平成のレジェンド女性グループ!Spice Girls(スパイス・ガールズ)を紹介!

Spice Girls(スパイス・ガールズ)といえば、1996年にリリースした『Wannabe』で世界的ヒットを記録した女性グループです。今回はそんなレジェンドグループのメンバーや、おすすめ楽曲をご紹介します。

1996年に『Wannabe』で世界中にその名が知られたSpice Girls(スパイス・ガールズ)。今回は、現在もなお各国で愛されている女性グループの魅力に迫ります。メンバー紹介や代表曲『Wannabe』について、さらにその他のおすすめ楽曲もご紹介します!

  1. スパイス・ガールズのプロフィール
  2. スパイス・ガールズの代表曲『Wannabe』
  3. スパイス・ガールズ『Wannabe』以外の名曲5選

スパイス・ガールズのプロフィール

スパイス・ガールズは、1994年に結成されたイギリスの女性グループです。楽曲のすばらしさはもちろんですが、個性豊かなメンバーも人気の秘訣。そこでここでは、メンバーのプロフィールを1人ずつ紐解いていきましょう。

ジェリ・ハリウェル(ジンジャー・スパイス)

スパイス・ガールズのリーダーで、本名はジェラルディン・エステル・ホーナー。大人っぽいセクシーな衣装を着ていることが多い、グループの「お姉さん」的存在です。

1998年に一度脱退を表明していますが、2007年の再結成のときには復帰しています。

エマ・バントン(ベイビー・スパイス)

本名はエマ・リー・バントン。結成当初、オーディションに合格したメンバーが脱退したため新メンバーとしてスパイス・ガールズに加入しました。

「ベイビー」という愛称からか、子ども服のようなキュートな衣装を身に着けています。

メラニー・チズム(スポーティ・スパイス)

本名はメラニー・ジェイン・チズムで、ファンの間では「メルC」という愛称でも親しまれています。

グループの「筋肉担当」で、ジャージがトレードマーク。MVやSNSの投稿には、見事に割れた腹筋があらわになった姿も多数あがっています!

メラニー・ブラウン(スケアリー・スパイス)

「メルB」というニックネームでも知られる、メラニー・ジェリー・ブラウン。パワフルな歌声が特徴で、ソロアーティストとしての実績も持っています。

また、キャットスーツをはじめとした大胆な衣装も着こなすスタイルの持ち主でもあります。

ヴィクトリア・ベッカム(ポッシュ・スパイス)

スパイス・ガールズのクールキャラで、本名はヴィクトリア・キャロライン・ベッカム。愛称の「ポッシュ」とは気取り屋という意味で、活動中も笑顔と口数が少ない控えめなメンバーでした。

しかし、スリムなモデル体型から男女ともに憧れられたことは言うまでもありません。1999年にサッカー選手のデビッド・ベッカムと婚約し、セレブ夫婦としても有名になりました。

スパイス・ガールズの代表曲『Wannabe』

オリジナルバージョン

1996年に発売されたスパイス・ガールズのデビューシングルであり、代表曲ともなりました。暴徒のパワフルなボーカルで引き込まれ、独特なメロディーがクセになります。

シングル発売当時は30か国以上でチャートトップをマークし、イギリスでは7週間連続で1位を独占。2012年のロンドンオリンピックでは、閉会式でのパフォーマンスも行いました。

2021年にシングル発売25周年を迎え、記念アルバムが発売されています。

Radio Edit

Radio Editとは、ラジオ放送用に曲を一部カットしたバージョンです。『Wannabe』が、ラジオでも繰り返し放送されるほどの人気曲であったことが分かりますね!

このバージョンは、ファーストアルバムの「SPICE」と、「Greatest Hits」に収録されています。

DEMO

こちらは、シングルが発売される前のデモバージョン。『Wannabe』のシングル発売25周年記念アルバム「Wannabe 25」に収録されています。今までに公開されたことのない、プレミアムな音源ですよ!

ところどころ本家の楽曲とは違っているので、『Wannabe』を何度も聴いている人も新鮮な気持ちで聴けるでしょう。

Junior Vasquez Gomis Dub

アメリカのベテランDJ、ジュニア・ヴァスケスによるリミックスバージョン。1996年発売のシングル『2 Become 1』に、ボーナストラックとして入っていたものです。

こちらも『Wannabe』の25周年記念アルバムである「Wannabe 25」に収録されています。4つ打ちビートやEDMが入っていて、よりクラブミュージックらしさが増していますよ。

関連記事