ダンス初心者は、まず何をすべき?ダンスをはじめる方法を教えます!

ダンスを踊ってみたいけど、何から始めればいいかわからない。 そんなダンス初心者に向けて、服装、練習方法、スタジオ選びなど、ダンスを始める方法をイチから解説します!


ダンス初心者がダンスをはじめたいと思ったとき、まず何から手をつけるべきなのでしょう?ダンススタジオのレッスンに通うべきなのか…それとも、家で独学で学ぶべきなのか…。
そうした悩みを解決できずに、ダンスをはじめることを諦めている方も少なくないでしょう。

そこで今回は、ダンスをはじめるにあたって準備すべきものや、必要な知識についてご紹介したいと思います。ダンス初心者がダンスをはじめるまでの一連の流れを確認することで、安心してダンスをはじめることができるようになるはず!

独学とスタジオどっちがいいの?

ダンスをはじめるにあたって、まず最初にぶちあたる問題が「独学orダンススタジオに通う」という2択のどちらを選ぶべきか、ということですよね。元ダンサーの私は「ダンススタジオに通うこと」をおすすめします!

スタジオに通うメリット

私がダンススタジオに通うことをすすめる理由は4つあります。

1つめは、ダンスをするうえで悪い癖がつくのを防ぐためです。
ダンサーたちは、自由に踊っているように見えるかもしれませんが、実は決まった型やステップを組み合わせて動いているのです。
独学でもダンスの学ぶことはできると思いますが、基礎やステップができていないことには、ランクアップへ道のりは長くなるばかりです。
また、基礎やステップを間違えたまま踊っていると、怪我に繋がる可能性も高まってしまうのです。

2つめは、小さく踊ることを避けるためです。独学でダンスをするとなると、家で練習する機会が増えますよね。
家の中に思い切り体を動かせるスペースがあればよいのですが、ほとんどの場合は机やベッドに囲まれて、小さく動くことになると思います。これを続けていると、小さく踊ることしかできなくなってしまう恐れがあるのです。ダンサーは、踊っているときは普段の自分の何倍も大きく見せなくてはなりません。そのため、自由に体を動かせる空間を用意する必要があるのです。

3つめは、ライバルを作るためです。ライバルは、自分をレベルアップさせてくれるありがたい存在なのです。
部屋でひとりで踊っていると、意外と踊れているみたい…?と過剰評価してしまいがち。
しかし、ダンススタジオに行けば、目標にしたい先生や好きな踊り方をする生徒たちがゴロゴロいることに気付けるはずです。
そのうちにライバルも現れ、切磋琢磨できる仲間に出会えるのです!

最後の理由は、非日常を日常とするためです。ダンススタジオにはいつでも音楽が流れており、子どもも大人も一緒になって汗や涙を流しています。これはまさに、非日常といえるでしょう。私は4才からダンスをしているのですが、いまだにダンススタジオに行くと自然と背筋が伸びるほど。それほど、ダンス初心者さんにとっては、ダンススタジオの独特の空気は異質なものに感じると思います。しかし、この非日常が日常になったとき、人前で踊ることに抵抗がなくなっていることに気付くでしょう。ダンスは、見てもらってナンボです。ひとりで部屋で踊っていても、つまらないでしょ?

独学のメリット

ここまでダンススタジオに通うことをすすめてきましたが、独学にもいくつかのメリットがあるのです。私の経験を踏まえ、3つご紹介します。

1つめは、ダンススタジオに通う前にある程度のダンスの知識を持っておくことで、レッスンを楽しむことができるということです。私は、右も左もわからないままダンスをはじめたため、何もできず泣いてばかりいました(中学生ぐらいまではレッスンで泣いていたなぁ…)。
ステップの名前を言われても分からない、人前で笑顔を作るなんて恥ずかしくてできない…。
子供だったから我慢できましたが、大人になってからダンスをはじめるとなると、少々辛いですよね。
もちろん、スタジオの先生はダンス初心者へのレッスンに慣れているため、心配はいりません。それでも少しは独学で知識を持っていた方がのめり込みやすい部分もあります。

2つめは、自分のペースで進められるということです。
レッスンでは、個人レッスンでない限り数名~数十名が一緒になって踊ります。そのため、もう少し練習したいと思っても、次のステップに進んでしまうこともしばしば…。けれど、独学でダンスをする場合は、自分のペースで進められるため納得するまで同じ振り付けを練習することができるでしょう。

最後のメリットは、お金がかからないことです。ダンススタジオのレッスン料金は、スタジオにもよりますが、月に数千円~1万円ほどかかってきます。それに交通費や発表会にかかる費用を考えると、学生のアルバイトでまかなうには少々大変かもしれません…。しかし、独学であればYouTubeやDVDで学べるので、お金をかけずにダンスができるというわけです!

