意外と知らないダンスのジャンル24種類を徹底解説!歴史や選び方も

日頃、なんとなく目にしているダンスが「何ダンス」なのか一度は気になったことがあるのではないでしょうか? 当記事では、そんなあなたの為にダンスのジャンル24種類を出来る限りわかりやすく解説します。


現在ダンス人口は600万人を超えると言われており、恋ダンスやバブリーダンスなど、毎年のようにダンスブームが起きるほどに世の中にダンスが浸透してきました。
おそらくこの記事をご覧の皆様もTVやインターネットを通じて、様々なダンスを見てきたのではないでしょうか?
しかし、その数々のダンスが一体「何ダンス」なのかまではわからない、という方も少なくはないはずです。
当記事では、そんなあなたの為にダンスジャンル24種類を出来る限りシンプルに解説していきたいと思います。
ダンスをこれからはじめるという方、ダンスのジャンルについて詳しくなりたい方、これを機にぜひダンスのジャンルをマスターして下さい!

  1. ソウルダンス(SOUL DANCE)
  2. ロックダンス、ロック、ロッキン(LOCK、LOCKIN’)
  3. ポップ、ポッピン(POP、POPPIN’)
  4. アニメーション(ANIMATION)
  5. ブレイクダンス、ブレイキン(BREAKIN)
  6. ワック(WAACK)
  7. ヴォーグ(VOGUE)
  8. ヒップホップ(HIPHOP)
  9. ニュージャックスイング(NEW JACK SWING)
  10. ハウスダンス(HOUSE)
  11. クランプ(KRUMP)
  12. ビバップ(BEBOP)
  13. レゲエダンス(REGGAE)
  14. アニソンダンス(APOP)
  15. バレエ(BALLET)
  16. ジャズ(JAZZ)
  17. タップダンス(TAP)
  18. フラメンコ(FLAMENCO)
  19. フラダンス(HULADANCE)
  20. 社交ダンス(Ballroom dancing)
  21. ベリーダンス(BELLYDANCE)
  22. サルサダンス(SALSADANCE)
  23. コンテンポラリー(CONTEMPORARY)
  24. チアダンス‎ (Cheer Dance)
  25. 今からダンスをはじめようとしている方の選び方

ストリートダンス(オールドスクール)


ストリートダンスは、黒人文化から発展していった1980年代までのダンスを指すオールドスクール、それ以降のダンスをニュースクールと呼び大きく2つに分かれています。
これらはとても密接でオールドスクールの時代に出来上がったステップなどをベースにニュースクールの動きが形成されており、ニュースクールにはオールドスクールの様々な動きが混ざり合っています。
まずはストリートダンスのベースとなったオールドスクールから紹介していきます。

ソウルダンス(SOUL DANCE)

ソウルダンスは、1950年代から1960年代の初期にかけて自然発生的に生まれたソウル(SOUL)という音楽にのせて踊るダンスで、その時代のダンスを総称して呼んでいます。
1970年代に全米で絶大な人気を博していた「SOUL TRAIN」というダンス番組がきっかけで世に広まり、全世界にソウルとそのダンスが認知されました。
現在でもソウルダンスを学ぶものは多く、ストリートダンスの原点と言っても過言ではありません。

ロックダンス、ロック、ロッキン(LOCK、LOCKIN’)

1970年代に誕生したジャンルの一つ。
「ロック (LOCK)」という言葉の由来は、激しい動きから突然静止する様子が鍵をかける時に「カチャ」とロックする様子と似ている事からそう呼ばれるようになりました。
発端は上記でもあげたTV番組「SOUL TRAIN(ソウルトレイン)」で、ロックダンスの創始者と言われるドン・キャンベルが当時流行っていたファンキーチキンというダンス上手く踊ることができず、それがオリジナルのスタイルとなってロッキンと呼ばれるようになったと言われています。
動きとしては指を指すポイント、腕をあげて手首をくるっと回すトゥウェル、カチッと静止するロックなど基礎的な動きの他に、スクービー・ドゥー、スキーターラビットなどステップ一つ一つに名前がついています。
芸能人で言うとDA PUMPのKENZOさんやジャニーズの振り付けでも導入されているのをよく見かけます。

