仕掛け衣装ダンスコンテストに出場し、披露された“うにゃだ ゆういち”の「修羅場」という作品のコンセプトが一切理解出来ない。


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

他に類を見ないコンテンツで、毎回盛り上がりをみせるダンスイベント「LOUD MINORITY」。
先日Dewsでも「世界最高峰の指さばきが見物。CTut, NARI,源元らが参加する 「TUTTING & DIGITZ SESSION」をチェック!
」を紹介させていただいたが、今回は同イベントで開催されていた仕掛け衣装CONTESTの出場者の中から1つ、異彩を放つパフォーマンスを発見した。

出場者の名前は“うにゃだ ゆういち”。
彼は、学生時代はロッキン帝国のメンバーとしてDANCE@LIVE RIZE 関東でファイナリストになるほどの実力者であり、現在福岡を拠点に活動するロッカーである。

椎名林檎の選曲で登場した彼の衣装はパンダ(?)
2

顔はもちろんのこと全身しっかりと白塗りをしているあたり本気度が高い。
4

バラを散らすキザな演出も。
1

ラストはバラを加えてフィニッシュ!
3
いかがだっただろうか。

どうやらこのキャラは何度か披露している様子。

しかしこれを初めて見たとき、少なくとも著者はコンセプトの理解に苦しんだ。出来ることなら誰かに伺いたいくらいだ。

また、彼は他にもコンセプトが一切理解出来ないショートムービーにも登場しているので、そちらもあわせてチェックしていただきたい。

うにゃだゆういち
Twitter : https://twitter.com/unyada0430

この記事をシェアする