KENTO MORI独占インタビュー。7月30日、31日初開催「伊勢志摩ダンスサミット」に向けて

2016年7月30日、31日の二日間、世界トップの海外スターダンサー達がKENTO MORIプロデュースのもと、伊勢志摩サミット開催地において、「伊勢志摩ダンスサミット」に参加。 「オリジナル楽曲で心を一つに、日本から世界へ祈りを発信!」と告知されている内容の全貌が明らかに。

五本のワークショップとゲストショー。そしてMV撮影

●錚々たるメンツですね。そんなメンバーで開催されるダンスサミットの内容とは?
KENTO MORI
まず、このメンバーのワークショップを一度に受講出来る機会はまず無いですし、今回のメンツはそれぞれの母国やアメリカに行ってもなかなか受講出来ない人が多く居る位の人気ダンサーです。そのメンバーと同じ空間を共有して一つの作品を作るというのが大筋の内容です。そして、世界中で活躍するトップダンサーがどのように現場を進めて行くのかを体験できるのも大きいと思います。
具体的な内容としては、初日に三本のワークショップがあって、二日目は二本のワークショップを行います。その後、ゲストダンサーによるスペシャルショーをする予定です。これは見てのお楽しみです。
その後ワークショップ会場のすぐ近くにある伊勢安土桃山文化村に移動し、二日間で行なった振り付けでのPV撮影をする予定です。

これはそれぞれから世界中に発信される予定です。
ですので要約すると、ワークショップ5本、ゲストダンサーのスペシャルショー、PV撮影・参加。ということになると思います。

ダンスこそが”世界を一つに出来る魔法”

●それは凄いですね。今まで各国の講師のクラスを受講する事は出来ても、最後に全員で映像作品を創るというのは聞いた事が無いです。では最後に、このダンスサミットに参加しようとしている方達へのメッセージをお願いします。
KENTO MORI
今回のメンバーは人種や宗教、文化、国境を越えて世界中で活躍しているダンサー達です。彼ら全員のスケジュールが確保出来たというのが僕にとっては本当にこのタイミングで行なうべき物だったんだと思わせてくれます。先程も言いましたが、それぞれのレッスンを受けたくても一度に、それも日本に居ながら受講するのはまず不可能だと思います。
まずはこのチャンスを逃して欲しく無いというのがあります。自分からアクションしないことにはチャンスは巡って来ません。

可能性は無限です、彼らとの繋がりがこの先の新しい未来を生むかもしれません。自分は今までそうやって色んなチャンスをつかんで来ました。

ダンスの世界は本当に実力主義の世界ですから、そういう意味ではダンサーを目指す参加者の方には是非思い切りぶつかって欲しいですが、一番に大切なのはそれだけでは無く、僕たちがダンスを通じて何を伝えたいのかをキャッチしてもらえたら嬉しいです。

僕はダンスこそが”世界を一つに出来る魔法”だと思っています。そういう、ハートで繋がる、感じる何かを得てもらう機会になればと思っています。

百聞は一見に然ず。是非この素晴らしい機会を体験しに来て下さい。

そして、サミットが終わった翌日、8月1日に人生二度目の伊勢神宮で奉納の舞をさせて頂く事になりました。もう一日残れるなら是非そちらも体験してみて下さい。

●本当に素晴らしい活躍ぶりです。イベントの成功をお祈りします!ちなみになんですが、他の講師の方達にもダンスサミットに向けて、また日本のダンスシーンに向けてDewsで少しずつお話を聞く事は出来ませんよね?

KENTO MORI
いや、出来ると思います。どういう形でやるのが一番か少し考えなければいけませんが可能だと思います。僕も彼らの事をもっと皆さんに知って頂きたいですし。

●本当ですか?ありがとうございます!では編集部からまたご相談させて下さい!本日は本当にありがとうございました。

KENTO MORI
こちらこそありがとうございました。

関連記事