世界一かっこよく図書館に本を返しに行く男たち!?s**t kingzの映像が話題

結成10周年を迎えたダンスパフォーマンスグループs**t kingz(シットキングス)が過去最大規模の全国7都市ツアー『The Library』が9月よりスタートする。


魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!

同公演は、横浜を皮切りに愛知、広島、福岡、大阪、東京の6箇所で行うツアーとなっており、早くも一部チケットがソールドアウトするなど期待が高まっている。

世界一かっこよく図書館に本を返しに行く男たち!?

本日公演のプロモーション映像を公開。
s**t kingzが得意とする、ストーリーをダンスで表現する“無言芝居”を武器に、今回のプロモーションビデオでは新作舞台『The Library』=「図書館」にちなんで、【図書館へ本を返しに行く道中を全てダンスで表現】しているところが見どころ。
2017年には「TSUTAYA CREATORS‘PROGRAM」にてグランプリを受賞した 針生悠伺(はりうゆうじ)監督のもと、s**t kingz初のVFX作品にも挑戦し、【世界一かっこよく図書館に本を返しに行く男たち~バスで行く?電車で行く?いやダンスでしょ!~】の動画が出来上がった。

また、本作品の楽曲を手掛けるのは、2017年グラミー賞にもノミネートされ、一躍ワールドクラスのアーティスト名を挙げた日本人アーティストstarRo(スターロー)。今回は、s**t kingz の為に、楽曲をプロデュースするだけでなく、今LAでネクストブレイクに最も近い男と評される、Duckwrth(ダックワース)をラッパーに迎え、楽曲1つとっても、話題の1曲になる事間違いなし。
プロモーションビデオ公開と共に、新作舞台『The Library』のチケット先行<オフィシャルHP先行>もスタート!早くも、国際フォーラムCで行われるツアーのファイナルはSOLD OUT!その他公演も続々とソールドアウトするなど、今年見るべき注目のダンスエンターテイメントになる事間違いない。

新作公演『The Library』

結成10周年記念公演でもある、今回の新作公演『The Library』は、自身初の新しい手法として、<それぞれの会場の特徴を最大限に生かした3つの演出方法で、何度も楽しめる公演>を目指す! 9月の横浜公演では、結成10周年を記念したスペシャルステージとして、s**t kingz初のセンターステージで、見る場所によって見え方の異なる舞台に! 10月11月の各地公演は、前から全てが見える劇場スタイルで同内容を演出! そして、ファイナルの国際フォーラムCホールは、史上最大規模のステージに挑戦!

チケット購入&詳細は下記URLからチェック!
http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0005:P2=129140:P5=0001:P6=986:P10=10

【s**t kingz 公式HP】
http://shitkingz.jp/

この記事をシェアする