グラミー賞15冠!21世紀の歌姫「アリシア・キーズ」の名曲15選

2000年代より多くの名曲を世に残してきたシンガー「アリシア・キーズ」の名曲を15曲厳選して紹介します。デビュー当時の曲から最新アルバムの曲まで、アリシア・キーズのヒット曲を知りたい方におすすめです。

2000年代アメリカの音楽シーンには欠かせない歌姫の一人「アリシア・キーズ」。

数多くの名曲を残しているアリシアですが、今回はそんな彼女の名曲を15曲に厳選して紹介します!

アリシア・キーズのヒット曲は、有名曲を知りたい方はぜひ見ていってください、

  1. アリシア・キーズのプロフィール
  2. アリシア・キーズの名曲15選
    1. No One
    2. Girl on Fire
    3. If I Ain’t Got You
    4. Fallin’
    5. Try Sleeping with a Broken Heart
    6. Un-thinkable (I’m Ready)
    7. A Woman’s Worth
    8. You Don’t Know My Name
    9. Superwoman
    10. Like You’ll Never See Me Again
    11. Underdog
    12. Doesn’t Mean Anything
    13. Brand New Me
    14. It’s On Again (from The Amazing Spider-Man 2) ft. Kendrick Lamar
    15. Karma

アリシア・キーズのプロフィール

アリシア・キーズ(Alicia Keys)は、本名アリシア・オージェロ・クック(Alicia Augello Cook)。1981年1月25日生まれ。ニューヨーク出身のシンガーソングライター/ピアニスト。

これまでに、「グラミー賞15冠」「約4000万枚のアルバムセールス」「60億を超える音楽の再生回数」など、数多くの功績を残している世界的な歌姫です。

楽曲「Fallin’」のヒットを皮切りに世界的に有名になり、「You Don’t Know My Name」、「If I Ain’t Got You」、「Diary」など、2000年代を代表する名曲を数々生み出しました。

デビュー作『Songs in A Minor』では、5つのグラミー賞を獲得。その後リリースされたアルバム『The Diary of Alicia Keys』(2003年)、『As I Am』(2007年)、『The Element of Freedom』(2009年)、『Girl on Fire』(2012年)、『Here』(2016年)も、ビルボード200チャートでは1位・2位を獲得する偉業を成し遂げています。

また、2020年には前作からおよそ3年半ぶりとなる、セルフタイトルアルバム『Alicia』をリリース。胸を打つメッセージ性や、多彩な音楽性は現在も健在であり、今後の活動にも注目の集まるミュージシャンです。

アリシア・キーズの名曲15選

No One

2007年リリース。アリシアの3枚目のアルバム『As I Am』に収録された曲で、アルバムのリードシングルとしてもリリースされた曲です。アリシア・キーズの代表曲とも言えるこの曲は、ビルボードホット100チャートで5週連続の1位を獲得。2000年代を代表する名曲でもあります。

Girl on Fire

2012年リリース。同タイトルで5枚目のアルバム『Girl on Fire』に収録された曲です。この曲は息子であるエジプトの出産や、夫のスウィズ・ビーツと結婚に触発されてできた曲なのだそうです。日本版のミュージックビデオもあり、そちらはフォトグラファーの蜷川実花さんが撮り下ろしています。

アリシア・キーズ×蜷川実花 「ガール・オン・ファイア」

If I Ain’t Got You

2003年リリース。アルバム『The Diary of Alicia Keys』に収録。この曲は、2001年のアリーヤの訃報、9.11のテロなどを受けて「how material things don’t feed the soul(物質的なものが魂を養わないこと)」をテーマとして歌われた曲なのだそうです。サウンドもさることながら、リリックも合わせて聴きたい曲です。

Fallin’

2001年リリース。デビューアルバム『Songs in A Minor』に収録。アリシアの最初のヒットソングとしても名高い一曲で、ビルボードからは「2000年代で最も成功した曲」の中にも入れられています。

Try Sleeping with a Broken Heart

2009年リリース。アルバム『The Element of Freedom』に収録。アルバムからのセカンドシングルとしてリリースされたこの曲は、モダンな雰囲気もあるR&Bバラードソングで、アルバム中でも人気の高い曲です。

Un-thinkable (I’m Ready)

2010年リリース。アルバム『The Element of Freedom』に収録。2007年リリースの「Like You’ll Never See Me Again」以来のアメリカR&Bチャートで一位を獲得した曲です。バックボーカルに、カナダのラッパードレイクが参加しています。

A Woman’s Worth

2001年リリース。デビュー作『Songs in A Minor』に収録。アルバムのセカンドシングルとしてリリースされたこの曲のMVは、2002年の「MTVビデオ・ミュージック・アワードで最優秀R&Bビデオ賞」と「最優秀撮影賞」にノミネートされています。

You Don’t Know My Name

2003年リリース。アルバム『The Diary of Alicia Keys』に収録。ラッパーのカニエ・ウェストもプロデュースに参加した一曲です。この曲はThe Main Ingredientの1975年の曲「Let Me Prove My Love to You」が元ネタとなっています。

Superwoman

2008年リリース。サードアルバム『As I Am』に収録された曲で、アルバム4枚目のシングルとしてリリースされた曲です。この曲は2009年のグラミー賞で、「最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞」を受賞した曲でもあります。

Like You’ll Never See Me Again

2007年リリース。「Superwoman」と同じく、サードアルバム『As I Am』に収録された曲です。アメリカのR&B/ヒップホップソングチャートでは、7週間トップをキープしたことで、「No One」の記録を抜いた曲でもあります。

Underdog

2020年リリース。アルバム『Alicia』に収録。「困難な状況にあっても立ち上がること」を訴えかける曲で、「UNDERDOG(敗北者)」という一見ネガティブな名前の曲ですが、「過小評価されても挑戦し、期待以上の結果を出す人」というポジティブな解釈をした曲なのだそうです。

Doesn’t Mean Anything

2009年リリース。アルバム『The Element of Freedom』に収録。アリシアはこの曲について想いをこう述べています。

あなたはすべてのものを手に入れることを夢見て、すべての場所に行くことを夢見ている。でも、そこにいてほしい人が一緒にいなければ、それをすること、それを持つことに何の意味があるの?ALICIA KEYS TO RELEASE THE ELEMENT OF FREEDOM IN DECEMBER

Brand New Me

2012年リリース。アルバム『Girl on Fire』に収録。静かで柔らかなバラードで、自身の自叙伝だとする一曲です。自分の成長、新たな自分へ向かうことを歌ったエモーショナルな曲です。

It’s On Again (from The Amazing Spider-Man 2) ft. Kendrick Lamar

2014年リリース。2014年の映画『アメイジング・スパイダーマン2』のサウンドトラックに収録されています。映画のエンディング曲として使用された一曲です。制作陣にはファレル・ウィリアムスもクレジットされています。

Karma

2004年リリース。アルバム『The Diary of Alicia Keys』に収録。ヒップホップサウンドも感じるこの曲のMVは、2005年のMTVビデオ・ミュージック・アワードにて「最優秀R&Bビデオ賞」も受賞しています。

おわりに

アリシア・キーズの名曲を紹介しました。前半の数曲は聞き覚えのある方も多かったのではないでしょうか?それほどに多大な影響力・知名度を持っているアーティストで、今改めて聴いても胸を打つ曲ばかりでした。

アルバムだけで言えば全部で7作品リリースされているので、また気になった作品はぜひ聴いてみて欲しいと思います!

関連記事