本当に消防士!?東京消防庁ストリートダンス同好会のダンスがレベル高過ぎ!

東京ビッグサイトにて行われた「東京国際消防防災展 2018」で東京消防庁ストリートダンス同好会がバブリーダンスやRADIO FISHのダンスを披露。 その踊りがあまりにキレッキレだったので紹介させていただきたい。


5月31日(木)から6月3日(日)までの4日間、東京ビッグサイトにて「東京国際消防防災展 2018」が開催された。

東京国際消防防災展とは

過去の災害を教訓とした各種災害リスクを周知し、都民等の防火防災意識及び行動力を向上させるとともに住民・企業・行政による三者相互の連携強化並びに関連技術・産業の振興を促進することを目的とする。

消防士たちのダンスがキレッキレ!

一見とても堅苦しいイベントのように感じるが、同イベントのとあるステージでは、くまモンとのコラボ企画として東京消防庁ストリートダンス同好会によるダンスパフォーマンスが行われた。
まず東京消防庁にストリートダンス同好会があったことが驚きだが、こちらのステージは、同好会のメンバーがRADIO FISHの「進化論」や昨年大ブームとなった登美丘高校ダンス部のバブリーダンスのコピーダンスなどをキレッキレで披露しているのである。
メンバーの紹介を兼ねたソロダンスではそれぞれが個性を出し、中にはブレイクダンスの大技を披露する者もいてバッチリ開場を盛り上げているのだ。

日本もダンス大国になりつつある

Dewsでも海外の警察官や自衛官によるノリノリなダンスは取り上げてきた記憶があるが、日本の公務員も全く負けてないファンキーさである。
おそらく数年前では考えられなかったが、ストリートダンス人口が増えてきた今、学生時代にダンスをやっていて、社会にでて消防士になる人がいてもおかしくない時代なのだろう。

終始楽しげに踊る東京消防庁ストリートダンス同好会の渾身のダンスをぜひともチェック!