新アルバムがリリース前に流出?ラッパー「トリッピー・レッド」を紹介

USの最前線で活躍するラッパー「トリッピー・レッド」が注目を浴びたエピソードを紹介。アルバムがリリース前に流出した話や、話題のスニーカーを着用して注目を浴びた話なども紹介します。

オンラインを軸に活躍の場を広げ、USメインストリームの前線に立つラッパー「トリッピー・レッド」を紹介します。

トリッピー・レッドが今注目を集めるエピソードや、これまでに起こしたビーフ(アーティスト間の論争)など気になる話題をピックアップしてお届け!

また、是非聴いておきたい名曲5選も合わせて紹介いたします!

  1. トリッピー・レッドのプロフィール
  2. トリッピー・レッドの経歴
  3. これまでのトリッピー・レッド
    1. これまでに起きたビーフ(アーティスト間の論争)
    2. 物議を醸す「サタンシューズ」を着用
    3. リリース前にアルバムが流出?
  4. トリッピー・レッドの名曲5選
    1. Dark Knight Dummo ft. Travis Scott
    2. Love Scars
    3. I Kill People Feat. Tadoe & Chief Keef
    4. POLES1469 ft. 6IX9INE
    5. XXXTENTACION – Fuck Love feat. Trippie Redd

トリッピー・レッドのプロフィール

トリッピー・レッド(Trippie Redd)は、本名マイケル・ラマー・ホワイト4世(Michael Lamar White IV)1999年生まれ。オハイオ州カントン出身のラッパーです。

エモ・ラップやトラップ、パンクやメタルの要素などの特徴があるラップスタイルを確立しており、「Dark Knight Dummo」、「Poles1469」、「Love Scars」などの楽曲で有名です。

2018年にデビューアルバム『Life’s a Trip』をリリースし、2019年のミックステープ『A Love Letter to You 4』や2020年のアルバム『Pegasus』は、ビルボードチャートの上位を獲得しています。

トリッピー・レッドの経歴

・Lil Taeという名前で活動していたラッパーに影響を受けラップ開始。
・2014年に「Sub-Zero」、「New Ferrari」という楽曲をリリース。(現在は削除)
・2017年デビューミックステープ『A Love Letter to You』をリリース。
・XXXTENTACIONとのコラボ曲「Fuck Love」で、Billboard Hot 100で28位を獲得。
・2017年10月2ndのミックステープ『A Love Letter to You 2』をリリース。
・2018年8月10日デビューアルバム『Life’s a Trip』をリリース。ビルボードアルバムチャートで4位を獲得。
・2019年8月9日セカンドアルバム『!』をリリース。ビルボードアルバムチャートで初登場3位を獲得。
・2020年10月30日サードアルバム『Pegasus』をリリース。ビルボードアルバムチャートでは2位を記録。
・2021年2月19日『Pegasus』のデラックス版『Neon Shark vs Pegasus』をリリース。

これまでのトリッピー・レッド

これまでに起きたビーフ(アーティスト間の論争)

6ix9ineとのビーフ

トリッピー・レッドは、2017年に小児性愛者の疑惑が浮上した6ix9ineを非難し、対立関係となりました。

その後トリッピー・レッドがニューヨークのホテルで襲われ、6ix9ineの関与があると取りざたされます。

2018年5月には、ラッパーのTadoeとChief Keefらと6ix9ineへのディス曲「I Kill People」をリリースしています。

また、6ix9ineは「トリッピー・レッドが未成年だったラッパーBhad Bhabieと性的関係を持った」と告発したことも話題になりました。

XXXTentacionとのビーフ

トリッピー・レッドとXXXTentacionは、カナダのラッパードレイクとの関係から縺れが生じ、対立しました。

その後XXXTentacionが、トリッピー・レッドとビーフ関係にあった6ix9ineと交流を深めるなどの出来事により関係はさらに悪化。

さらにXXXTentacionはトリッピー・レッドに対し「フロリダ州に入ろうとしたら暴行する」と宣言するなど、対立は続きました。

しかし、その後は和解しており、トリッピー・レッドはXXXTentacionが亡くなった際に追悼のコメントも出しています。

物議を醸す「サタンシューズ」を着用

トリッピー・レッドは、アメリカで物議を醸したシューズ「サタンシューズ」を着用したことで話題になりました。

サタンシューズとは、アトランタ出身のラッパー「リル・ナズX」と、アメリカ・ブルックリンのアートコレクティブ「MSCHF」のコラボスニーカーです。通称「Air Max 97 “Satan Shoes”」。

サタンシューズには「666」の印字や、本物の人間の血が混ざった液体がエアユニットに入っているなど、過激なデザインが施されています。

ナイキ非公認のカスタムシューズであるため、ナイキ側は商標権侵害や不正競争行為などで告訴。「物議を醸したシューズ」として話題になりました。

トリッピー・レッドは以前にも「逆十字」や「666」があしらわれたシューズを披露していたため、「悪魔崇拝者なのでは?」と注目を集めています。

リリース前にアルバムが流出?

2020年にリリースされたアルバム『Pegasus』のデラックス版としてリリースされた『Neon Shark vs. Pegasus』。

リリース前には音楽配信サービス「TIDAL」でアルバムが流出。瞬時の内に削除されたそうですが、一部のユーザーが即座に楽曲をリッピング。SNSでシェアされる事態に見舞われました。

これを受けて、「曲を持っているユーザーがまた配信してしまうんじゃないか。厄介だ」と非公式の配信を懸念するファンのツイートもみられました。

そんなトラブルも起こった本作品ですが、2月19日に正式にリリースされています。

トリッピー・レッドの名曲5選

Dark Knight Dummo ft. Travis Scott

2017年リリース。アルバム『Life’s a Trip』に収録。テキサス州ヒューストン出身のラッパーTravis Scottをフィーチャーした一曲で、トリッピー・レッドがリード・アーティストとして初めてビルボード・ホット100にチャートインした曲でもあります。ゾンビ映画さながらのMVは迫力があります。

Love Scars

2017年リリース。2017年の『White Room Project』という作品に収録されている曲で、友人たちが「スーパーメトロイド」のサンプルを演奏したことがきっかけとなり出来上がった曲なのだそうです。

I Kill People Feat. Tadoe & Chief Keef

2018年リリース。ラッパー6ix9ineへ向けたディスソングとしてよく知られた曲です。6ix9ineと同じく対立関係にあったシカゴのラッパーChief Keefや、その従兄弟であるTadoeもまた参加している曲です。

POLES1469 ft. 6IX9INE

2017年リリース。6ix9ineと対立関係になる以前。また、「I Kill People」以前にリリースされたコラボ曲で、トリッピーレッドの楽曲中でも特に有名な曲です。「POLES=銃」「14=オハイオ州」「69=6ix9ine」に由来した曲名なのだそうです。

XXXTENTACION – Fuck Love feat. Trippie Redd

2018年リリース。XXXテンタシオンのアルバム『17』に収録。ビルボードホット100チャートでは28位を記録し、SoundCloudでは2億600万回のストリームを記録した大ヒットソングです。

おわりに

トリッピー・レッドについて紹介しました。XXXテンタシオンとはビーフを起こしながらも「親友」ともいえる間柄だそうで、あるインタビューでも「彼を尊敬している」と言っていました。最近は若くして亡くなるラッパーが多いので、トリッピー・レッドも身の安全に気を付けて欲しいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事