全英チャートで9週連続1位を記録!アン・マリー(Anne-Marie)を紹介!

アン・マリー(Anne-Marie)は、数々のアーティストとヒット曲を生み出し続けているシンガーソングライター。実は音楽だけでなく、さまざまな分野で才能を開花させていました。彼女のプロフィールや、おすすめ楽曲などをご紹介します。

エド・シーランやクリーン・バンディットなど、名だたるアーティストのコラボで一気に人気を集めたアン・マリー。今回は彼女のプロフィールをご紹介するとともに、デビューから最新までのおすすめ曲をピックアップしました!

  1. アン・マリーのプロフィール
  2. アン・マリーの受賞経歴を紹介!
  3. アン・マリーの名曲10選

アン・マリーのプロフィール

アン・マリーは、イギリス・エセックス州出身のシンガーソングライター。1991年4月7日生まれで、本名はアン=マリー・ローズ・ニコルソンです。

2歳のときから、スクールに入って歌やダンスを学んでいました。世界的に有名なミュージカル「レ・ミゼラブル」や「ウエスト・エンド」で、役を得た経験を持つ実力者。さらに9歳から空手をはじめて、国際チャンピオンにも輝いています。

多才な彼女ですが、2013年のデモテープをきっかけに注目が集まって歌の道へと進みました。そして、2015年7月に『Karate』でデビュー。翌年『Alarm』が世界的な大ヒットを記録し、一躍有名人となりました。

それからソロ活動と並行して、さまざまなアーティストの楽曲にゲスト出演します。イギリスのバンド、ルディメンタルを皮切りにクリーン・バンディット、マシュメロ、エド・シーランなど名だたるアーティストとコラボ。

なかでもクリーン・バンディットとコラボした『Rockabye』は、全英チャートで9週連続1位というメガヒットになりました。

アン・マリーのSNSアカウント

公式インスタグラム Instagramアカウント
公式ツイッター Twitterアカウント
公式YouTube YouTubeチャンネル

アン・マリーの受賞経歴を紹介!

2016年

イギリスのチャリティ団体が主催する「シルバークレフ賞」で、英国新人最優秀賞を受賞。MTV UKでは、これからの活躍が期待される新人アーティストとして「MTV Brand New For 2016」に輝きました。

2017年

イギリスのグラミー賞といわれる「ブリット・アワード」で、4部門にノミネートされました。ブリット・アワードでは、その後2019年までに9回もノミネートされています。

2018年

日本で行われるミュージックビデオの祭典「MTV Video Music Awards Japan」で、最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞を受賞。

2019年

イギリスの「グローバルアワード」で、ベストポップ賞を獲得。

アン・マリーの名曲10選

アン・マリーのソロ楽曲

Karate

2015年にリリースされた、アン・マリーのデビュー曲です。MVでは曲名の通り、アン・マリー自身が空手を披露しています。

Alarm

2016年に発表され、アン・マリーの人気に火をつけた楽曲。危険な恋にのめりこんでしまう女性の曲で、MVも刺激的です。

Ciao Adios

2017年リリース。「Ciao」はイタリア語、「Adios」はスペイン語でさようならという意味です。タイトルの通り浮気した彼氏に別れを告げる歌ですが、ラテン調のサビは聴いていて気持ちがいいですよ。

Perfect To Me

2018年に公開されました。完璧じゃなくても自分を愛し、自由に生きようというメッセージ性の強い曲です。「高級な服よりもラクな服が好き」、「思ったことはすぐに口に出しちゃう」という等身大のアン・マリーの姿が歌詞に落とし込まれています。

2002

公私ともに仲がいいというエド・シーランと作った、2018年の楽曲です。イン・シンクやビヨンセなど、2002年当時に流行った曲の要素が詰まっています。この世代の洋曲に詳しい人は、要チェックですよ!

Birthday

2020年リリース。「自分の誕生日」を思いきり祝い、楽しむバースデーソングです。アン・マリーが楽しそうに踊る、キュートなMVは見ていてテンションが上がります!

ほかのアーティストとのコラボ楽曲

Rockabye

クリーン・バンディット、ショーン・ポールと共演した、2016年の曲です。ラテン調のエレクトロ・ポップは、全英チャートで9週連続トップという快挙を成し遂げました。

Friends

2018年リリース。マシュメロとコラボした楽曲で、ギターの音が独特な雰囲気を醸し出すダンスチューンです。世界各国でヒットチャート上位に入り、日本でも大人気となりました。

Don’t Play

KSIとDigital Farm Animalsをゲストに迎え、2021年に発表されました。アップテンポでノりやすい、クラブミュージックです。イギリスのヒットチャートでは、2位を記録しました。

Kiss My(Uh-Oh)

2021年リリース。イギリスの大人気ガールズグループ、リトル・ミックスとコラボした楽曲です。女性の本音が詰まった歌詞を、パワフルに歌い上げています。

まとめ

高い歌唱力はもちろん、さまざまなアーティストと名曲を生み出す変幻自在な表現力がアン・マリーの魅力。公式YouTubeでは空手の練習や、曲のアレンジバージョンもアップされています!気になる楽曲とあわせて、チェックしてみてくださいね。

関連記事