あのBBOY / BGIRLのファッションは?人気ショップやブランドを紹介!

BBOY / BGIRLはどんなファッションかご存知でしょうか? 実は、B系、BBOYのBは、ブレイクダンスの『B』なのです。 今回は、実際に活躍しているBBOY/BGIRLのファッションを紹介します。


みなさんこんにちは。
BBOYならダイナミックにムーブを決める練習も大切ですが、やっぱりファッションのオシャレも欠かせませんよね。
今回は、そんなBBOYのファッションについての記事です。

  1. 「BBOY」と「B系」って違うの?
  2. 有名BBOYのファッション例
  3. 有名GIRLのファッション例
  4. おすすめブランド
  5. どこで買えばいいの?

「BBOY」と「B系」って違うの?

お互いによく聞く言葉ではありますが、「似て非なるもの」です。
まず、BBOYとは【ブレイクダンス(BREAK DANCE / BBOYING / BREAKIN’)を踊る人】のことを指し、ブレイクダンスはヒップホップカルチャーを形成する要素のひとつです。

つまり、BBOYとはファッションのことではなく、文化のひとつなのです。

「ヒップホップのファッション」という言葉からは、「ダボっとした大きい服を着てる」「パンツを腰履きしてる」などといったイメージがあるかと思います。実際にこういったファッションをするアーティストもいますし、きちんとルーツや理由がありますので、そちらを説明します。

「オーバーサイズの服」
ヒップホップカルチャーが育った場所はアメリカの貧民街で、新しい服を買う余裕のない家庭が多く、そのため兄弟のお下がりを着ていた少年たちが多かったようです。彼が文化の中心となり、ファッションとして定着していったようです。また、「大人になって身体が大きくなっても着れるように」と、服を買うときに大き目のものを買う少年も多かったそうです。また、後述の「腰履き」にも共通点があります。

「腰履き」
こちらは囚人服に由来するといわれています。自殺や武器としての使用を防ぐ理由で、刑務所内ではベルトの着用が許されおらず、どうしてもずり下がってしまったとのこと。社会への反骨精神から、出所後もこのスタイルを続ける者や、これに憧れる者がルーツとなり、ファッションとして成立していきました。

 

A post shared by @oleschool_shiet on

こういった背景で育ったヒップホップの、ファッション面だけを指した言葉がいわゆる「B系」と呼ばれるもので、実際にBBOYであるかどうかは不問のようです。

有名BBOYのファッション例

では、最近のBBOY/BGIRLが実際にどんなファッションをしているかチェックしていきましょう!

Issei(Foundnation)

bboy issei /堀壱成さん(@fncbboyissei)がシェアした投稿

Dragon(Foundnation)

 

A post shared by dragon (@dragon1117) on

Taisuke(THE FLOORRIORZ / FTHEB / Red Bull BC One All Stars)

 

A post shared by TAISUKE NONAKA (@bboy_taisuke) on

Ryo-z illa / Monmoi / Kent(TURKS)

 

A post shared by ryozilla (@ryozilla) on

TakaHIRO(BEFEEMOSS)

 

A post shared by Takahiro Kato (@takahiro.bfms) on

群青(ex:BRONX / Traveling souls)

 

A post shared by 久保群青 (@gunjo_kubo) on

Just Fit(conclusion crew) ※写真一番右

 

A post shared by 鈴木 健久 (@bboyjustfit) on

有名BGIRLのファッション例

NARUMI(Body Carnival Crew) ※写真右から2番目

ERi FeNeSiS(KEEP IT REAL / Qween of Qweenz)

 

A post shared by Bgirl ERi (@bgirleri0730) on

AYANE (K.A.K.B./浪速平成シスターズ)

AMI(GOOD FOOT)

BGIRL_AMIさん(@gfc_ami)がシェアした投稿

おすすめブランド

「じゃあ、実際にどんな服を買えばいいの?」という問題が出てくると思いますが、そこもしっかりフォローいたします。これから紹介するのは、多くのBBOY/BGIRLに愛されているメーカーやブランドです。自分に合う・合わないをしっかり見極めて、オシャレの第一歩を踏み出しましょう。

adidas Originals

Adidasといえばダンサーじゃなくても知っている超老舗スポーツブランドですね。ブレイクダンスが活発になってきた1970年代から多くのダンサーに親しまれており、現在も愛好するBBOY/BGIRLが多いです。靴・Tシャツ・時計・帽子など、あらゆるアイテムがあるので、お店に行けばとりあえず欲しいものが見つかるといったイメージです。非常に選びやすいアイテムが多いことでも有名です。

