技の上達に最適!ブレイクダンスの技別筋トレ方法一覧

ブレイクダンスの技をより効率的に習得するための筋トレ方法を探している方に向けて、実際にブレイクダンサーが紹介している筋トレ方法を例に紹介していきます。 ただがむしゃらにやるのではなく、技ごとに必要な筋肉を鍛えるのがポイントです!


ダンスをする上で必要なもの、もちろん様々ありますが、最低限の筋肉はやっぱり必要ですよね。
筋肉があれば動きのダイナミックさはもちろん、疲れてピンチのときに、ここ一番での踏ん張りが効いたりもします。特に、ブレイクダンスはほかのジャンルに比べてパワーが必要な姿勢が多いので、その分筋肉が必要なダンスといえます。

そんなB-BOY/B-GIRL必見!今日は【筋トレ】にスポットを当てて書いていきます!

ブレイクダンスに筋肉って必要?

ブレイクダンスといっても、さまざまなスタイルがあります。トップロックの音取りで見せるタイプ・フットワークのキレで攻めるタイプ・パワームーブの豪快さで攻めるタイプ・縦系やアクロバットを多用するスタイル…など、やはり人によって異なりますが、結論から言うと、高いクオリティの技をするには筋肉は必要です。

「なんとかその技ができるようになる」のレベルの話でしたら絶対必要とまでは言えませんが、技のキレやスピード、綺麗さを出すには、パワーの源となる筋肉がどうしても必要だと思います。

どんな筋トレをしたらいい?

筋トレといっても、人間の体にはたくさんの筋肉の部位があり、どこを動かすかによって鍛える筋肉はもちろん異なってきます。そこで、「ブレイクダンスの技別に、どの筋肉を鍛えればいいか」を紹介します!

フットワーク全般

しゃがんだままの姿勢で自由に動くためには、なんといっても、太ももで体を支える必要があります。足を自由に出したり戻すには、腰の高さをキープする必要がありますが、太ももの筋肉がないと、腰が落ちてしまい、足が自由に動かしにくくなるためです。

太ももの筋トレ(スクワット)

ウインドミル

チェアーを崩してバックスピンの体制になり、そこから体を返す際に、しっかり背筋で地面を押し返す力が必要になります。そのほかの筋肉もあればもちろん困りませんが、最低限必要なものとしては、背筋があげられるかと思います。

スワイプス

スワイプスは、着地する瞬間に腰の位置を高くキープしないと次の回転に入れないので、着地のときにしっかり体を支える筋肉が必要です。特に、腹筋・太もも・ふくらはぎの筋肉です。

エアートラックス

先ほどのスワイプスの動きと似ていますが、足を着地させません。全身の筋肉をフルに使うパワームーブですが、中でも、体全体を腕で支える筋力・空中で体を飛ばすときの肩回りの筋力・飛ばしてから地面をキャッチしたときにバランスを崩さないようにするための腹筋・背筋は特に大切です。

縦系

倒立系ムーブをするときは、支えとなる肩回りの筋肉と、腹筋・背筋がないと、自由にコントロールできません。倒立を練習していれば自然と必要な筋肉はつきます。また、倒立系の技でバランスを取るには、握力でコントロールをする必要がありますが、慣れてしまえばそれほど握力は必要ありません。

チェアー

チェアーはブレイクダンスの基礎であり、どんな技からでも繋げる非常に便利な技で、派生技も多いです。肘をお腹・背中に刺してキープする技なので、腹斜筋・腹筋・背筋が必要です。難易度もそれほど高くありませんので、チェアーについての筋トレは、ひたすらチェアーをやり込むことで鍛える方が多いようです。

片手フリーズ

マックス・ジョーダンといった倒立系の片手フリーズもあれば、エアーベイビーやエアチェアといった低い位置での片手フリーズもありますが、共通して言えることは、上腕筋がある程度必要であるということです。フリーズは基本的にバランス感覚の方が大切ですが、腕力でキープしないといけない場面もありますので、ぜひ鍛えておきましょう。

有名な筋トレ方法

ブレイクダンスに必要な筋肉、略して『ブレイ筋』とはよく言ったもので、こちらのトレーニングはまさにB-BOY/B-GIRLにうってつけです。実際に技をやったり、技に必要な動かし方のみにフューチャーズしたり、実践的な動きに特化した内容です。

こちらの動画は、タバタ式トレーニングと呼ばれる有名なメニューです。短時間でのトレーニングで全身をフルに鍛えられるという点で魅力がありますが、本当にすごく疲れます。動画内でレクチャーしている先生たちも、タバタ式メニューをこなした後はバテバテになるほどハードなようです… ただ、これは間違いなく効きそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
筋トレが必要かどうかというのは、実際にその技をやってみないと感じ取れないかと思いますので、一概に全部やる必要はないかと思います。ただ、技のクオリティをネクストレベルに引き上げるためには必要ですし、筋トレは継続してやることに意味があるので、これを機に筋トレを習慣づけてもいいかもしれませんね。

それではまた次の記事でお会いしましょう♪

この記事をシェアする