ダンス歴10年以上のYouTuberが難ダンスに挑戦!?【ヴォーギング/カポエイラ/シカゴフットワーク…】

ヒップホップダンス歴10年以上の「意外に踊れる!?YouTuber」KANANOAちゃんが、豪華な講師を迎えて未経験のダンスジャンルに挑戦した動画が話題!名付けて!「KANANOAの知らないダンスの世界」。(レポート:石原ヒサヨシ(ダンスク!))

ヴォーキング

まず1つ目は、お馴染みのハウスダンサーSHUHOさんによる「ヴォーギング」
ファッション雑誌『ヴォーグ』の芸術的ポーズからヒントを得て作られ、マドンナがMVで流行させたこのダンス。
実はマスターするにはいくつかのパターンと法則があるんですね〜。
その辺をSHUHOさんがわかりやすくレクチャーしてくれています。意外に早くビシッと決めることができて、KANANOAも楽しそう!?

シカゴフットワーク

続いてもSHUHOさんによる「シカゴフットワーク」。GENERATIONSの小森隼が取り入れていることで有名ですよね!

BPM160以上のビートに合わせて踊るフットワーク中心のダンスなので、とにかく速い!KANANOAは果たしてついてこれるのか?
そしてSHUHOさんが繰り出す高速ステップの異常な速さにも注目です!

カポエイラ

そして、講師をTac Ikedaさんに変え、ブラジルの「踊る格闘技」カポエイラヘ!
ブレイクダンスのルーツにもなったという激しい動きで、アクロバット要素がグッと上がってきました。KANANOAは悪戦苦闘しつつも、意外なセンスを発揮したようです!?





>>後半はブレイキンとロボットダンス!

関連記事