ダンスのレッスンにオススメ!動きやすくてカッコいいズボン 9種

今回はダンスのレッスンや練習に最適なズボンを種類別に紹介します。スウェット素材から特殊な形のズボンまで、かっこいいレッスン着でテンションをあげましょう!


ダンスレッスンに必要なレッスン着には、特に指定やルールはありません。もちろん、ダンスのジャンルや先生によっては、体にフィットしたレッスン着が好まれる場合もありますが、それでも基本的には自由に選ぶことが可能です。ダンス初心者にとっては、この”自由”が何より頭を悩ませることになりますよね…。とりあえずトップスはTシャツでOKとしても、ズボンとなると、家にあるもので用意するのは難しいかもしれません。

そこで今回は、ダンスのレッスンで着用するズボンの種類をご紹介します!
スウェット以外にもズボンがあることを覚えて、お気に入りのズボンを用意しましょう!

  1. スウェットパンツ
  2. ジャージ
  3. バスケットパンツ
  4. タイツ(レギンス)
  5. カプリパンツ
  6. アラジンパンツ
  7. ガウチョパンツ
  8. サルエルパンツ
  9. ジャズパンツ

スウェットパンツ

(ユナイテッドアスレ)UnitedAthle 10.0オンス スウェット パンツ(裏パイル) 501701 [メンズ] 006 ミックスグレー M
まずは、ダンスレッスン着の定番「スウェットパンツ」をご紹介します。スウェットパンツは、ヒップホップやロッキンをはじめとするストリートダンスにもってこいのズボンです。部屋着として着用している方も多いことから分かるように、着心地がよく動きやすいのが特徴です。

スウェットパンツの価格は1,000~4,000円程度です。ダンスレッスンで履くズボンは何枚持っていても無駄にはならないので、1,000~2,000円ぐらいのスウェットパンツを何枚も用意しておくと良いでしょう。



ジャージ

(アディダス) adidas ジャージー パンツ メンズ スーパースター トラック ジャージパンツ オリジナルス サイズL ブラック/ホワイト
中学校や高校で着用するような「ジャージ」も、ダンスレッスンではよく見られるズボンのひとつです。”ダサカッコイイ”感じが、ダンサーらしくてクール!動きやすさも申し分なく、スウェットよりも体にフィットしているのでダンスには最適ですね。

ジャージの価格は2,000~5,000円程度です。生地のしっかりしたジャージを選ぶことで、繰り返し洗濯しても長く愛用できます。
ブランド品なので1万円近くなりますが、やはり王道のadidasジャージはカッコいいので、一着買って損はありません!


バスケットパンツ

wundou(ウンドウ) ベーシック ウェア バスケット パンツ ブラック P8500-34 ブラック M
実は、バスケットボールをするときに履く「バスケットパンツ」も、ダンスレッスン着として着用しているダンサーは多いのです。実際に、私も一時期バスケットパンツばかり履いていました。バスケットパンツとハイカットスニーカーのコーディネートは、ダンスレッスンに最適!

バスケットパンツの価格は1,000~3,000程度です。涼しく動きやすいバスケットパンツを履いたら最後、手放せなくなるかも!?



タイツ(レギンス)

ナイキ(NIKE) ウィメンズ クラブ レギンス ロゴ2 815998 010 ブラック/ホワイト M
「タイツ(レギンス)」も、ダンスレッスンでよく見かけるズボンです。ぴったりしたタイツにゆったりしたトップス、またはショート丈のトップスを合わせると可愛く見えます。

タイツ(レギンス)の価格は1,000~6,000円程度です。おすすめは、アディダスやナイキなどのスポーツ用品の商品です。


カプリパンツ

(アディダス) adidas トレーニングウェア M4T マルチカプリパンツ EUD07 [レディース] EUD07 CX3638 グレーファイブF17 (CX3638) J/M

膝下からふくらはぎ中ほどまでの丈で、細身でぴったりとしたパンツを「カプリパンツ」と言います。カプリパンツは、ヒップホップやジャズダンス、タップダンスなど、ダンスのジャンルを選ばない便利なズボンです。暑い季節になると、ダンススタジオではカプリパンツ着用率がぐんとアップします!

カプリパンツの価格は3,000~6,000円程度です。ロングパンツでは暑いときや、細かな動きのステップを練習したいときなど、カプリパンツが役立ちます。



アラジンパンツ

MARAI(マーライ) サルエルパンツなら 流行に敏感なアナタの サルエル パンツ メンズ&レディース ユニセックス ダンス ブラック
「アラジンパンツ」は、膝上がゆったりしていて、股下が深く垂れ下がったズボンです。スウェットよりもダボッと感がありますが、アラジンパンツはジャズダンスで着用されることの多いズボンです。ダンスレッスンだけでなく、発表会などイベント時の衣装として使用されることもあります。

アラジンパンツの価格は1,000~2,000円程度です。アジアン雑貨のお店で販売されていることもあります。



ガウチョパンツ

(コンチネンタル) continental チドリ風地クロップド丈ウエストゴムワイドパンツ/ブラック

「ガウチョパンツ」は、裾が広がりゆったりとした七分丈のワイド系ズボンです。腰回りは体にフィットしており、膝下で広がりを見せるガウチョパンツはエレガントにも見えます。

ガウチョパンツの価格は1,000~4,000円程度です。ジャズダンスやバレエのレッスンを受けるときにおすすめしたいズボンのひとつですね。

※本格的なバレエ教室だとラインが見えずらいことから好まれない場合もございます。



サルエルパンツ

ELLAZHU プリーツサルエルパンツ GY206
スカートとパンツの中間的なズボンである「サルエルパンツ」は、股下が分かれておらずゆったりしているのが特徴です。足を広げる動作が行いやすいため、ヒップホップなどのストリートダンスで重宝されます。

サルエルパンツの価格は1,000~3,000円程度です。ゆったりした作りなので、サイズが合わないという心配が要りません。


ジャズパンツ

カペジオ Jazz Pants (ジャズパンツ) 黒 男女兼用 30S-Small

「ジャズパンツ」は、その名の通りジャズダンスで着用するズボンです。しかし、ジャズパンツはジャズダンスに限らず使用することがあるので、1枚は用意しておきたいアイテムですね。

ジャズパンツの価格は1,500~15,000円ぐらいとかなりの幅があります。チャコットやカページオなど老舗のダンス用品店のジャズパンツは値が張りますが、何年履いても型崩れしないためコストパフォーマンスは◎です。

まとめ

ダンスレッスンで履くズボンを種類別にご紹介しました。
ダンスレッスンで履くズボンは、必ず動きやすく履き心地の良いものを選ぶようにしましょう。ストレッチの利かないジーンズや、動くとズレるズボンなんかはもってのほかです。ダンスレッスンは、ダンス以外にもストレッチや筋トレを行うため、寝転んだり足を上げたりする非日常の動作を必要とします。そのため、見た目のカッコよさ以上に、動きやすさや体のシルエットのみやすさを重視してズボンを選ぶべきなのです。