ロックダンスの歴史から種類、技、音楽までを動画でわかりやすく解説!

ダンスには、ブレイキンやポップ、ヒップホップにハウスからバレエやジャズなど多くのジャンルが存在します。 当記事では、そんな中でロックダンスの由来から技名、日本の有名ダンサーまでをまとめて紹介するので是非ともチェックしてください!


みなさんこんにちは。
普段から記事をご覧いただいている方々はもちろんご存じかと思いますが、ダンスっていろいろなジャンルがありますよね。ブレイキンやポップ、ヒップホップにハウスからバレエやジャズに至るまで、本当にたくさん。
そんな中で今回特集するのはロックダンス(LOCK/LOCKIN’)です!

    1. ロックってどんなダンス?
    2. 芸能人で言うと誰?
    3. ロックダンスにはどんな技があるの?
    4. 音楽のロックと同じなの?

ロックってどんなダンス?

ロックダンスとは、1970年代に誕生したダンスのひとつであり、英語表記すると【LOCK】つまり「鍵」を意味します。
こちらは、スピーディでコミカルなダンスの中にピタッと止まる動作が含まれており、それが鍵をかけるようなアクションだったことに由来します(このムーブに関しては後述いたします)。
まずは、実際にロックダンスをしている映像をご紹介いたします。

GOGO BROTHERS × Hilty & Bosch

Juste Debout 2008 – Locking – P.Lock & J.Soul vs. H.Dog & HompaZ

音楽のロックと同じなの?

音楽のロックとは別物です。
先ほど説明したように、ダンスのジャンルとしてのロックはLOCKで、音楽としてのジャンルはROCKです。ROCKには「踊る」という意味も含んでいますが、今回紹介するロックダンスとは異なります。
ちなみに、ブレイクダンスでいう「アップロック」の語源はROCKにあり、LOCKと混合しやすいために「アップロック」「ロッキング」と呼ばれるようになったそうです。
なお、実際のロックダンスで使用する音楽は、その歴史的な成り立ちから、ファンクやソウルを使用することが多いです。いくつか有名な曲を紹介します。

Atlantic Starr – Kissin’ Power

Isaac Hayes – Disco Connection

The Weather Girls – It’s Raining Men

Jun Sasaki – Sunny

原曲はJamesBrownの同曲で、そちらも十分にカッコイイのですが、ダンスに使うならリミックスされたこちらのバージョンも多いにアリです。

芸能人で言うと誰が踊ってる?

ロックダンスはもともとファンクで踊るオールドスクールなダンスなので、明るい曲によく合います。
なので、J-POPでも振付にロックダンスを起用しているアーティストが多く存在します。一部をピックアップいたします。