BBOY・BGIRLって何?「B」の由来から代表者までを端的に説明!

BBOY・BGIRLということば、一度は聞いたことあるかと思いますが、その意味はご存知でしょうか? 当記事では、「B」という名前の由来から、実際に活躍するBBOY・BGIRLをまとめて紹介いたします。


みなさんこんにちは。
今日これからご紹介するのは、「BBOY/BGIRL」についてをまとめた記事でございます。
「BBOY/BGIRLって何なの?」「なんとなく知ってる」「そんなの知ってるよ」という方、どなたでもお楽しみいただけるかと思いますので、ぜひご覧ください。

  1. そもそもBBOY/BGIRLってどんな人たち?
  2. 「B」ってどんな意味?
  3. 日本で有名なBBOY/BGIRLは誰?
  4. どんなチームがあるの?

そもそもBBOY/BGIRLってどんな人たち?

ズバリの回答としては、「ブレイクダンスを踊る人たち」のことです。
それでは、まずはブレイクダンスがどんなダンスであるか、少し動画をご覧ください。

ブレイクダンスは、スピーディかつパワフルで、繊細な部分もダイナミックな部分も合わせて持っているダンスです。
他にもさまざまなダンスのジャンルがありますが、ダイナミックさにおいては他の追随を許さない点がブレイクダンスの魅力のひとつにあげられます。

「B」ってどんな意味?

BREAKの「B」

このBREAKの意味は「壊す」ではなく「休憩する・中断する」の意味合いであり、1970年代のブロンクスやブルックリンなどのブロックパーティで発祥したとされています。
当時DJをしていたヒップホップの父クール・ハーク(Kool Herc)が、多くのダンサーが曲の間奏部分で踊っていることに気づき、観客が盛り上がって踊るパートをループさせて使用しました。そのため、「間奏部分」=「BREAK」から名前を取り、ブレイクビーツ(BREAK BEATS)が誕生しました。なお、クールハークは、「BREAK」を「間奏」という意味のほか、「興奮・熱狂」や「エネルギーが満ち足りている状態」という意味でもあると定義しています。

ちなみに、このブレイクビーツにかぶせてMCがボースティング(自慢するような語り)を入れ始めたことから、「RAP」の卵が産まれました。

ブレイクパートで踊る男性・女性だから、ブレイクボーイ・ガール。これが省略されて、BBOY/BGIRLとなりました。

他にも、ブロックパーティつまりブレイクビーツで踊る人々の発祥の地であるブルックリンやブロンクスの頭文字をとっているとする説もありますが、先ほど記述した内容とほぼ同じで、クールハークが「BBOY/BGIRL」と呼び始めた点は相違ないようです。

日本で有名なBBOY/BGIRLは誰?

ではここで、日本で有名なBBOY/BGIRLをあげていきましょう!

ISOPP(EX:BRONX)

日本のブレイクダンスシーンを支え続けているレジェンドの一人です。90年代のBBOY/BGIRLに多大な影響を与え、現在もダンサーとして様々なメディアで活躍中です。

A post shared by ISOPP (@isoppmen) on

KAKU(Mortal Combat)

パワームーブに定評があり、特にヘッドスピンからの2000は世界にKAKUの名前を広めることになった決定的なムーブで、過去10年で破られていない最強のコンボです。

A post shared by Kakutani Naoto (@mortalkaku) on

TAISUKE(THE FLOORRIORZ)

キッズ時代から活躍しているBBOYで、数々の世界大会でタイトルを獲得しています。国内はもちろん、国外にも多大な影響を与えているマルチなBBOYです。

A post shared by TAISUKE NONAKA (@bboy_taisuke) on

この記事をシェアする