ポップ、ポッピン(POP、POPPIN’)

ポップの名前は筋肉を弾くという意味が由来していて、筋肉を弾きながら踊るのが大きな特徴です。
諸説ありますが、1960~1970年代に生まれたダンスで、パントマイムやロボットダンスの動きから自然発生的に生まれ、ロサンゼルス出身のブガルーサム(Boogaloo Sam)率いるエレクトリック・ブガルーズ(Electric Boogaloos)によって世界中に広められました。
有名な動きでいうと、マイケルジャクソンの代名詞ムーンウォークやウェーブなどもポップの一部です。

ブレイクダンス、ブレイキン(BREAKIN)

現在世界で最も人口が多いジャンルと言われており、最も知名度の高いジャンルです。
1970年代ニューヨークのサウスブロンクス地区でのギャング同士の抗争の際に、銃撃戦の代わりにブレイクダンスのバトルを用い、決着をつけあったことから発展していったと言われており、1983年の映画「フラッシュダンス」の一部で映し出されたブレイクダンスのシーンで世界に広まりました。
動きでいうと、エントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズの4つの要素から成り立ち、それぞれに特徴がありますが、中でもウインドミルやヘッドスピンなどのパワームーブはポピュラーな動きで想像が付きやすいでしょう。
またブレイクダンスを踊る人のことをBBOY、BGIRLと呼びますが、この「B」の語源は、「Black」や「Bad」などと勘違いされがちですが、本当の意味は「Break」で、曲間のビートだけの盛り上がり部分であるBreak Beatsの「B」です。
芸能人で言うとナインティナインの岡村隆史さんやガレッジセールのゴリさんなどがやっていたことで有名です。

アニメーション(ANIMATION)

身体の各パーツごとに動かしたり、スロモーションのような動きやウェーブを駆使してみせるダンスです。
アニメーションのコマ送りの動作が語源となり、ポップから派生したダンスです。
須藤元気率いるアーティスト集団WORLD ORDERなども取り入れており、不思議な世界観が魅力的です。

ワック(WAACK)

WAACKは70年代初期にゲイクラブで生まれたのが発端で、当時の音楽に合わせ、主に腕を鞭のように振り回したり、胸の前後のしなりやツイスト、腕を巻きつけるような動きが特徴的。
当時、多くのゲイダンサー達はクラシックバレエやジャズダンスをやっていたため、ターンなどの動きも取り入れられている。
タイロン・プロクター(Tyrone Proctor)というダンサーにより「WAACKING」という呼び名がつけられました。
言い方としてPUNKINGというネーミングもありますが、これらの違いについては諸説ありますが、日本の大御所ダンサーMASAO氏(O.G.S)は「人によって意見が違うので、正解はわからない」と語っている。

ヴォーグ(VOGUE)

1960年代にアメリカの都市部の黒人、ラテン系同性愛者の「ボール・ルーム」と呼ばれたダンス・シーンから発展した非常に様式化されたクラブダンスでありストリートダンスです。
名前の由来は、ファッション雑誌『ヴォーグ』のモデルのポーズに似ていたことからきており、1990年に同国の歌手マドンナのシングル「VOGUE」のミュージックビデオで全世界に認知されました。
踊り方には3つのスタイルがあり、左右対称、かつ精度と流麗感のある動作が特徴的のオールドウェイ、世間に広まってから、体のひねりや、幻想的、幾何学的な手先の動作が強調されたニューウェイ、1990年代後半になると、さらにジャンプ、アクロバットなどを加えたフェムスタイルも開発されました。

ストリートダンス(ニュースクール)


ニュースクールは前述したとおり、オールドスクールの要素が混ざりあってできたダンスが多くを占めるので、オールドスクールと比較してみてみると面白いです。
それではニュースクールのダンスを見ていきましょう。

ヒップホップダンス(HIPHOP)