独学の場合どんな方法があるの?

それでは、まず独学でダンスをはじめようと思った場合は、どんな方法があるのでしょうか?おすすめの方法を1つずつ見ていきましょう。

まずはストレッチや筋トレから!

独学でダンスを学ぶなら、ストレッチや筋トレからはじめるべきです。
これは、スタジオのレッスンでも同じこと。
まずは、ストレッチで柔軟性を高め、筋トレでポーズをキープするのに必要な筋力をつけるのです。

興味のあるジャンルがヒップホップであってもストレッチは必要ですし、ジャズダンスがやりたくても筋トレは必要です。
ジャンル関係なく、ステップや振り付けを踊る前には必ずストレッチ&筋トレを行う癖をつけておきましょう。

動画を見ながら練習する

いまやYouTubeで「ダンス 初心者」と検索するだけでも、数え切れないほどの初心者向けダンスレッスン動画がヒットします。”家でできる”であったり”2分でできる”だったり、充実した内容の動画が多くアップされているため、ダンスに必要な基礎を学ぶことができると思います。

ストレッチ動画↓

筋トレ動画↓

アイソレーション動画↓

ウェーブ動画↓

また、レンタルDVDでも、ダンスレッスンが収録されたものや、オリジナルの振り付けが収録されたものがたくさんあります。
動画で練習した後は、DVDで詳しくポイントを確認していくのもよいでしょう。

ストリートで練習している人たちと交流する

独学でダンスをしようと思っているなら、ストリートで練習している人たちと交流するのが最適です。ストリートで練習している人のなかには、インストラクターやプロのダンサーがいる可能性もあるため、話し掛けるタイミングを見計らってみてはいかがでしょうか?

ストリートで練習している人たちは、意外と気さくな方が多いため「教えてください」「仲間にしてください」と素直に伝えれば、喜んで一緒に踊ってくれるはず!

本やインターネットの情報からダンスの歴史を知る

独学でダンスをはじめるなら、ダンスの技術とあわせてダンスの歴史も知っておきましょう。スタジオのレッスンではなかなか学ぶことのできないダンスの歴史について知ることで、ダンスがより面白く感じられるはずです。

ダンスの起源、ステップの意味、何を伝えるために踊られているのか、ダンサーはどうあるべきか…。座学に時間を取ることも、独学には必要なことなのです。

スタジオはどんなスタジオがあるの?

ダンススタジオでダンスをはじめようと思ったとき、どのスタジオを選ぶべきかということですよね。ここでは、どんなスタジオがあるのか、どのポイントをおさえるべきなのかを解説していきます。

初心者向けクラスがあるスタジオ

ダンス初心者さんは、まずは初心者向けクラスの体験レッスンを受講しましょう。もし初心者向けのクラスがないスタジオであれば、そのスタジオでダンスをはじめるのはおすすめできません。最初からダンス上級者と一緒にレッスンしなければならないなんて、ちょっと辛いですものね…。

【スタジオアッシュ梅田】

Kridy_Connor康超さん(@kridy_connor)がシェアした投稿


大阪梅田にあるスタジオアッシュは、梅田最大級のダンススタジオです。大手のダンススタジオのよいところは、初心者向けのクラスが充実しているところ!また、一流のダンサーを講師に迎えているため、初心者でも本格的な指導が受けられます。
ホームページ:http://www.studio-ash.com/beginners-class

【ジールスタジオ】


東京にあるジールスタジオは、初心者へのサポート体制に厚いことを魅力のひとつに謳っています。ホームページで初心者歓迎とアップしているダンススタジオは、安心ですね♪
ホームページ:http://zeal-studios.com/