クランプダンスを知りたければ一度は見るべき映画「ライズ(RIZE)」を紹介

みなさんこんにちは。 本日は、クランプ(KRUMP)を全世界に知らしめるきっかけとなった映画「RIZE(ライズ)」について特集したいと思います。 映画の紹介を通じて、クランプへの理解が深まればいいなと思います。ぜひご覧ください。

あらすじ

2006年にアメリカで公開され、ロサンゼルスを舞台に、クラウン(CLOWN)とクランプ(KRUMP)の2つのダンスにフィーチャーした映画です。
トミー・ザ・クラウン(Tommy The Clown)が作ったハッピーなダンスであるクラウンと、その弟子であるタイト・アイズ(Tight Eyez)が作ったクランプが、どういったカルチャーの元、どんなメンバーと、なぜ対立していくのかが描かれています。
クランプが世に広まるきっかけとなった映画です。
ネタばれになってしまうので全てはかけないですが、ギャングやドラックが蔓延るリアルな街の事情やクランプという術を知ってからのそれに注ぐ活力、熱いバトルシーンと見どころ満載です。

どんなダンスが登場する?

クラウン(CLOWN)について

元ドラッグのディーラーであったトミー・ザ・クラウンは、過酷な環境で苦しむ子供達を喜ばせようと、ピエロの格好をして、ヒップホップをベースにしたクラウンダンスを披露し、大人気となった。クラウンは日本語で「ピエロ」を意味する言葉です。そして、子供達もそのダンスを踊り始めるようになり、それは大人にまで広がっていきました。情勢の不安定な街で育ち、ギャングやディーラーになるしかなかった若者に対して、「ダンス」という道を切り開いていきました。

クランプ(KRUMP)について

「KRUMP」の語源は、以下の語の頭文字をとったものです。

「Kingdom(神の国)」
「Radically(素晴らしい / 根本)」
「Uplifting(精神的高揚)」
「Mighty(偉大)」
「Praise(神への賞賛)」

創始者であるタイト・アイズは、楽しませる踊りから、「戦うための踊り」へと変化させ、ここにクランプが誕生しました。
厳しい環境を生き抜くために、不満や怒りといった感情を、クランプを通して表現することによって文化として定着していきました。
地面を強く踏むストンプ、大きく腕を振り回すアームスイング、胸を大きく張り出すチェストポップなどといったアクションが基本となってムーブが構成されます。

登場する有名なクランパー

タイト・アイズ(Tight Eyez)

言わずと知れた、クランプのオリジネーターです。
クランプというスタイルがこの世にここまで広まったのも彼のおかげと言っても過言ではありません。
現在でも全世界に凄まじい影響を与えています。

リルC(Lil C)

タイト・アイズとともに、映画「RIZE」に出演。ダンスだけではなく、PVなどアーティストとしても活躍。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クランプといえば、昨年のタイト・アイズ VS B-boy ジュニア(Junior)のエキシビジョンバトルが物議をかもしたことがありますが、やはり、「RIZE」が登場した時のインパクトは計り知れないものがありましたね。現在も徐々に増えつつあるクランパーの中には、この映画を機にクランプを知った人も多く、これを機に知った人に憧れて新しい世代のクランパーが増えていく…そんな風にシーンが大きくなっていくといいですね。

それではまた次回の記事でお会いしましょう♪
言葉にするとチープになってしまうので、ぜひ一度ご覧ください。

この記事をシェアする