名作映画「バーレスク」の使用楽曲をシーン別にご紹介!

公開から8年経った今でもダンスショーケースでそのサントラが使用されたり、衣装を参考にしているチームがあったりなど、実際のダンスシーンにも影響を与え続けている映画「バーレスク」。あのダンス、歌唱力、雰囲気の虜になったダンサーは数知れないでしょう。今回はそんな映画「バーレスク」についてシーン別でオススメの楽曲をご紹介!

数年前に公開されて以来、未だに根強い人気を誇る映画「バーレスク」
あの世界観や主人公に憧れた女性ダンサーや、この映画を見てダンスを始めたい!と思った方も多いはず。

そしてこの映画のポイントはやはり何と言ってもパフォーマンスにバチッとハマる歌唱力。
数多く存在するダンス映画の中でも、ここまでしっかり歌にもフォーカスが当たっているものは珍しいでしょう。
実力派アーティストが出演しているからこそのハイクオリティーな楽曲は、映画内でのダンスパフォーマンスやステージングの華やかさに必要不可欠な要素となっています。

気付けば日本での公開から8年経った今でも、ダンスショーケースでそのサントラが使用されたり、衣装を参考にしているチームがあったりなど、実際のダンスシーンに影響を与え続けているのです。

今回はそんな映画「バーレスク」についてシーン別でオススメの楽曲をご紹介します!
映画を観た事のある方は情景を思い出しながら、そしてまだ観た事のない方はぜひ先に楽曲をここで予習してみて下さいね!

映画『バーレスク』って?

2010年に公開されたアメリカ映画で、世界的にも有名な女性アーティストクリスティーナ・アギレラ が初主演をつとめた事でも話題となりました。

クリスティーナ・アギレラ扮する主人公のアリが、歌手になる為に田舎からロサンゼルスに出てきて「バーレスクラウンジ」で働く中で、その才能を認められお店で一番の歌姫として大活躍していくサクセスストーリー。

歌とダンスで華やかな演出が至るシーンで繰り広げられ、そのパフォーマンスのクオリティーも世界観も圧巻。その傍、恋愛面やお店の経営面など様々なトラブルも乗り越えていくため、ストーリー自体もしっかり見応えのある内容となっている。

ダンスやパフォーマンス経験者はもちろんそうじゃない方も、観終わってしばらくは興奮が冷めないこと間違いなし…!!

予告編も要チェック!!

.

シーン別に楽曲を紹介!

至るシーンで歌とダンスが入ってくる本映画。
どんな状況でどんな楽曲が盛り込まれているのか、シーン別に紹介します!

Something’s Got a Hold on Me (サムシングス・ガット・ア・ホールド・オン・ミー)

作詞作曲:エタ・ジェイムズ(Etta James)、レロイ・クラークランド(Leroy Kirkland)、パール・ウッズ(Pearl Woods)
歌手:クリスティーナ・アギレラ

主人公アリ(クリスティーナ・アギレラ)が、アメリカの田舎アイオアから大都会ロサンゼルスに向かう直前の勤め先でのシーン。

小柄な体格や見た目の雰囲気からは想像もつかないような太く力強い第一声がシビれます!
この映画の楽曲の中では一番カントリー調です。

※ライブバージョンはこちら

Welcome to Burlesque (ウェルカム・トゥ・バーレスク)

作詞作曲:チャーリー・ミッドナイト(Charlie Midnight)、ジョン・パトリック・シャンリィ(John Patrick Shanley)、マシュー・ジェラルド(Matthew Gerrard)、スティーブ・リンジー(Steve Lindsey)
歌手:シェール(Cher)

主人公アリがロサンゼルスに着いて偶然訪れた「バーレスクラウンジ」。
そこでオーナーであるテス(シェール)がお店のダンサー達とともに披露するステージにアリは心を奪われ、ここで働きたいと強く思うきっかけになるシーン。

渋い曲調とお店の雰囲気がなんとも言えない妖艶さを醸し出します。
大御所アーティスト シェールの存在感と歌唱力は必見。
(なんとこの映画が公開された時点で64歳というのも衝撃です。)

※アリが店内に入った瞬間からのシーンはこちら

※ライブバージョンはこちら (2017 inラスベガス)

Tough Lover (タフ・ラヴァー)

作詞作曲:エタ・ジェイムズ(Etta James)、ジョー・ビハール(Joe Josea)
歌手:クリスティーナ・アギレラ
この記事をシェアする