名取寛人インスタグラム

バレエダンサーから塩職人へ?名取寛人のプロフィールを紹介!

名取寛人ってどんな人?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。すべての枠を超えた表現者であるこの方は、まさに!これからの時代を、この変化の時代を照らす人。こちらでは、そんな名取さんをじっくりご紹介致します。

  1. 名取寛人のプロフィール
  2. 名取寛人の経歴
  3. バレエダンサーから塩職人へ!
  4. 名取寛人のオフィシャルブログ
  5. まとめ

名取寛人のプロフィール

名取寛人(なとりひろと)

生年月日:1968年10月12日
出身地:埼玉県

一見ごく普通の男性。ややワイルドでカッコいいですが、この方がバレエダンサー?と思ってしまいますよね。
踊る姿がこちらです!

羽をまき散らしながら男性が女性の衣装でバレエを踊る…というコミカル感にまずは目を奪われてしまいますが、そのおもしろさを堪能した後に、もう一度じっくり動画をご覧になってください。
しなやかな腕の動き、女性のバレエダンサーが履く「ポワント」というつま先が尖ったシューズを履いて細かく足を動かすパドブレという動きの繊細さ。「バレエ」のスキルがかなり高いことが分かって頂けるはずです。

それもそのはず、名取さんは世界的に有名な男性だけのカンパニー「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」に初の日本人メンバーとして入団を許されたダンサー。
トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団は、「バレエほどに楽しくて素晴らしいものを、多くの人が観ないなんてもったいない!」というバレエ愛の強いダンサーたちによって旗揚げされたバレエ団なので、公演のすべてが、先にご紹介した動画のように「笑ってしまう」もの。でも、バレエの美しさを完全に損なうことは許さないバレエ団でもあるため、バレエスキルが高いダンサーでなければ入団は許されません。

くすっと笑ってしまう瞬間もありますが、目を見張るほど美しい動きのこともあり「面白さ」と「バレエの美しさ」を両方しっかり味わうことのできるのがトロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団の魅力です。
名取さんの魅力は、「ダンサー」としての魅力にはとどまりません。

トランスジェンダーである名取さんは、ご自身の経験や感情を文章で表現する才能にも恵まれています。女性として生まれ、男性としての魂を持っていた名取さんは、いわゆるトランスジェンダー。苦悩のさまや、前を向いて生きていく姿をご自身でつづった本作は、今や、中学生の教科書にも掲載されています。
名取さんにとって大切なのは、「性別」ではなく「どう表現するか」ということ。

確かに、「性別」も「年齢」も何もかもを超越して「踊ること」「生きること」の意味を見る者に問いかけているような気がしますね。

名取寛人の経歴

1968年:埼玉県で誕生
1986年:18歳でスタントマンになるために上京
1990年:22歳でセクシーアイドルのプロダクションを経営
1995年:25歳の時、ショーレストラン六本木金魚と出会いショーダンサーに戻る
1998年:28歳で単身渡米し、バレエをはじめる。ジャン・ミラー氏に師事
2000年:30歳の時に世界的に有名な男性だけのカンパニー「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」に入団
2009年:日本に帰国し、バレエ講師をしながら、子供も大人も、プロもアマチュアも参加し表現できる舞台ヒロトズショー(自分で主催、演出、出演する舞台)を立ち上げる
2013年:「徹子の部屋」に出演
2015年:バレエスタジオ N ballet artsを設立
2018年:自身の半生を綴った「スカートはかなきゃダメですか」を理論社より出版。好評を得る。同年、埼玉県の観光大使に
2020年:10回目のヒロトズショー「天照道成舞降〜あまてらすのみちなるまいのくだり〜」のNY公演が実現
凄い経歴!ではありますが、驚くことに、名取さんは、2020年のNY公演後、神道発祥の地で「神々が宿る島」と呼ばれる壱岐島に移住!そしてそこで塩作りをはじめるのです。

バレエダンサーから塩職人へ!

「天照道成舞降〜あまてらすのみちなるまいのくだり〜」で神道発祥の地で「神々が宿る島」と呼ばれる壱岐島に訪れ、壱岐島に魅せられた名取さんは、壱岐島で塩を作る職人となることを決意します。名取さんが作られる天然塩は、精製塩が99%以上塩化ナトリウム(塩分)で他のミネラルをほとんど含まないのに対し、海水を元にしているのでカリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを豊富に含んでいるんです。ミネラルは、基礎代謝をあげたり骨や歯を丈夫にするという効果だけでなく、血圧を調整したり、血糖値のバランスをとるという効果もあるんですって!購入してみたいとお思いの方はオンラインストア(https://kamishio.stores.jp)をチェックしてみてください。

名取寛人のオフィシャルブログ

名取さんのような根っからの「表現者」は、現在のコロナ禍をどのようにとらえているのでしょうか。
名取さんは、このコロナ禍を「ご自身がNYから帰ってきから11年間ずっと変だと思っていた日本のエンタメや芸術の世界が、変わる時だ」と考えているんです!オンラインレッスンなども積極的に取り入れながら大自然の中で悠々と暮らす名取さんの姿は、今の私たちに様々なことを教えてくれます。
名取さんのブログはこちら。
公式サイト

まとめ

名取さんは今、『名取寛人と行く「壱岐島リトリートツアー」』など楽しいことをたくさん計画中です。ブログやインスタでチェックしてみてくださいね!

関連記事