劇団EXILE・松組「刀舞鬼」にて共演した早乙女 太一&ダンサーズによるスペシャル対談をお届け

今回お届けする対談はDews史上類を見ない、ダンス以外にスペシャリティーを持った著名人を交えてお話を聞く事に成功した。 今回のゲストは「大衆演劇」と呼ばれる舞台ジャンルのスペシャリストであり、10代にして自身の劇団を率いて全国各地でその名を轟かせ、「100年に一人の女形」として皆さんもご存知であろう「早乙女 太一」さんその人である。

だーよし
基本的に他人の事は端から見て楽しむタイプ、と。メモメモ。

一同:(笑)

だーよし
ちなみに、今日ここにはBREAK、HIPHOP、JAZZ、アニメーションとダンサーが居ますが、どれかのジャンルにチャレンジしてみたいとかありますか?

早乙女 太一
いや、俺本当は全部やりたいんです。欲張りなので笑。自分が出来ない事はどんどんやって行きたいんですよ。…でも出来ないんですよね笑。

矢野 祐子
その時の目が本当にキラキラしてるの(笑)さっきまで無表情で座ってたのに、何か興味があることが出来るとニッコニコになりますよね笑。

劇団EXILE・松組「刀舞鬼」にて共演。早乙女 太一スペシャル対談

早乙女 太一
だって絶対出来た方が良いじゃないですか。例え自分の嫌いな物だって出来た方が良いと思うので、俺は。お芝居でも、出来ないで「嫌い」って言うのは避けたい。というか。ただ、今回のダンサーさん達のダンスと、今まで自分がやって来た事を見比べてみた時に、やっぱりHIP HOPダンスが…

TAKA
やりたい…!!??

早乙女 太一
似合わないんじゃないかと。

一同:爆笑

早乙女 太一
自身のかけらも見いだす事が出来ないですね。本当は少し習いに行ったんですよ。始まってすぐにありえな過ぎて「うわーーーー!」ってなりました笑。例えば服とか髪型とかをそういう感じにして行けば何とかやる気になると思うんですけど…。俯瞰で見た「自分×HIP HOP」ダンスがマッチしなさ過ぎてすぐに辞めました笑。

RICKY
太一君、一回ドレッドにしてみれば良いんじゃないですか?単純に見てみたいですけどね俺は笑。

一同:(笑)

だーよし
稽古場で朝「ワッサワッサー!(What’s up What’s up)」みたいなね(笑)
TAKA
それやべえっすね(笑)
YU-YA
ただ、ファンの方達は怒るでしょうね!ウチの太一に何さしてくれとんねん!って(笑)
早乙女 太一
多分、俺が結構欲しがっちゃう根っこにあるのは「この人こうだよね」って言われたく無いっていうのがあるんですよ。女形の人、とか、役者の人、とか、喋らない人。とか。何ていうんですかね?…解られたく無いんですよ。人に。

一同:(笑)

早乙女 太一
これしか出来ない人。って絶対に言われたく無いんですよ。お芝居の役柄もそうですし…芝居の中の動き方一つをとってもそうで居たいと思いますね。

だーよし
ストリートダンスだと、それしか出来ないとこが美学。みたいなところもあるんですよね。そのジャンルだけやる職人、みたいな。でも太一さん、そのレベルでやって居ながらもっと沢山の事をやって行きたいって、単純に凄いエネルギーですね…

矢野 祐子
私も、最初はゴリゴリのHIP HOPをやってて、当時の先生がアメリカに行ってしまうタイミングで、「私、どんなスタイルが合うんですかね?」って聞いた時に「お前はゴリッとしたHIP HOPしかないやろ」って言われたのが悔しくてJAZZを学ぶ様になったんです。元々JAZZを見るのが凄く好きだったのもあったので。そしたら凄い自分にハマっちゃって今に至ります。だから、わかります。言ってること!

だーよし
やはり矢野さんはイケイケですからね。

一同:(笑)

RICKY
バックダンサーの仕事をしてると、自分のやりたいダンスを好きに踊る事って中々無いじゃないですか。仕事として考えると凄くありがたい事ですけど、やっぱり、自分の物を表現するという事とは少し違って来ますよね。そういう仕事が忙しくなって来ると、本当に自分の好きなジャンルを貫ける事も一つのメンタルの強さが無きゃダメですよね。生活の為に仕事としてやらなければならないダンスも中にはあるので。だから自分の本当に好きな物は常に持っている様に心がけてますね。

劇団EXILE・松組「刀舞鬼」にて共演。早乙女 太一スペシャル対談

だーよし
確かにねー。TAKA & RICKYなんか特に売れっ子だからなー。多方面から見て俺にはわからない悩みだね笑。太一さんはどうなんですか?自分の舞台と、客演として出る舞台。やっぱり違いはありますか?