ヒップホップダンスは、様々なダンスジャンルの中でもっともポピュラーなジャンルですが、実はその定義は深く、ヒップホップというジャンルの中には何種類もの踊り方が存在します。
定義付けが難しく、数種類存在する理由は、時代や音楽によって踊り方が変化してきたからです。
歴史で紐解くと1980年代後半に大ブームを巻き起こした音楽「ニュージャックスイング」以降、それらのステップにポップやロックなどの要素が混ざりあい、ヒップホップミュージックで踊り始めたのが発端と言われています。
それからヒップホップダンスはアーティストのミュージックビデオやクラブでのパーティダンスをベースに時代によって様々に形を変えて変化し続けてきました。
古くは、20年以上前に生まれたランニングマン、現在ではスワッグという踊り方が流行っており、それらは同じジャンルと思えないほど異なります。
なので現在のヒップホップダンスには数え切れないほどの要素が詰まっており、一つの動きで説明するのは正解ではないかもしれません。
あえて定義付けをするならば、”ヒップホップミュージックで踊られてきた様々な踊りの総称”というのが正しいでしょう。
言葉で説明すると少し難しいですが、ヒップホップダンスを始めたいという方は、難しい事は考えずに自分がカッコいいと思ったヒップホップダンスをはじめるのが一番だと思います。

ニュージャックスイング(NEW JACK SWING)

80年代後半、テディー・ライリーによって確立され全世界で大ブームを呼んだ音楽で、日本ではダンスジャンルとしても確立していますが、厳密にはダンスのジャンルではなく音楽のジャンルです。
髪型はカクカクのヘアースタイルで、素肌にスーツを着て踊っているのが印象的で、ランニングマンやロジャーラビットなど現在のヒップホップダンスのベースとなるステップがこの時代に生まれました。

ハウスダンス(HOUSE)

ハウスダンスとは、ディスコでかかっていた音楽を元に発展した「ハウス・ミュージック」に合わせて踊るダンスです。
1970年代にアメリカのシカゴで生まれ、1980年代ニューヨークのダンサーたちが、ヒップホップ、ブレイキン、カポエイラ、サルサなど様々なジャンルを取り入れて踊りあっていたのが起源とされています。
速いビートで軽やかに動き、流れるような素早い足裁き(ステップ)が特徴的です。
動きをわかりやすき例としてあげるとするならば、TRFのダンスと伝えるとすぐに理解して頂けます。

ビバップ(BEBOP)

ビバップはアップテンポの動き、激しい足さばき、スピンやジャンプといったアクロバティックな動きもとりいれたアグレッシブな踊りが特徴的です。
1990年にイギリスでジャズ、ストリートジャズ、レゲエ、ジャズファンク、レアグルーブ、ソウルなどあらゆるスタイルのミックスチャーとして生まれ、BE BOPという音楽ジャンルで踊られていたことからそのままダンスタイルとして呼ばれることになったそうです。ジャンルの生みの親はブラザーインジャズ(Brothers in Jazz)というチーム。

クランプ(KRUMP)

1990年代、犯罪発生率も高く情勢不安定なロサンゼルスのサウスセントラルの過酷な状況の中で生きる若者達が、ドラッグやギャングの道から遠ざけ、犯罪に手を染めることなく、厳しい環境を生き抜くための手段として生み出された踊りです。
RIZEというドキュメンタリー映画で夜に広まりました。
クランプの背景にはクリスチャン的な要素もあり、語源は
Kingdom(神の国)、Radically(素晴らしい)、Uplifting(精神的高揚)、Mighty(偉大)、Praise(神への賞賛)
の各頭文字からできています。
動きとしては、ストンプ(足を踏み付ける)・チェストポップ(胸を突き出す)・アームスイング(腕を振り下ろす)の3つの動きが基本で、仲間との高め合いの為のバトルやセッションがメインとされています。
オリジネーターはロサンゼルスのタイトアイズ(Tight Eyez)というダンサーで、その意志を受け継いだTwiggzという日本人ダンサーが日本でのクランプシーン発展に貢献しています。
LDHアーティストでもその恩恵を受けたダンサーは多く、EXILEのAKIRA、三代目 J Soul Brothersの小林直己、岩田剛典、GENERATIONSの関口メンディー、佐野玲於なども彼の元でクランプを習得しました。

