ダンサーとしての試練や苦悩を描いた映画「ザ・ダンサー」口コミと感想

実話をもとに作られた映画「ザ・ダンサー」はご存知でしょうか? 世の中には数多くのダンスを題材にした映画が存在しますが、その中でも特にオススメしたい映画の一つです。 今回は、ネタバレしない程度に映画「ザ・ダンサー」の魅力を紹介します。

映画「ザ・ダンサー」とは

あらすじ

女優になることを目指していたロイは、ある時偶然舞台で踊り、初めて喝采を浴びる。ロイの才能を見抜いたドルセー伯爵の力を借り、パリ・オペラ座で踊る夢を叶えるために、ひとりアメリカから海を渡る。ロイのダンスを見たパリの観客は初めての体験に驚き、瞬く間にスターに。そして遂にパリ・オペラ座から出演オファーが舞い込む。無名だが輝くばかりの才能を放つイサドラを共演者に抜擢し、彼女への羨望と嫉妬に苦しみながらも舞台の準備を進めるロイ。しかし、そんな彼女に思わぬ試練と裏切りが待っていた──。引用 : http://www.thedancer.jp/story.html

口コミや感想は?

口コミで最も多かった感想は「ダンスがとても素晴らしい!」、「踊るシーンがとにかく美しく、情熱的だった」でした。
ダンス映画であるからには、やはりダンスシーンはとても見どころですよね。
普通にダンスを見るだけでなく、映画なので物語とともにダンスが目に入ってきます。
主人公がどのような状況で、どのような気持ちを抱いて踊っているのかまでわかるので、よりダンスシーンにのめり込んでしまいそうですよね。
また楽しくてハッピーな内容ではないので、「心が痛い」というコメントも多かったです。
本作品は、ダンサーとしての試練や芸術家としての苦悩が描かれており、主人公は照明から衣装までも自分でプロデュースし、身体を削りながらダンスをしています。
そんな苦悩と試練と戦い踊リ続けるダンサーとしての生き方や価値観に魅了されるのではないでしょうか。
痛いくらいに心を揺さぶられる作品なので、がっつりと作品の物語に入り込みたい人にもおすすめの作品です。

予告動画

ここまで記事を読んでみて、興味が湧いたという方もいらっしゃいますよね。そんな方のために、予告動画です。

「ザ・ダンサーズ」公式HPはこちら
ちなみに本作品にはジョニー・デップの娘、リリー・ローズ・デップがイサドラ・ダンカン役で出演し話題となりました。
これを聞くと映画好きの方は決して見ないわけにはいきませんよね!

その他のオススメダンス映画

Dewsではオススメのダンス映画をまとめて紹介しています。
ダンスの映画はこちらで調べてまとめただけでも35作品もありました。まとめて観たい方は是非参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。映画などの作品中のダンスシーンは本当に見ていてわくわくしますよね。そして、ダンサーなどのダンスの専門家であれば、振り付けや魅せ方など、とても勉強になることも多そうですよね。
何かに一生懸命打ち込むことの大切さみたいなものは、経験が長くなればなるほど忘れていってしまいがちですよね。
この映画はそんな初心の大切さも改めて教えてくれる映画だと思います。今週の休日は是非映画「ザ・ダンサー」を見ませんか。

この記事をシェアする