ダンスは独学でも始められる!ジャンル選びから練習方法までを解説

独学でダンスを始めようとしている方に向けて、ジャンル選びから練習方法までを紹介します。 独学でもしっかりと練習すれば一ヶ月で様々なステップが踊れるようになるんです!ぜひイチからチャレンジしてみてください。


ダンスは独学でも始められます

近所にダンススクールもないし、毎週通う時間もお金もない。
そんな人でも独学でダンスを始めることは可能です!
独学でダンスをはじめて、プロになっていった方もたくさんいるので、スクールに通えないけど、プロを目指したいという方も諦めないでください。
まずは、ジャンル選びからレクチャーしていきたいと思います。

どんなダンスジャンルがあるの?

まずはダンスを習う上で決めておくと便利なのがダンスの「ジャンル」つまり種類です。
もちろん決められなくてもダンスをすることはできますが、独学で動画を調べて研究する場合もこの「ジャンル」で映像を探すことによって、自分のやりたいスタイルが見つかりやすくなります。

ダンスをしていく中でやりたいジャンルが変わったり増えたりしてももちろんOK!
各ジャンルの特徴を知って、自分がどんなダンスをしたいのか考えてみましょう♪

ヒップホップ(HIPHOP)

ヒップホップの曲に合わせて踊る、ストリートダンスの中でも代表的なダンスの一つ。
リズムを取りながら大きく身体を使って動くことが特徴ですが、これというルールはなく色々なダンスの要素が取り入れられています。
※一口に「ヒップホップ」と言っても色んなスタイルがあるのですが、とても細かく分類されるのでまたの機会にご紹介します!
どのジャンルか迷っている方はまずヒップホップに挑戦してみるのもGOOD!

ポップ、ポッピン(POP、POPPIN’)

筋肉をはじくという意味の「POP」が名前の由来のダンススタイル。
パントマイム、ロボットダンス、などど聞くとイメージしやすいかもしれません。人間らしくない不思議に見える動きが特徴的です。
習得には少し時間がかかりますが、周りがびっくりすること間違いなし!

ロックダンス、ロック、ロッキン(LOCK、LOCKIN’)

鍵をかける(LOCKする)という意味が由来のダンススタイル。
激しい動きから突然止まる・ポーズする(ロックする)動きが特徴的です。
明るく楽しくキレキレに動きたい人にオススメ!

ハウスダンス(HOUSE)

テンポの速い曲に合わせて主に足のステップで軽快に動くダンススタイル。流れるような素早い足さばきと、床を使った動き(フロアワーク)も特徴の一つです。
ハウスで習得するステップや下半身の筋肉は他のジャンルでもしっかり活かせます!

ブレイクダンス、ブレイキン(BREAKIN)

アクロバティックな動きを取り入れたり、様々な身体的技術を使うダンスジャンル。
ヘッドスピンやウィンドミルなど、ダンスをやってない人も聞き覚えのある技が数多くあのも特徴的です。ショーケースとしてのパフォーマンスはもちろんダンスバトルで競う事も多いので、熱い闘志で踊りたい人にオススメ!

ジャズ(JAZZ)

ジャズミュージックに合わせて踊るダンスジャンルとして誕生しましたが、最近ではポップスやロックミュージックなど様々な曲調でも踊られています。バレエが元となっているしなやかな動きから、キレキレな動きまで、使う楽曲に合わせて魅せ方が全く異なるのも特徴の一つ。
技術ももちろん大切ですが、表現力を磨きたいならこのジャンル!

ガールズヒップホップ(GIRLS HIPHOP)

その名の通り「女性版ヒップホップ」という概念。
既出のヒップホップを女性がやることももちろん多くありますが、このガールズヒップホップはヒップホップをメインにした女性らしい動きが特徴です。強くていかつい動きよりも、女らしさを活かしたりセクシー要素のある動きがしたい人にオススメ!似た扱いのジャンルとして「ジャズヒップホップ(JAZZ HIPOHOP)」などもありますが、初心者さんにはこのガールズヒップホップが始めやすいかも!?

上記以外にもまだまだジャンルはありますが、まずは気になったものを選んでみましょう♪

独学とレッスンのメリット・デメリット

ここからは、独学とレッスンのメリットとデメリットをまとめてみました。
もちろんプロのインストラクターに習うのは近道の一つですが、独学にもたくさんメリットがあります。

ダンススクールでレッスンに通う場合

【メリット】
 ・プロの先生に教われる
 ・周りの生徒と自分を比較するので伸びやすい
 ・ダンス友達ができる
 ・発表会など披露する場の情報が得られる
 ・レッスン内でトップクラスのスキルになるとそこから仕事に繋がる可能性がある

【デメリット】
 ・レッスン費がかかる (月¥5,000~¥15,000程度)
 ・地方はスクール、スタジオの数が少ない
 ・生徒数が多いクラスは個々の面倒まではなかなか見てもらえない
 ・そのスクール内のダンス情報が全てになりがち
 

独学でダンスを習得する場合

【メリット】
 ・自分で情報収集する力が身につく
 ・お金がかからない
 ・自分の時間の中で練習ができる
 ・個性、独自性が出る

【デメリット】
 ・周りとの比較がしづらい
 ・意思が強くないと練習時間を確保できない
 ・動きに変なクセが着いてしまうこともある
 ・他人からのアドバイスが無い