ダンス初心者でも一日で覚えられる!簡単なステップのやり方とコツ

ダンスはやったことないけどダンサーみたいにカッコよく踊りたい! そんなあなたにおすすめの"一日で覚えやすい”簡単なステップをご紹介します。


シュートダンス(U.S.A./DA PUMP)

難易度★★
最近、私の脳内を占拠している”DA PUMP”の「U.S.A.」は、ダサカッコイイと大人気を博していますね!この曲の感じ方は世代によって大きく変わるようで、私の母は「どこがダサいの!カッコイイ!!」と、青春を懐かしんでいます(笑)

それでは、サビの「シュートダンス(1分7秒~)」をレッスンしていきたいと思います!

シュートダンスのコツは、全身の力を抜くことです。早く飛ぼう、足を蹴り出そうと思うと、どうしても肩や足に力が入ってしまうと思うのですが、力んでしまうと上手くシュートダンスはできません。手と足がバラバラになったり、不思議な動きになったり…。

シュートダンスは、曲のビートを感じることがポイントになるため、練習しているうちに自然とリズム感を養うことができるでしょう。練習動画のように、リズムを変えながら練習してみてくださいね!

「シュートダンス」と相性の良い曲とは?
テンション高い曲でワイワイすればどんな曲でも合う!

・Low – Flo Rida
・Sorry For Party Rocking – LMFAO
・Girlfriend – Avril Lavigne

まとめ

ダンス初心者さんでもその日のうちに習得できるダンスステップをご紹介しました。いかがでしたか?

普段なんとなく見ているアーティストのダンスの中にも、練習すると真似できそうなステップが隠れています。
練習するときは、足元ばかり見ていると姿勢が悪くなったり、バランスが取りにくくなったりしてしまう可能性があるため、全身が映る姿見か、窓を利用するとよいでしょう。

今回ご紹介した4つのステップをマスターしたら、アーティストのMVに合わせて踊ってみましょう。「テンポが速い」「全然分からない」と思っていたはずなのに、意外とゆっくりに感じられるはずです!