今さら聞けないシティ・ポップとは?海外で人気な理由

今海外で注目を浴び、人気に再び火のついた70~80年代の日本を象徴するシティ・ポップ。今回は人気となった理由やおすすめの楽曲をご紹介していきます!

Saint Pepsi氏によりフーチャー・ファンクされ、海外での人気が高まり再評価されました。

DOWN TOWN

「DOWN TOWN」は山下達郎、大貫妙子、村松邦男が中心となって結成したグループ「シュガーベイブ」が1975年に発表しました。

短い活動期間ながらも、70年代のシティ・ポップを語る上では外せない1曲です。

STAY TUNE

「STAY TUNE」はロックバンド「Suchmos」が2016年に発表した楽曲です。

Suchmosは新しい音楽でありながらどこか懐かしい感じを醸し出していて、現代シティ・ポップブームの牽引役といえます。

CAN YOU FEEL IT

「CAN YOU FEEL IT」は「Yogee New Waves(ヨギー・ニュー・ウェーブス)」が2018年に発表した楽曲です。

日本語ロックの流れを強く受け継いでいるバンドで、往年のシティ・ポップファンからの評価も高くなっています。
楽曲はポカリスウェットのキャンペーンソングとしても使われました。

明るい未来

「明るい未来」はシティ・ポップバンド「never young beach」が2016年にリリースしたアルバムに収録されている楽曲です。

楽曲は口コミを中心に広まり、発表から5年経った2021年に麒麟のCMで使用されました。現代シティ・ポップを語る上では外せないバンドになります。

結び

日本で70~80年代に人気を博したシティ・ポップ。YoutubeやSNSの発展により、今世界の人から注目され、再び評価されています。

当時の楽曲を掘り起こせば懐かしさを感じることができますし、現代のシティ・ポップを聞くと新しい発見につながります。

これを機にシティ・ポップの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

関連記事