レゲエダンス(REGGAE)

ジャマイカで生まれたレゲエミュージックにのせて、露出の多い衣装でお尻を振ったり開脚したりとセクシーな踊り特徴的です。
また三点倒立しながら開脚するなどダイナミックな動きもあり、とにかくインパクト抜群。レゲエのクラブイベントには欠かせない存在でもあるので、レゲエミュージックが好きな方にオススメ。

アニソンダンス(APOP)

アニソンダンスは近年生まれたダンスジャンルであり、日本独自に生まれたダンスです。
ストリートダンスをはじめとして様々なダンスで、アニメソングを表現する新感覚な内容で、先駆者であるリアルアキバボーイズという、アニメオタクのダンサーの集団が登場したのをきっかけに、2ちゃんねるでダンスをアップする、踊ってみたやアニメソング、ボーカロイドのみで踊るダンスバトル、コンテストなどが急増しました。
まだ発展途上ではありますが、現在行われているイベントの盛り上がりは凄まじく、ジャンルとして確立しつつあります。

ストリートダンス以外


ストリートダンスは黒人文化から発展していったものですが、バレエやタップなどストリートダンス以外にも数え切れないほどのダンスが存在します。
ここからはその代表的なものを歴史から紐解いて解説いたします。

バレエ(BALLET)

バレエは、1400年代に生まれた歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊で、音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台です。
その起源は諸説ありますが、イタリアで生まれてから長い月日を経て、フランス、ロシアで発展していきました。
種類としては、フランス革命後、ロマン主義がヨーロッパを席巻し誕生したロマンティック・バレエ、ロシアで飛躍的に発展したクラシック・バレエ、それに対抗するかのように同じロシア人によって作られたモダン・バレエがメジャーでこの他にも多くの種類があります。

コンテンポラリー(CONTEMPORARY)

衣装や音楽、踊りなどが制限されるバレエに対し、それらの制限がなく、自由に表現するダンスとして、1980年代前半のフランスで生まれました。
既成のダンスに属さないものを指すのでその形は様々で、ひと目では理解に悩む作品も多く存在します。
芸能人で言うと森山未來さんはコンテンポラリーダンスを踊っていることでも有名です。

ジャズ(JAZZ)

ジャズダンスは、1920年頃、黒人たちが白人のタップダンスのようにリズム表現したのがはじめとされています。
当時はジャズミュージックで踊っていたためジャズダンスと呼ばれるようになりました。
また、発展の過程でバレエやストリートダンスを取り入れるなど、はっきりとした型がないのがジャズダンスの特徴の一つです。
アーティストのバックダンサーやミュージカルなどでも取り入れられることが多く、武富士のCMや映画「フラッシュダンス」などでも有名です。

タップダンス(TAP)

タップダンスの一番の特徴はなんと言っても靴底に付いた金属で音を出しながら踊ることです。
タップダンスの始まりは諸説あり、真意はわかりませんが、今は亡き著名タップダンサーグレゴリー・ハインズ(Gregory Hines)は、「奴隷だった黒人たちはドラムを持つことを許可されていなかったために、足を踏み鳴らすなどして、体でリズムやムードを表現していた」とインタビューで答えています。
現在ではタップダンスも多様化しており、リズムタップやミュージカルタップなどのスタイルあり、日本では、映画「座頭市」でビートたけしさんが踊っていることでも有名です。

フラメンコ(FLAMENCO)

フラメンコはスペインの南部、アンダルシア地方の民族芸術で、歌、ギター、踊りの3つが揃って「フラメンコ」が形成されます。
発端は、インドを起源として西に流れてきたロマ族、スペインにかつて君臨したアラブ系民族、そして在来のアンダルシ ア人達の民族芸能が融合してできました。
掻き鳴らされるギターで、激しいステップを踏むのが特徴的なダンスです。

