創作ダンスどうやって作るの?簡単でおしゃれな作り方と見本を紹介

文化祭や体育の時間に創作ダンスをすることになった中学生・高校生のみなさん! 創作ダンスの作り方やオススメの音楽とテーマ、振り付けを徹底解説いたします。コツを掴んで実践すれば楽しいダンスが出来ること間違いなしです!


体育の授業で必修となったダンス。学校の授業は、特定ジャンルの既成ステップや振付の習得を目指しているものではいないため、表したいテーマやイメージにふさわしい動きを、自由に工夫して踊ることが求められます。
「自己表現」と言われても曖昧で抽象的で、どうしていいのか悩んでしまう人も多いはず!

では実際にどのような作っていけばいいのか、「創作ダンス」のポイントを押さえて、授業のダンスをもっと気楽にクラスのみんなで楽しみましょう!

創作ダンスって?


そもそも創作ダンスって何のために生まれたのでしょう?

それは、戦後の転換期に、画一的で強制的な体育観が排除され、「個性」や「自発性」を重視する教育方針に変わり、ダンス教育の内容が見直されたからです。それまでダンス教育は、基本ステップや既成作品の踊り方の教授による定形の習得学習でした。戦後、文化としてのモダンダンス(ダンサー各人が創出した身体技法・表現技法を用いた芸術舞踊)にならって、生徒一人ひとりの自由な自己表現を引き出す指導による、主体的な創作学習が考案されました。それが創作ダンスの始まりです。
子どもたちが持っている力と個性を発揮して仲間と関わり合いながら、楽しく創り・踊り・見る学習を通して、自己表現力やコミュニケーション力、創造性や協調性、問題解決力など「豊かな心」を育むことが目的とされています。

どうやってつくればいいの?

1) 音楽が重要ポイント!

先にテーマを決めてしまうと、案外音楽探しに苦戦してしまうことが多いので、まずは創作しやすい音楽を探します。

オススメは映画音楽!ドラマチックな展開のものが多いからです!

イメージが膨らみやすい音楽は、創作の手助けにもなりますし、観客の印象にも残りやすいです!

日本語の歌詞が入っているものは、感情を表現しやすいですが、時には歌詞に縛られすぎて自由な表現が発揮できなくなることもあるので、流行りや好みにとらわれず慎重に選びましょう!

テーマと音楽の例

抽象的だったり壮大なテーマを選んでしまうと後で行き詰ってしまうので、ストーリーを描きやすい具体的なテーマや身近な題材を選ぶとやり易いでしょう!また、「海」や「花」より、「怒り狂う海」や「しおれかけた花」など形容詞を伴う名詞の方が創作しやすいです。

浮かばない時は選んだ音楽のタイトルやテーマを引用することもオススメです!

映画サントラ系

流行りダンス系

3) 具体的な心理描写や情景描写を出し合い、構成を決める

例えば、楽曲がスパイ大作戦の場合、「事件を解決するためにオフィスに侵入したスパイが、敵に見破られて緊迫した状況の中、機密文書を探し出すが最後は捕まってしまう」など具体的な場面設定をします。ストーリーを想像して起承転結をつくりましょう!

4) フレーズごとに振付のパートを振り分ける

上の例からいうと、①オフィスに侵入、②敵に見破られる、③機密文書を探し出す、④計画が見破られ捕まる、というように構成を分けます。

その構成に合わせて、音楽の使用するフレーズも分けます。

時間があれば分けずに全員でアイディアを出し合いながら作っていっても良いかと思います。

5) 振り付けする

導入部で行った動きをヒントに、テーマやイメージにふさわしい動きを自由に創ってみましょう!心情をよく表した動きがあると面白いですね!

正解はないので、頭で考えすぎずに、思うがまま自由に、好きなように、心を解き放して動いてみることがポイントです!

止まったり、間を持たせることも、観客の想像力を掻き立てるのでオススメです。行き詰って分からなくなったら、同じ動きをスローモーションや早送りで踊ってみるなど工夫して進めてみましょう!椅子や布など、小道具を使ってみても良さそうですね!

6) 振り写しする

振り付けができたら順を追ってグループの仲間と教え合いましょう!完璧に真似しなくてもロボットではなく人間なので個性があっていいと思います。仲間の中で難しくてできない部分があったら、動きを変えたりパート分けをするなど工夫して、問題を解決しましょう!

7) フォーメーションを考える

踊るスペース=舞台上をどのように移動し形作っていくか、立ち位置や隊形を決めていきます。どこから出てきてどこで終わるかも大事な要素です。ダンス用語では、板付き(舞台上にスタンバイしてから音がかかる)や、音先(音が出てから登場する)と行った出はけの仕方があります。

またメリハリをつけるために、左右対称の動きをしたり、高低差をつけたり、テンポをずらして動いたり、ずっと均一に踊るのではなく変化を持たせると面白みが増します!

8) いざ発表!

グループごとに見せ合って、いいところや工夫しているところを見つけて感想を出し合いましょう!発表はみんな緊張するもの。間違えても気にせずに思いっきり踊ってみましょう!解放感や達成感を味わえるはずです!

余裕があれば、照明を付けたり消したり、音楽の大きさを操作したり、衣装を揃えたり、プラスアルファの演出を加えてみると、よりハイセンスな作品になりますね!

オススメの振り付けを教えて!〜応用編〜

・10代は流行に敏感な時期。創作ダンスの授業に物足りなさを感じる人もいるのでは?!

自由な発想のダンスなので、流行りのステップや振り付けも取り入れてみよう!

流行りのダンスまとめ

巷で話題のシャッフルダンス 足をクロスしたり前後したり、小刻みにステップする巷で話題のダンス!

DA PUMPでお馴染みのシュートダンス

NYで生まれたニュースタイルハッスル

この記事をシェアする