第3チャクラ(マニプーラ)
  5. 第4チャクラ(アナーハタ)
  6. 第5チャクラ(ヴィシュッダ)
  7. 第6チャクラ(アージュニャー)
  8. 第7チャクラ(サハスラーラ)

チャクラとは

チャクラとは、サンスクリット語で円や円盤、車輪を表し、気やエネルギーの出入りする7つの点のことを言います。

東洋医学では、人間の身体の中心には背骨に沿うようにして気の通り道があるとされ、そのライン上に存在する7つの点が、チャクラと言われます。チャクラでは、人間の身体に宿る精神的なエネルギーが肉体と統合され、見えないエネルギーが肉体とつながると言われています。

チャクラは、ヨガや瞑想、他にも東洋医学的なヒーリングを受けるにあたってとても重要視され、チャクラに意識を集中し、チャクラを開くことで、体外から良いエネルギーや気を取り入れることができ、体が活性化され心身ともに健康になるのです。

人間の身体には、主要なチャクラが7つあるとされています。
それぞれのチャクラには異なった役割があり、第1から第5のチャクラは肉体、第6のチャクラは精神、第7のチャクラは霊性や宇宙意識に関係しているとされています。

第1チャクラ(ムーラダーラ)


第1チャクラは生殖器と肛門の間、会陰部にあり、副腎や骨、骨格に影響します。「ムーラダーラ」とは、サンスクリット語で「根を支える」という意味があり、心身の安定感や生きる力、自然治癒力など人間の根本的な力に関係してきます。

チャクラの高め方

第1チャクラを高めるには、地面や砂浜をはだしで歩いたり、自然の中をハイキングしたり、外でお昼寝したりし大地とつながる感覚を感じましょう。 ガーデニングをしたり、農業に携わったり、体に良い自然な食べ物を食べることも効果があります。アロマテラピーではベースノートに分類されるものや「根」からとれるパチュリやベチバー、パワーストーンは茶色、灰色、黒、赤などの土色を選ぶと良いです。

第2チャクラ(スワーディシュターナ)


第2チャクラは性のチャクラと言われており、丹田(へそ下約10cm)にあります。生殖器や膀胱に影響するチャクラです。情緒のバランスや、喜び、セクシャリティに関連しています。また、ここを活性化することで隠された創造性を発揮することもできます。

チャクラの高め方

第2チャクラは、生きる喜びや魅力に関係します。それらを高めるためには、瞑想やアファメーション、アロマテラピーが効果的です。瞑想では体がオレンジ色の光に包まれるのを感じながら、アファメーションでは「私は魅力的です」など肯定的かつ具体的な言葉を唱えながら、行ってみましょう。アロマテラピーではジャスミンやローズなどの香りに効果があります。

第3チャクラ(マニプーラ)


第3チャクラは、へそとみぞおちの間にあり、消化器系や筋肉に関係します。「マニプーラ」とは「光る宝石」を意味します。第1、2チャクラはより物質的なものであったのに対し、第3チャクラではより自分の内面とつながり、高次の次元につなげていくポイントとなります。

チャクラの高め方

第3チャクラを開くことにより自尊の念が高まり、責任感が増し、意志、意欲が強くなります。そんな第3チャクラを開くには、何でも他人のせいにせず、未来やいい結果は自分で作り出すというマインドを持つことです。パワーストーンが効果的。サンストーンや琥珀、イエローシトリンなどを普段から身につけておくと良いでしょう。

第4チャクラ(アナーハタ)


第4チャクラはハートチャクラと呼ばれ、両胸の間にあります。心臓や肺、循環器に関係しています。他人や自分の外にも目を向けられるようになるチャクラで、愛情や思いやり、友情、人の温もりや共感などを高めます。

チャクラの高め方

第4チャクラを高まると、自分は愛される価値があると感じ、自己愛が芽生え精神が安定します。さらに他人に対する無条件の愛を与えることができるようになり、器が広くなります。そんな第4チャクラを高める為には、排他主義にならないことです。こうでないと愛されないとか、評価されるにはこうでないといけないという方寄った思考は、宇宙とのつながりからあなたを遠ざけてしまいます。自分と他人を切り離して優越感を味わうのではなく、様々な事象を包括的に見れるよう努力をしましょう。ローズやベルガモットなどのアロマや、ローズクォーツやウォーターメロントルマリンなど緑やピンク色のパワーストーンを持ち歩くことも効果的です。

第5チャクラ(ヴィシュッダ)


第5チャクラは喉仏の下にあり、喉のチャクラと呼ばれます。喉、甲状腺、副甲状腺、気管支に関係していて、ここを活性化することで学ぶことや教えること、交渉や議論などの能力を高められるとされています。

チャクラの高め方

第5のチャクラを高めるには、愛のない表現から距離を置くことです。人の悪口や悪い噂、人の不幸を嬉しがる集団から離れることで、ネガティブエネルギーへの同調を避けることが出来ます。パワーストーンはブルートルマリンやアクアマリンなどのブルー系、アロマはカモミールを使用すると良いでしょう。

第6チャクラ(アージュニャー)


第6チャクラは眉間の間に位置し、目や神経系、直感、感覚、知恵などに関係します。ここは「第3の目」とも呼ばれており「ビジョン」を象徴し、見た目や体裁にとらわれず物事の本質を知る力が宿っています。冷静に物事を見たり、分析したり、将来の出来事を予測したりするときに役に立つチャクラです。

チャクラの高め方

第6チャクラの働きを高めるには、感情や感覚を無視しないことが大切。左脳ばかリに頼っていると、支配的で完璧主義に陥り、逆に物事がうまくいかなくなってしまいます。そんな時、右脳で感じる感性や感情、目に見えない事実などに目を向けて、バランスよく調和させることが大切です。アロマではローズマリー、パワーストーンは青紫や藍色系のカルサイトや紫フローライトに効果があります。

第7チャクラ(サハスラーラ)


第7チャクラはクラウンチャクラと言われ、頭の頂点にあります。脳や霊性、直感や宇宙意識に関係しています。高まると宇宙や神との一体感、つながりを感じることが出来、最も高次なスピリチュアルとつながる部分でもあります。

チャクラの高め方

第7チャクラを開くには、自己中心的な考えを持たないことです。物質的な成功や名誉を求めて行動を続けてしまうと、宇宙の流れに気づかずいつまでたっても不足感や悲壮感を感じ、満たされることはありません。たまには肩の力を抜いて、宇宙の流れに身を任せるように他人や起こった出来事を信頼してみましょう。アロマではフランキンセンス、パワーストーンは白や透明のパワーストーンがおすすめです。

最後に

人間の体が持つ7つのチャクラとそれぞれのチャクラが果たす役割について、詳しく分かりましたか?チャクラを整えることにより、悪い気を追い払い、いい気を取り入れることが出来ます。あなたもヨガや瞑想を行って、自分自身のチャクラに意識を集中させてみましょう。全身が徐々に浄化され、心や体が軽くなる感覚を感じることが出来ますよ。

関連記事