PUMA

プーマもまた老舗ブランドですが、実はadidas創業者とPUMA創業者は兄弟だって皆さん知ってましたでしょうか?
元は同じ会社ですが、兄はPUMAを、弟はadidasを設立しているんです。
そんなPUMAは、スウェードの生誕50周年を記念し、クラシックなスタイルの作品を展開しています。
BBOY的にもこれは外せません。

 

A post shared by PUMA (@puma) on

NIKE

NIKEも老舗ブランドですね。ウェアからアクセサリーまで様々揃っていますが、やっぱり印象深いのは靴ですね。
エアマックス・エアジョーダン・コルテッツといった定番商品や、ブレイクダンスに向いたアイテムをチェックしていきます。

 

A post shared by shoebananashoe (@shoeshoebanana) on

SUPREME

1994年にアメリカでスケーターブランドとして設立され、1998年に日本での店舗第一号がオープン。
以来、日本のストリートシーンには欠かせないブランドとなったブランドです。赤い背景に白抜きのSUPREMEロゴは強烈なインパクトを持ち、ルイ・ヴィトンやNEW ERAなど、さまざまなブランドとコラボ作品を展開していることでも有名です。

THE NORTH FACE

1968年にアメリカで創業し、以降アウトドアブランドとして発展。もちろん機能性に優れており、商品ひとつひとつのクオリティも高く、派手な色使いのデザインも人気があります。

 

A post shared by Jordan Murphy (@_alternativeicon) on

 

A post shared by @_akt_skgc_ on

ROCAWEAR

ヒップホップ界の大物アーティストであるJAY Zが創業し、ヒップホップシーンとともに成長したアパレルブランドの筆頭です。

 

A post shared by Rocawear (@rocawear) on

NEW ERA

NEW ERAは約100年前にキャップメーカーとして設立され、現在でも、MLBをはじめとしたカルチャー色が強い。男女を問わず愛されており、速乾性や強度に優れている点がロングセラーの秘訣でもあります。

 

A post shared by New Era Japan (@newerajapan) on

どこで買えばいいの?

先述のアイテムについては、もちろん直営店やネット通販で買うことはできます。でも、BBOY/BGIRLがみんな通うセレクトショップなら、他にもオリジナルなストリートギアに出会うことができますので、いくつか紹介します。

TOPNATION(トップネーション)

http://www.topnationjapan.com
Free Style Sessionや三度の飯よりBREAKIN’といった伝説のイベントをオーガナイズしたりなど、ファッションのみならず日本のブレイクダンスシーンを支えてきた老舗ショップです。各種メーカーの商品をオンラインショッピングで注文しちゃいましょう。

DUCK TAIL(ダックテイル)

http://www.ducktail-jp.com

東にTOPNATIONがあれば、西にはDUCK TAILが老舗として有名です。ブレイクバトルでよく見かける「Bug」や「MASTER HEADS」はDUCK TAILのオリジナル商品で、多くのダンサーに愛されているアイテムのひとつです。

 

A post shared by Osaka DuckTail (@duck_tail) on

DANCERS COLLECTION(ダンサーズコレクション)

http://www.dancers-c.com/
東京は原宿・大阪は心斎橋に店舗を構え、多くのダンサーが集まるポイントのひとつ。ファッションギアはもちろんのこと、チームグッズを作ったり、自分の名前を入れたオリジナルアイテムの製作実績が非常に豊富です。BBOY/BGIRLはもちろんのことダンサーならチェック必須です。

THREE ANGLES

http://www.threeangles.net/

BBOY Wu-tanがデザインを手掛ける新進気鋭のファッションブランド。シーンの今昔を知り尽くした上で、新しいカタチを追い求めていく。今後も目が離せないブランドです。

 

A post shared by THREE ANGLES (@three_angles) on

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ブレイクダンスは他のダンスに比べて、靴やシャツが痛みやすいジャンルではありますが、だからといってオシャレを外したくはないですよね。踊るときと踊らない時で違いがあってもいいですし、金ネックレスにジャージ
で踊るのも、カジュアルなTシャツにジーンズで踊るのも、みんなOKです。
皆さんの好きなアイテムが見つかるといいですね!では次の記事でお会いしましょう♪