初心者必見!クラブステップのやり方を写真と動画で簡単レクチャー

クラブステップはダンス初心者が最初にマスターするべき重要なステップの一つです。 今回は、そんなクラブステップのやり方を写真と動画でわかりやすくレクチャーします。 記事を見ながら練習すればきっとできるようになりますので是非チャレンジしてください!


クラブステップってどんなステップ?その由来は

クラブステップとは、名前から連想できる通り“カニ”のように真横に動くことから、クラブステップと呼ばれています。
足の、かかと、つま先を両足で、交互にハの字を描くように動かすステップです。
クラブを習得すると応用してたくさんの動きに繋げられるので、早く習得することをオススメします。

クラブステップのやり方

クラブのやり方はシンプルなようで以外と複雑です。
手順は以下のとおりです。

①右足のかかと、左足のつま先を使って内股になる。

②内股の状態から左にハの字(がに股)で足を開く。

③元の状態(内股)に戻し、左足のかかと、右足のつま先に切り替える。

②内股の状態から左にハの字(がに股)で足を開く。

※①②③④を繰り返して左右に移動する。

下記のようにつま先とカカトを切り替えるのがコツです。

YouTube上でもわかりやすいレクチャー動画を発見したのでこちらを御覧ください。

クラブステップを使った応用の動きって何?

クラブステップをマスターできたら、ダンスの色々な動きに応用が可能です。
そのひとつの中にサイドウォークという動きがあるのでご紹介します^^
クラブのつま先とカカトの切り替えをスムーズにして平行移動することで滑っているかのように見えるステップです。

まとめ

いかがでしょうか?
ダンスの上達にはまず基本の練習、基本のステップの修得がマストです!!
上述したように、クラブをマスターすると様々なステップが応用できたり、振付がスムーズに覚えられるようになるのです。
みなさんもダンスの基本ステップ、クラブをマスターしていろいろな動きに応用してみてください!!