全ジャンル共通!ダンス上達の為の基礎練習のやり方と効果を解説。

ダンス初心者の方は、基礎練習をしようにもどんな基礎練習をしていいかわからないというかたも少なくないはずです。 当記事では、全てのダンス上達のためにマストな基礎練習を4種類に分けて紹介いたします。


ダンスを始めたばかりで、うまく身体を動かせない…!身体が自由自在に動いて踊れれば、もっとダンス楽しくなりそうなのに…。なんて思ったことはありませんか?初心者というのは誰もが通る道。
ということで今回は、「ダンスを始めてみたいけど、なかなか勇気出せない…!」という方に向けて、ダンス上達のための基礎練習をご紹介します。

基礎練習にはどんなものがあるの?

ダンスの基礎練習といっても何種類も様々なものがあります。代表的なものは4つです。

ストレッチ


運動におけるストレッチとは準備体操のような目的としても取り入れられることが多く、ダンスでも心身の準備として最初に行われることが多いです。怪我の防止も含めています。また、ダンスでは柔軟が主です。動きを細かく大きく使かい、身体の稼働域を広げるためにもしっかりゆっくり時間をかけて行うのが基本です。
■ストレッチのやり方

アイソレーション


通称“アイソレ”と呼ばれるものです。ダンスはひとつひとつの振り(踊り)で成り立っていますが、その“振り”というのは身体の一部の動きのことです。アイソレは身体の一部一部を細かく動かせるようにする練習です。基本的には首、肩、胸、腰、足、手、などの各部分を一部だけを動かせるようにします。
■アイソレーションのやり方

リズムトレーニング


ダンスとはリズム感が大事、とよく言いますよね。ダンスは必ず曲に合わせて踊ります。その曲のリズム、「1、2、3、4」なのか「ターン・タタ・ターン」なのかリズムを身体で取れるようにする練習です。ポイントは身体でリズムを取る、というところです。曲に合わせて踊れるようになる、というのが一番の目的です。
■リズムトレーニングのやり方

筋肉トレーニング


筋トレはどの運動でも大抵ありますよね、踊るための体力や持久力、ポーズをキレイに見せるための筋力を付けるために行います。また、ダンスの腹筋は特に何種類もあります。ダンスではお腹(腹筋)だけでもすごくよく使うのです。お腹や背中だけで3段階くらい(お腹の上・中・下)で動かせるような腹筋などがあります。(ウェーブという動きに使ったりします)そして、ダンスはポーズでも成り立つので瞬発的に身体を止めれるような筋力も育てます。

ダンスの先生によって、上記の4つを組み合わせて基礎レッスンメニューを作っています。座ったところから柔軟やストレッチをする先生もいれば、立ったままストレッチをする先生もいます。私もダンスレッスンを担当していますが、私は座ったままやるパターンのストレッチ、立ったままやるパターンのストレッチ、両方取り入れています。
■筋肉トレーニングのやり方

基礎練習の効果とは

どの運動でも「基礎固めは大切」といいますよね。ですが、基礎練習は、とても地味でつまらないもの、というイメージがありますよね。ですが、何故その「基礎練習」が大切なのでしょうか。

1.怪我の予防や防止
スポーツに怪我はつきものですよね。特にダンスでは足はもちろんのこと、腰や首など、日常生活では使わないような筋肉や身体の部位をたくさん使います。普段使わないところを使う、ということは、もちろん身体が追いつかなかったり、急に動かしたら身体がびっくりしてしまうのは当然のことですよね。徐々にダンスを踊りやすい仕様の身体にするために基礎は大切です。

2.自分の身体の使い方を覚える
「ダンス」=「身体表現」。「身体」というのはひとりひとり、全員が異なります。そして、ひとりひとり“クセ”みたいなものがあります。例えば「猫背」だったり、「腕がキレイにまっすぐ伸ばせない」人や、「右よりも左の方が身体が固い」人など様々です。自分の身体をどのような使い方をすると、ダンスがキレイに見れるのか、キレがあるように見えるのか、ということをまずは自身で知ることです。それが自分の身体の使い方を覚える、ということになります。自分の身体のクセと向き合いながら自身の身体の使い方(ダンスという表現)を知り、身体にまで浸透させる、ということがダンスの基礎ではとても大切なことです。

まとめ

基礎をしっかり身に沁み込ませておくと、ダンスへの上達につながることは今回の記事でおわかりいただけたかと思います。ダンスは身体が動かせる範囲が広がれば広がるだけ楽しくなります。基礎がしっかりできていると応用的な振りも身体が付いていけるようになるのです。もっともっとダンスの楽しさを感じることを目指して基礎力を高めていきましょう!初心者こそ、丁寧にじっくり基礎力を身に付けるのがオススメですよ!