フラダンス(HULA)

フラダンスとは「神聖な踊り」であり、ある説によると美しい少女ヒイアカが姉のペレの荒い気性をなだめるために、踊ったのが始まりともいわれており1000年以上の歴史があります。
フラは伝説や神話がベースとなるので上半身が言葉をあらわし、 下半身でリズムを取って踊るのが基本です。 近年ではフラダンスをテーマにした映画が大ヒットするなど、 日本でもフラダンスが人気となっています。
ちなみには「フラ」は、ハワイ語で[ダンス・踊る]を指すので、「フラダンス」では、ダンスダンスになってしまい、海外ではHULAのみで通じます。

社交ダンス

ペアで踊るダンスで、社交の場や競技として行われます。
国内ではソーシャルダンス( Social Dance)と広く呼称され、英語ではボールルームダンス(Ballroom Dance)と呼称されています。
歴史は古く、12世紀のヨーロッパの宮廷舞踊で、もともと民衆の中で踊られていたワルツを王侯貴族の中で踊られていくようになったのが始まりのようです。
以降、音楽の発展に伴って、様々な種類、スタイルの社交ダンスが出来てきましたが、一般的に日本での「社交ダンス」はイギリスで発展してきた競技ダンスの事を指します。
最近では、お笑い芸人 キンタローによる金スマ社交ダンスでも注目が集まりました。

ベリーダンス(BELLYDANCE)

ベリーダンスは世界で古い踊りといわれています。
腰を上下に揺らしたり、細かくふるわせる動きなど女性特有のセクシーなダンスが特徴的です。
その起源は諸説存在しますが、地中海世界、中東、アフリカと関係があるという証拠もっとも多く挙げられているとのことです。
文明の絵画や古代ギリシャの彫刻に見られる踊り子の姿が原型と言う人もいれば、砂漠の民がステップしにくい砂の大地をしっかりと踏みしめて踊ったのがはじまりだと言う人もいます。
日本でもベリーダンスブーム言えるほどの人気を博しており、スタジオレッスンも非常に多いです。

サルサダンス(SALSADANCE)

サルサダンスとは、キューバの伝統的な「ソン」という音楽をベースにニューヨーク、プエルトリコで発展した音楽、ダンスです。
代表的な踊り方として、ニューヨークスタイルは「オンツー」といわれる二拍目にステップを踏む踊り、LAでは1拍目にステップを踏む「オンワン」という踊り方が主流となっています。

チアダンス(CHEER)

チアダンスは、チアリーディングから派生したスポーツで、独立した競技として定着しています。
チアリーディングの中のダンス部分を独立させた競技なので、タンブリングやスタンツのようなアクロバティック要素は含まれず、時間内でのダンスの技術や振付け構成、チームとしての一体感や表現力などを採点し競い合います。
実は、歴史は古く、1869年にアメリカのプリンストン大学の学生がアメリカンフットボールの選手を応援するためにおこなったもので、当時は男性がメインで行っていました。
現在も本場アメリカのNFLやNBAのハーフタイムショーなどにも登場するエンターテイメント性の高いスポーツです。

今からダンスをはじめようとしている方の選び方

いかがだったでしょうか?
上記内容でもまだまだ説明不十分なほど、ダンスのジャンルにはそれぞれに歴史があり、文化があります。
どのジャンルのダンスをはじめようか迷っている方にとっては、これだけたくさんあったら混乱してしまうかと思います。
しかし、最初にはじめるジャンルに関しては、直感的に魅力を感じたダンスから試してみるのが一番ですし、その方が長続きします。
そしてなによりダンスは音楽ありきなので、好きな音楽ジャンルで選ぶというのもオススメします!
プロダンサーの中には、昔ロックをやっていたのにヒップホップダンサーになったり、ブレイクダンスをやっていたのにタップダンサーになったりという方もいるくらいなので、悩んでスタートが遅くなるよりは今すぐはじめるべし!
ぜひとも「カッコいい!」と思ったダンスを始めてみてください。