早乙女 太一
やっぱり全然違いますね。自分で作り出したのはここ何年かなのでそんなに経験は無いですけど、役者としてやって行く中で、殺陣は最近やっと認めて下さる方が出て来たと言うのが現状ですけど、お芝居はまだまだ認めて頂く所まで追いついていないので、そういう時に客演で何か他の舞台に出て、「あ、今回は殺陣で呼ばれただけなんだな」ってなると悔しくなっちゃいますよね、さっきの話じゃないですけど笑。
言い方を変えれば、自分が客演として出る舞台には必ずプロの手がどこかしらに入っているんですよね。なので、そう言う時は呼ばれた自分がちゃんと胸を張って参加出来るかっていうのが大きいですね。逆に自分で作る舞台って言うのは、逃げ場が無いので僕はあまり背伸びをしようとせずにわざと、プロじゃない、出来ない人なりにやっている風に成立させようとします。極端な話だと、何にも出来ないやつが何とか頑張って何かをしようとしている所を見せるというか。けどそれって、出来ない人が出来る風にやるよりは良いと思ってます。
見せる芸の上手い下手という事よりも、何を思ってそれをやっているかを伝えた方が人に伝わるのかなと。けどやっぱり、いずれ自分で全てをプロのレベルに持って行く為に、色んな所で色んな勉強をしたいですね。

だーよし
所謂ダンサーの人は多分今の話を理解出来ない人も居るでしょうね。

RICKY
見る人の事を考えないでショーするチーム、結構居ますもんね。

YU-YA
ダンサーから見てもそう思いますもんね。

関根 アヤノ
私達はダンサーだからそれが深いものであった場合、理解する事は出来ますけどダンスをやってない人には伝わらないのかな、と思うことはありますね。

劇団EXILE・松組「刀舞鬼」にて共演。早乙女 太一スペシャル対談

RICKY
楽しさだったり、曲が超カッコいいと思ってたりする事ってやっぱり伝わって来るじゃないですか。

だーよし
本当にそうだよね。凄く深い事をやって、例えばダンス経験者が見ないと解らない事をやってたとして、それが伝わらない人をバカにするのって簡単だし誰でも出来るもんね。他のアートはいざ知らず、自分のやっている事は人に伝わる物を作る事だから尚更…。ありがとうございます。では皆さんそろそろ締めに向かいたいんですが、今後のそれぞれ自分がどうなりたいとか、何に向かって行きたいか目標はありますか?

早乙女 太一
(食い気味に)じゃあ自分から良いですか!?俺は何かを極めている人ともっともっと一緒に何かをやりたいです。何かを極めている人と一緒に何かをやるっていう事は、自分も認められないとダメじゃないですか。これ(舞台に立つ仕事)をやっていて一番楽しいことって、やっぱり人と出会って、全く自分の中に無い物を知ることが出来て、その人達と何かを創るっていうことが一番楽しいなと思っていて。自分でゼロから作るのも興味がありますが、出会いの中で何かを得られる瞬間って、本当に楽しみを見いだすことができます。そして何より、それが出来る自分でありたいなと思っています。だからこそ今までやって来ていることを極めたいなと。

劇団EXILE・松組「刀舞鬼」にて共演。早乙女 太一スペシャル対談

一同:深くうなずく

YU-YA
自分は…今自分のスタジオがあって、地元(浜松)にどれだけ自分がやって来たことを還元出来るかっていうのも力を入れて行きたいですね。地元には自分、怖いっていうイメージが着いてるんで笑、今は小さいイベントにも顔を出したり、新聞の取材を受けたりして立場を作って企業の人と話を通しやすくしたりしてます。プレイヤーとしてももちろんですけどそういう所にもやりがいというか、楽しみを見つけてますね。下の頑張ってる子達に道筋を作って行きたいです。自分の本当の本来の目標であるバトル・オブ・ザ・イヤーのワールドファイナルでの優勝っていうのは達成することが出来たので。ただ、単純に今の結果に自惚れたくは無いですね。

一同:YU-YAからそんなコメントが出て来るなんて意外!(笑)

関連記事